味の十番 東京・東中野





爽やかな青空から陽射し注ぐまた朝方から春めいていた、そんな三月弥生下旬の月曜日。今日も仕事が終わって外に出れば、夜風が月夜の下でそよいでいた午後七時過ぎだった。

東中野駅周辺の商店街の途中に営業している中華店のこちらで、そのタンメンと焼き餃子の画像にほだされて気になるところとなって、今回思わず仕事帰り立ち寄ることにした。

後から調べている内に知るところとなったが、どうやら前身が若貴兄弟の居た二子山部屋である、現在は貴乃花部屋の相撲部屋が周辺にあるようだ。

タンメンはそんな若貴兄弟が中学生の頃から愛したものだそうで、それでよく来店していたことで広く知られている中華店であるらしい。それもあってか「アド街ック天国」はもちろん、「チューボーですよ」等にも登場したことがあるこちらのようだった。

そんなわけで、また東中野で途中下車して西口に降り立ち、前方やや右手の山手通りの横断歩道を渡り、その前にある東中野銀座商店街に入って歩いて行った。

まもなくして八百屋が営業していて、下町らしい風情のある商店街だなと思いつつしばし進むと、そうしない内にこちらの電工袖看板が見えてあそこかとなった。

店先に着くとちょうど店主が一服するためか厨房から出て来られて、中に居る奥さんに星空が見えることを伝えているところだった。そんな会話を横目に入店して行くと、入口ドアの横に不思議なシルエットのマークがあることを確認しつつも入店。

奥様が中におられて一番入口寄りに空いていたカウンター席に促されてそこへ腰掛けた。荷物は隣りの椅子に置いて良いとのことで、そうさせて頂いた。そしてメニューを一応確認してから、予定通りにタンメンと焼き餃子をオーダーした。

メニューを何気なく見るとサーティーメンなる提供メニューがあり、どんなラーメンか確認させて頂くと、辛味のあるあんかけが入ったタンメンのようなものであるそう。

さりげなく開業してどれほど経つのかお聞きして見ると、創業59年になるこちらだそうで、昭和31年から営業していることを教えてくれた。

貴乃花親方は弟子等を引き連れ、現在でもたまに来られるそうだ。現在の店主は二代目だそうで、隣りにおられる方は息子さんだそうで三代目になることを教えてくれた。

一番奥におられる方は初代店主のお母さんだそうで、今年で99歳で来年は東京都から祝福される予定だそう。すると来年は創業60周年と色々と節目になる、そんな年のこちらのようだった。

しばし待っているとこんがりと焼きあがった、キツネ色の餃子が先にやって来た。醤油・お酢・ラー油でタレを作ってそれに浸してから頬張れば、ボリュームも良くかなり満足感の高い素敵な味わいがたまらないもの。

そして程なくしてタンメンも到着した。実際に現物を目の前にすると、それだけでもうかなりたまらないビジュアル。麺を上げるとその太さを見ただけで、もうそれは来て良かったと思える程だった。

それではと行かせて貰えば、麺の太さも然ることながら、厚みあるプリプリのキクラゲや、甘みのある野菜の風合いの良さがまた素晴らしかった。

豚骨鶏ガラに牛スネ肉や香味野菜を五右衛門釜でしっかり炊いたスープだそうで、それだけに素敵な美味しさで気がつけば完食。

中華店でよくこの何番と言う店名を目にするものだが、その命名由来はそれぞれに違うものであったりする。そんなこちらの場合は、何故ゆえに十番となったのか、この際だから尋ねてみた。

すると創業店主の生まれが麻布であったそうで、そんなところからウチは十番にしようとなったそうだ。思わず納得するお話しだった。いや、かなりとんでもなく絶大に果てしなく、何処までも確実にとことんとってもかなり良かった。

(左フォト) 店頭/タンメン/焼餃子六ケ入り (2015.03.23)


 味の十番

 住所:東京都中野区東中野3-7-26  TEL03-3371-0010

 定休日:毎週水曜日&第2・4木曜日  営業時間:11:30~14:00/17:00~20:30

 アクセス:JR総武線東中野駅西口下車。西口改札を抜けて前方の山手通りのやや右寄りの横断
       歩道を渡り、その前にある東中野銀座商店街を入って50mほど歩いた左側にあり。



最寄り駅はJR総武線東中野駅で、西口改札から出る。

東中野銀座商店街に入って、50mほど歩いた左側にあり。

店名は創業店主が麻布出身であったことから命名。

入口ドアの横に不思議なシルエットのマークがあった。

色々な有名人が利用するこちらのようで雑誌の記事が。

五右衛門釜でしっかり炊いたスープだそう。

サーティーメンは、辛味あんかけが入ったタンメンらしい。

カウンターテーブルの上にあった卓上調味料。

創業59年で昭和31年から営業しているこちらのようだ。