中華まるしん 本店 東京・西新宿





昨日同様に灰色の雲が散見され青空が臨め陽射しが街を照らすが、全般的に不安定な雲行きの関東地方ながら雨とは無縁だった二月如月上旬の月曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、今夜もまた穏やかに冷え込んでいて、夜空が煌めいて夜風が冬めくそんな午後七時過ぎだった。

少し前の休日の時に西新宿某店の帰り道、偶然こちらを見つけていて気になっていた。見上げた袖看板には、長崎ちゃんぽんと中華料理の冠が店名のまるしんの上に仲良く並ぶこちらであった。

そんなわけで今夜こそとなって、都営地下鉄大江戸線新宿西口駅周辺のD4出口から外に出て、青梅街道の歩道橋で向こうの歩道に下りてこちらへ向かった。

その先にあった新宿警察署前交差点を右折して、そこから200mほど歩いた左側に風情良く佇むこちらが営業していた。さっそく入店して行くと、数人の先客が居る比較的広いフロアのこちらだった。

カウンター席に促されたので、店主らしき方がおられる右端の席に腰を下ろしながら、店頭でもビジュアルフォトで案内していた長崎ちゃんぽんを予定通りメニューリストを見ながらお願いした。

ふと見ると壁面などに香ばしく焼かれた餃子が映る、ビジュアルフォトの姿に思わずそのギョーザを3ケの方でお願いすることにした。

長崎チャンポンが人気でウリのこちらのようだが、メニューリストにその他の麺類メニューも醤油ラーメンを筆頭に、様々な味わいがラインナップされていた。

味噌ラーメンもお奨めメニューなのかこの時季だから壁面に貼られたのか、味噌ラーメン系メニューのねぎ味噌など4品目が案内されていた。またつけ麺もメニューに並ぶこちらで、担々つけ麺・味噌つけ麺・正油つけ麺とこれまた多彩なラインナップだった。

大久保駅寄りの北新宿百人町交差点傍と、東中野駅周辺に支店が営業しているそうで、1970年の昭和45年に創業したそれら支店の本店となるこちらだそう。まるしんと聞いて直ぐ思い出すのがやはり丸長系の荻窪丸信だが、そちらとの繋がりは全くないそうだ。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、さすが人気メニューの長崎ちゃんぽんだけになかなかの味わいで、その中でこちら独特な面持ちが加えられた風合いで実に良かった。それにしてもここまで様々な具材が入るチャンポンは、長崎新地の中華街以来ではないかと思えるほど。

豚バラ肉が多めに入り、野菜はモヤシ・キャベツ・人参・玉ねぎか。練り物系は薩摩揚げ・ナルト・ちくわ。そして魚貝類がこれまた実に豊富に入りイカゲソや小海老にアサリで、プリプリしたその食感がまたたまらないものだった。

そして瀞みの高い豚骨パイタンスープも、長崎でチャンポンを提供する老舗店を越えた気がしたこだわりの高い美味しさ。

一般的に中華麺に使用されるカン水は炭酸カリウムだが、チャンポン用の麺は炭酸ナトリウムであるもののその成分配合は広まっていないため、大抵のチャンポンを提供する店は長崎の製麺所から購入している場合がほとんどと言える。

しかしこちらは自家製麺らしく、おそらくチャンポンの麺もそのようだった。 それだけに独特な麺の風合いだったが、唐灰汁のような風合いが感じられつつもそれでいて中華麺的なコシまであるものだった。

餃子もそれほどの大きさではないものの、肉餡を惜しみ無く詰めておりその味わいも実に素敵と言うしかなかった。それだけに、気がつけば完食。

麺の伸びあしが若干早めな面があったが、撮影などしていなければ問題ない程度で、それにしても美味しい長崎ちゃんぽんであった。いや、かなりとんでもなく絶大に果てしなく、途轍もなく何処までも確実に良かった。

(左フォト) 店頭と周辺/長崎ちゃんぽん/ギョーザ3ケ (2015.02.09)


 中華まるしん 本店

 住所:東京都新宿区西新宿7-22-46 城倉ビル1階  TEL03-3361-5255

 定休日:土曜日  営業時間:11:00~翌3:00

 アクセス:JR新宿駅西口下車。改札から右手方向に進んで行き、都営地下鉄大江戸線新宿西口
       駅のD4出口から外に出て、80mほど歩いた場所の歩道橋で右斜め先の歩道に降りて
       さらに進んで行く。その青梅街道の新宿警察署前交差点を右折して、そこから200mほど
       歩いた左側にあり。



青梅街道から超高層ビル群へ向かって行く。

長崎ちゃんぽんが一押しな人気中華店のこちら。

餃子がビジュアル通りとても美味かった。

味噌ラーメンもお奨めなのかそうした案内があった。

DXちゃんぽんは、チャーシューと味玉が付くようだ。

道路の先には、新宿らしく超高層ビル群。