宝華らぁめん 東京・武蔵境





どこか廃墟となった街角の空のように、灰色に覆われた暗い空から霧雨滴る二月如月後半の水曜日。今日も仕事が終わって外に出れば、先ほどまで降り続いていた雨がやんだばかりで、濡れたアスファルトながら傘が無くても歩けた午後七時過ぎだった。

つい先日の2月15日から宝ソバで名を馳せる宝華の関連店が、JR武蔵境駅周辺にオープンしたと言う情報を聞き付けて気になっていた。そんなわけで今夜こそとなって、仕事帰り自宅と反対方向の中央線快速電車に飛び乗り開業まもないその店頭へやって来た。

場所は吉祥寺から武蔵境で降りると左手の南口側だ。Suica専用と記されたnonowa口から出て、左手の道路を線路と沿うように向かって歩いて来た。その方が近道で、迷うこともなく着いた。

オープンまもないこともあってか、店先には五人ほどの外列が出来ていた。その後ろに着くと程なく三人のグループ客が、お店の方に促されて店内へ入って行った。店頭には開店を祝うスタンド花が所狭しと飾られてあった。

草村商店さんからも祝い花が来ていて、こちらがそんな永福町大勝軒系の製麺所を利用していることに気がつかされた。また長野県下諏訪町にある宝華さんからもお祝いの花が来ていて、むしろそこにも暖簾分け店があったのかと判った。

そこでスマホでそんな宝華の文字を用いてネット検索して見ると、福島県二本松市にある宝華さんもまた、東小金井の暖簾分け店らしき感じであることが理解出来た。

宝華の下にらぁめんの文字が入りお店の方の立川のロゴが入るTシャツも見て、こちらが東小金井宝華でなく立川の宝華らぁめんの支店であることが来て判った。

東小金井駅前で営業する昭和46年に創業した中華料理宝華の暖簾分け店で、2001年の平成13年に開業した立川宝華らぁめんの支店になるこちらであった。

平成20年には国分寺店をオープンさせているこちらで、そちら以来の支店と言うことになるようだ。確かに本家宝華が支店を出すことは考えにくいし、立川の暖簾分け店であれば納得が行くところだった。

店舗の左手に「看板メニュー」として、こちらの旨そうな油そばのフォトが掲示されていた。そこに蘊蓄らしきものが記されていた。「特製の醤油ダレと秘伝の油で茹でた麺を絡めていただく。しっかりと味がついているのでご飯と一緒に食べるのもオススメ♪」と言うことらしい。

そう待たない内に入店することが出来て、右端寄りのカウンター席に促されてそこへ腰を下ろした。列に並んだ時にメニューリストを手渡されていたので既にオーダーは決めていて、程ない注文確認だったが直ぐに油そば中盛にギョーザ4ケと告げてお願いした。

ふと見ると緑色の樹脂製の麺箱が見えて、そこに大勝軒の三文字が刻まれているのが見えた。程なく到着。本家ではチャーハンには付いて来た中華醤油スープが、なんとこちらでは油そばに当たり前のように一緒にやって来た。

油そばだけに無意識のうちにラー油とお酢を軽く回し入れそれではと行かせて貰えば、やや太めの麺がこちら独特の風情を醸していてたまらなく絶大に素晴らしいもの。

以前立川の店を訪れた時はラーメンだけしか口にしておらず、こちらの宝ソバならぬ油そばは初めてで、これはかなりの素敵な仕様と言うしかなかった。

目の前には気合いが感じられる創業店主らしき方がおられて、思わず世間話しに花が咲いた。吉祥寺にも支店を開業をして見てはとダメ元でお奨めして見たが、吉祥寺は賃料が高いから難しいことを率直に教えてくれた。

武蔵境と言えば油そばの老舗店であり名店と称される珍々亭が周辺にあり、そんな武蔵境に支店を展開することはこちらにとって腕試しにもなり大いに意義のあることなのだろうと思った。

一緒に来た中華スープも良く、餃子も四つでも大満足なボリュウムのなかなかの美味しさで、気がつけば完食だった。いや、かなりとんでもなく絶大に果てしなく、途轍もなく確実に素敵で良かった。

(左フォト) 店頭外観/油そば中盛/ギョーザ4ケ (2015.02.18)


 宝華らぁめん 武蔵境店

 住所:東京都武蔵野市境南町3-1-2 原ビル1階  TEL0422-34-2015  ※公式サイトはこちら

 定休日:未定  営業時間:11:30頃~22:00前後(閉店時間など未定)

 アクセス:JR武蔵境駅南口またはnonowa口(Suica専用)から外に出て、左手の線路づたいの
       道路を東小金井方面に100mほど歩いた次の十字路の右側にあり。



JR武蔵境駅のnonowa口(Suica専用)から程近い。

立川宝華らぁめんの国分寺店に次ぐ三号店のこちらだ。

開店祝いの花の中に、草村商店さんの名前があった。

看板メニューは、本家の流れを感じる油そばだ。

さっぱり昔ながらの醤油らぁめんも提供している。

こちらは油そばに、中華醤油スープが付いて来るようだ。