函館らーめん 一凛 東京・荻窪







また朝から曇天模様の灰色の空が広がり、午後から降雨の予報も出ていた、春日和が何処かお預けとなっていた四月卯月前半の金曜日。

そんな今日も仕事が終わって外に出れば、予報通りの雨がアスファルトを濡らして、やや冷え込んでもいた午後七時過ぎだった。

こんな夜は傘をさすことなく訪ねられるラーメン店へとなるもので、まだ行っていないところを探している内にこちらの存在に気がつき、条件通りの立地性だけに即座にこちらにしようとなった。

と言うわけで荻窪で途中下車して東改札口を左手に出て、程ないルミネ荻窪店の地下入口からまさしく雨に濡れることなく入店。

そしてエレベーターを利用して、その五階のレストランフロアで営業しているその店頭へやって来た。

エレベーターから進んで行くと、やや奥寄りの右手にあるこちらで、店先には様々な蘊蓄が判り易い文字で大きく案内されていた。

来るまでは駅ビルであるルミネに入る、塩らーめんのお店としか判らず、それ以外のことは何一つ判らずに来ていた。

それも券売機の前に立てば、その判り易い様式であるタテ長の白いプレートに筆文字で提供メニューが表記されているだけに、こちらがムジャキフーズさんの系列店であることがすぐ理解出来た。

思わずそうだったのかと思いながらも函館塩らーめんを選んで、追加トッピングするかと味付玉子に、サイドメニューも行くかとなって半餃子3個のボタンをそれぞれ連打した。

券売機にはクレジットカードで精算できることや、JRのICカードであるスイカも利用が可能であることが明示されていた。

振り返ると通路側奥寄りのカウンター席に促されて、冷水が置かれたそこにハーフコートをハンガーに掛けてから腰を下ろした。

ほぼ満員の店内だが場所が良いこともあろうが、それにしても同じ階でそう混んでいないお店も見受けられただけに、絶大なる人気店と言って良さそうなこちらであった。

さりげなくいつものようにオープン時期を確認させて貰うと、およそ10年ほど前の改装時に開業したことを教えて頂いた。

そこでその情報を元にネットで追って見ると、12年前から営業を始めたこちらのようだった。

テナントとして入る荻窪駅前のルミネは、1981年5月に別法人の荻窪ルミネとしてオープンしたようだが、2003年4月に株式会社ルミネが吸収合併している。

こちらはそんな創成期改装時の2003年5月にオープンしたようだ。清潔さと居心地の良さを心掛けた店づくりのこちらだそう。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、なるほど店内の混雑さが物語る、素敵な持ち味の美味しさが実にたまらないもの。風情のいい中細の麺が多めで、そのボリューム感もあって良かった。

磯の香りが適度に麗しく、思わず函館の港に停泊する、イカ釣り漁船さえイメージ出来そうなほど

店頭の蘊蓄などによれば、函館の伝統である塩らーめんを伝えるため厳選素材を使い、元来の製法を守り手作りに徹し誠心誠意一杯のらーめんに全力を尽くしたものだそう。

厳選素材の真昆布・干し貝柱・鶏ガラ・豚骨・新鮮野菜を大量に使い、とろ火でことこと丁寧に気を入れて丁寧に煮込むことで、旨味がたっぷり含まれる黄金色のスープに仕上げたものだそう。

こだわりの麺は昭和30年代の中華そばを再現したものらしく、小麦本来の旨味を最大限に引き出すため合成着色料や保存料を一切使用しないで製麺したものらしい。

なお味の決め手となる塩だれは、完全手作り製法の親潮が育んだミネラルをたっぷり含んだ、そんな釜炊き古式粗塩を用いているようだった。

またチャーシューは、上質な豚肩ロース肉を軽く火を通し旨味を閉じ込めてから、自家製のたれでじっくり煮込んで仕上げているそう。

さらに味玉で使用する卵は、自然の中で健康に育った地鶏の卵で、スープの旨味を黄身まで染み込ませるため約半日かけて炊いて仕上げている地鶏の煮玉子とのことだった。

メリハリのある味わいでありながらも、天然素材の優しい持ち味が前面に出ていて、それだけに気がつけば完食だった。

念のため麺は麻生製麺さんであるかお聞きすると、その通りだそうで運営企業を聞かずとも、やはりムジャキフーズさんであることを確認出来た。

ちなみに帰宅してから、クーポンの存在を知るところとなった。いや、かなりなかなかとても素晴らしく、なんとも素敵で実にしみじみとしていて良かった。


(左フォト) 店頭/函館塩らーめん+味付玉子/半餃子3個/薀蓄ボード (2015.04.11)


 函館らーめん 一凛 (イチリン) ルミネ荻窪店

 住所:東京都杉並区上荻1-7-1 ルミネ荻窪店5階  TEL03-5347-2551  ※公式サイトはこちら

 定休日:ルミネ荻窪店に準ずる  営業時間:11:00~22:00(21:30LO)

 アクセス:JR荻窪駅下車。東改札口を左に出て程ないルミネ荻窪店地下1階の入口から入り、エレ
       ベータ―等を利用して5階に上がり、そのレストランフロアの奥寄りにあり。



2003年にオープンしたムジャキフーズさんの系列店だ。

伝統である塩らーめんを伝えるため厳選素材使用。

このビジュアル内容を見てから入店すると良さそうだった。

雰囲気のある店先のこちらと言えた。

券売機にはクレジットカードやスイカで精算できることが。

清潔さと居心地の良さを心掛けた店づくりのこちらだそう。

裸電球が郷愁も誘う雰囲気ある店内になっていた。

卓上調味料の容器にまで、こだわりが感じられた。

厳選素材は、真昆布・干し貝柱・鶏ガラ・豚骨・新鮮野菜。