麺処 花田 東京・神田 ※閉店



未明に通り雨が降ったらしく地面が濡れていて、見上げる空は斑模様の雲で覆われて、北寄りの風がまた気温を押し下げていた十月末日の金曜日。今日も仕事が終わって外に出れば、特に雨も降らず穏やかな午後七時過ぎだった。

若干の仕事疲れに味噌が食べたいとなって、そんな時はこちらとあらかじめ考えていただけにここぞとばかりに訪れることにした。

そんなわけでまた電車で一駅乗って、その店頭へやって来た。実はしばらく前の土曜日に勘違いして来てしまい、土日祭日は夕方の午後5時に閉店することをそこで知るところとなった。平日の夜なら午前0時まで営業しているだけに、今夜は店先の照明が煌々と輝いていた。

黒字に黄色い地のビニールシートのヒサシが、その所為で周囲にそれが浮かび上がる店頭だった。ふと見ると入口の立て看板に「そろそろ味噌の季節となりました」と案内されており、思わず「確かに」と言う想いを胸にして入って行った。

すると右手に券売機があり思いつきで辛味噌を選んで、味卵のボタンも何となくと言う気分で連打した。奥へ進むと金曜の夜もあってか、数人の先客が居るだけの店内だった。

中ほどのカウンター席に腰掛けて、厨房側におられる方にチケットを手渡すと、いつものようにこちらもまた野菜大盛りとニンニク増しがサービスだそうで、今回は野菜大盛りだけをお願いすることにした。

以前上野店でお聞きした通り、2012年4月30日にオープンした神田店らしい。これまでに池袋店上野店に訪れているが、今年の1月23日には渋谷店もオープンしているようだ。

さらには初夏の6月8日に花田創業店舗となる池袋店の隣り合う場所に新店舗がオープンしている。その名も「麺処花田 となり」と言う何処かで聞いたような店名で、味噌油そばを提供しているそうで益々意気盛んな花田さんだった。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、いつものような次世代感溢れる素敵な味噌らーめんで、中太麺共々実にたまらないもの。東京随一の濃厚味噌スープと言うことらしい。実は辛さを抑えめにして貰った。

野菜をじっくり炒めることによって生まれる旨味に、特製の赤味噌と白味噌のブレンドで引き立つ甘味を、豚骨ベースのスープ上で花開かせた独創性のあるコクが人を引き寄せているところだろうか。それだけに、気がつけば完食。いや、かなりとんでもなく、絶大に素敵で果てなく良かった。

(左フォト) 店頭/辛味噌ラーメン+味卵 (2014.10.31)


 麺処 花田 神田店

 住所:東京都千代田区内神田3-20-6 第108東京ビル1階  ※公式サイトはこちら

 TEL03-5295-5123  定休日:無休  営業時間:平日11:00~24:00◆土日祝11:00~17:00

 アクセス:JR神田駅北口下車。中央通りに出ないで北口正面の道路を直進して大通りに出たら
       右折して程ない右側あり。



2012年4月30日にオープンした神田店。

秋も深まると、そろそろ味噌の季節となりました。

味噌と辛味噌で、ラーメンとつけ麺がある。

野菜大盛とにんにく増し無料で、ランチはご飯も無料。

店内から出口を臨むと黄色い暖簾が垂れ下がっていた。

JR神田駅傍の神田警察通り沿いで営業しているこちら。