中華料理 ひかり 東京・神田





空は青く風は北寄りから吹いて、それだけに放射冷却現象で冷え込んでいた、十月神無月も最終コーナーを迎えた水曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、穏やかな夜風が心地よくそよいでいた、そんな月夜の午後七時過ぎだった。

諸般の事情により晴れてラーメンが食せる状況となって、それならばと以前から気になっていた神田駅界隈で営業する、老舗中華店のこちらへ仕事帰り立ち寄ることにした。

そんなわけで慣れない通りの夜道を歩いて行き、少し迷ったので位置情報が判るラーメンデータベーススマホ版で確認。

すると神田某人気店と目と鼻の先に在ることが判り、そちらを素通りして今夜ばかりはこちらの店先へやって来た。

緑色と橙色のツートンカラーのビニールシートのひさしが良き時代を想わせて、掃除の行き届いたサンプルショーケースがこちらの中華料理の質の良さを感じさせた。

そしてクリスマスツリーに使うような、イルミネーションがキラキラと輝く店頭でもあった。さっそくさりげなく入店すると、先客が二人の風情の良いフロアが目前に広がっていた。

神田の駅から少し離れたそんな界隈だが、こうして常連さんらしき方が居るのも、そうした流れの現れと言えそう。

ラーメンとチャーハンのセットメニューがあったので、思わずそれをお願いすることにした。そうしたセットメニューや定食ものが、ほとんど700円程度におさえられていた。

創業50年近くとなるこちらだそう。すると昭和40年前後の開業となるこちらだろうか。息子さんは仏像彫刻家だそうで、地下にその工房があるらしい。

緑色の模造紙に白い文字で記された、提供メニューが店内の壁面に整然と並んでいた。先客が帰って行くと、丁寧な口調で見送っておられた店主だった。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、なかなかの素晴らしいラーメンで、なんと化学調味料を使わないこだわりのラーメンだそう。

豚肩ロースからとったダシのスープだそうで、さっぱりしながらも味わい深いコクが素敵だった。中太平打ち縮れの麺の風情もかなりのもので、さすが50年の長きに渡って営業しているこちらだった。

先客が二人とも帰って行き、店主と世間話しをしていると、常連さんらしき後続客が来店して来て紹興酒を嗜みながら、酒の肴メニューからぽつりぽつりとオーダーして独り呑みを愉しまれていた。

チャーハンも廉価な金額ながら満足の行く美味しさ。チャーハンと共に来た白菜の浅漬けも素敵で、気がつけば完食。

定食類や麵類メニューにお得な金額のサービスメニューが幾つもあり、それが店先で紹介されていたがそんなメニューを愉しみに来る方も多そうな感じだった。

精算して御挨拶して外に出ると、やはり丁寧な挨拶で送ってくれた。

帰りの電車の中で気がついたが、そう言えば上野にも同じ店名の中華店が存在しており、その距離がそう遠くないだけに、もしかしたら関係があるのかも知れないが定かではない。

いや、なかなかとても、実に素敵で良かった。

(左フォト) 店頭/ラーメン/セットチャーハン (2014.10.29)


 中華料理 ひかり@神田

 住所:東京都千代田区神田司町2-16 鉄鋼新聞ビル1階  TEL03-3253-7818

 定休日:日曜日  営業時間:11:14~15:00/17:30~23:00

 アクセス:JR山手線神田駅北口下車。中央通りを秋葉原方面に進んで行き、須田町一丁目交差点
       を左折。多町二丁目交差点をさらに直進して少し歩いた左側にあり。徒歩約6分。



お得な金額のサービスメニューが幾つもあった。

アルコールや酒の肴メニューも豊富にラインナップ。

チャーハンと共に来た白菜の浅漬け。