コタン 東京・西荻窪





真っ青な空から陽射しが燦々とふり注いで、めっきり寒くなってふと年賀状のことが気になって来たそんな十二月師走上旬の日曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、また穏やかに冷え込んでいた初冬の午後七時過ぎだった。

ネットでその店名を見つけた時に船橋の大神宮下周辺にある同じ名前のラーメン店を思い出し、何処かで繋がっているのだろうかと思ったものだった。

そちらは千葉の八千代台で営業する、パンケの流れを汲む味噌ラーメン店であったりする。

コタンと言う店名自体はアイヌ語で集落を意味する言葉だけに、冷静に考えれば繋がりがあると思うことは乱暴な考えだったのかも知れない。

しかし同じラーメン店であるだけに、あながち同じ流れであることも考えられる。

ともあれそこは訪れて見ればはっきりするもので、今夜こそとなって西荻窪で今夜も下車して、そこからそう遠くないその店頭へやって来た。

これまでその路地に入って既に二軒の店を訪れている場所だけに、またしてもその道路沿いかと思いつつ到着した。

良き時代の味噌ラーメンを中心にしたラーメン店だけに、一時代前の雰囲気が大勢をしめてそんな居心地の良さが先に立つ風情のこちらだった。

白地に太い赤文字山でラーメンと記された暖簾が、何とも郷愁を感じさせてくれる店先となっていた。

さっそく入店すると厨房に店主が一人おられて、客席フロアには先客が二人居る比較的静かな店内が広がっていた。

中ほどのカウンター席に腰掛けながらメニューリストを見て、そこから何の気なしに悩むことなく味噌ラーメンと焼き餃子をお願いすることにした。

1971年の昭和46年に創業したこちらだそう。西武池袋線ひばりヶ丘駅界隈で営業しているコタンの流れを汲むこちらだそう。

ネットで色々追って見ると、こちらの流れを汲むコタンが八王子市内にあるようだ。

背中の壁面にはかなりの漫画単行本が蔵書されているこちらで、それ目当てに通う常連客もおられるかも知れない。

店内の案内にチャーシューとワンタンのWトッピングが税別200円で対応していることが記されて気を引いたが、味噌ラーメンならば餃子となった次第だった。程なく到着。

なるほど味噌ラーメン店でよく見掛ける、スリ鉢ドンブリに入った味噌ラーメンがやって来た。それではと行かせて貰えば、味噌スープにしてはかなりあっさりめのもの。

ビジュアルは醤油スープ風で、間違って来たわけはないだろうとスープを口にすれば、味噌らしい風味が風情も豊かに主張して実にかなり良かった。

ゲンコツをベースにして、魚介や香味野菜も入れているスープらしい。麺も中細ちぢれ気味の風合いで、これまた素敵だった。焼き餃子も野菜が多めで、良き時代の味噌ラーメン店らしい餃子だった。

毎日でも食せる醤油ラーメンは何度となく目にして来た。味噌ラーメンの場合はほとんど無かったが、これならば毎日でも行けそうな感じだった。

それだけに、気がつけば完食。いや、それにしてもオリジナリティがありながらも、王道的な面があってなかなかとても実に素晴らしく果てなく良かった。

(左フォト) 店頭外観/味噌ラーメン/焼き餃子 (2014.12.07)


 サッポロラーメン コタン@西荻窪

 住所:東京都杉並区西荻北3-22-20-101  TEL03-3396-2621

 定休日:水曜日  営業時間:12:00~14:00/18:00~24:00

 アクセス:JR中央緩行線西荻窪駅北口下車。北口前の路地を入って行き、100mほど進んだ通り
       沿い左側にあり。



最寄り駅はJR中央緩行線西荻窪駅。

北口前のこの路地を進んで行くとある。

昭和46年創業のひばりヶ丘コタンの流れを汲むお店。

チャーシューとワンタンのWトッピングが税別200円だそう。

メニューの表示価格は全て税抜き価格だそう。

辛味噌ラーメンがウリのこちらのようだ。