博多天神 お茶の水2号店
東京・御茶ノ水





やや白く霞むものの真っ青に広がる青空から、燦々と陽射しがふり注いで朝方は北寄りの風に冷え込んでいた十月神無月下旬の週末土曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、仕事上がりはやはりそれほど寒くもなかったそんな午後七時過ぎだった。

博多天神と言えば、これまでも新橋1号店新橋2号店渋谷南口店のレポートがあるように、このサイトではお馴染みのラーメン店。

御茶ノ水駅傍にも2005年12月に御茶ノ水橋口と聖橋口の道路の途中に1号店がオープンした。

さらにその1年後には、御茶ノ水橋口から水道橋方向に少し歩いた道路の左手に、こちらがオープンして機会があれば御茶ノ水の博多天神にもと心の片隅で考えていた。

秋葉原が勤務先ならば、そこはこちらにもとなるもので、今夜こそとなってその2号店へやって来た。桃色の豚さんがラーメンを両手で持つ、そんなお馴染みの絵に迎えられた。

1号店とどちらへ行くか悩んだが、ネットを見ている内にこちらを褒める文章を見つけ、今回思わずこちらとなった次第だった。

そんなわけで入店すると、先客1人の静かなフロアが広がるこちらであった。券売機の無い店内で、奥寄りのカウンター席にさりげなく腰掛けた。

さて何にするかとなったが、店頭のメニューインフォに「不老長寿の珍味」と紹介されていた、きくらげラーメンにして、せっかくだしと玉子のトッピングも一緒にお願いした。

キクラゲが不老長寿?と調べて見ると、なるほど昔から中国では不老長寿の妙薬として珍重されていたようだ。コレステロールの低下作用が高く、動脈硬化などに効果大らしい。

ちなみにその店頭のメニューインフォには、ラーメンを「都内一のコクと濃度」と紹介していた。

また厨房の壁面には「コショー少々タレ少しを入れると完全に本場の味ですが、当店はカウンターの具を好みで入れて頂く為少し元味をおさえて有ります。」などとも謳われていた。

さらに出入口付近の壁面に、お馴染みとも言えるフレーズが入る案内が躍っていた。

「お出ししている超原液状態の濃縮スープは、コーヒーで言うとブラック。お客様の舌でカウンター上の具を入れて100%の味をお作り下さい。具は全部入れて少量ずつが一番おいしい」と記されていた。

厨房におられた店長さんらしき方は、かなりお歳をめした感じだったが、お聞きしたことに対して気さくに受け応えしてくれて素敵な方だった。

お茶の水2号店はお茶の水1号店と違って横断歩道を渡らなければ辿り着けないため、信号待ちとなれば敬遠される恐れがあるため厳しいところだろう。程なく到着。

なるほどキクラゲが、これでもかと入るもの。玉子はデフォルトで半裁がすでに入っていて、追加トッピングした分は別皿にのって来たのでそこからラーメンの上へ移した。

それではと行かせて貰えば、これまたさすがと言うしかない博多天神らしさ全開の美味しい豚骨らーめんで、その味わいが実にたまらないもの。チャーシューが、やはりかなり良かった。

無料の替玉をカタメでお願いして、それを入れてから胡麻やコショーに紅生姜などを投入してさらに愉しんだ。気がつけば完食。

今や替玉2玉がある時代だが、こちらならでは味がやはりファンを逃さないのだろう。いや、かなりとんでもなく絶大に素敵でなかなか良かった。

(左フォト) 店頭/きくらげラーメン+玉子/ (2014.10.22)


 豚骨らーめん 博多天神 お茶の水2号店

 住所:東京都千代田区神田駿河台2-1-17 お茶の水ジロー本館1階

 TEL03-3219-0240  定休日:無休  営業時間:11:00~翌3:00

 アクセス:JR御茶ノ水駅御茶ノ水橋口下車。御茶ノ水橋口前の十字路を横断歩道を水道橋方面
       に渡ってその方向へ10mほど歩いた左側にあり。



最寄り駅はJR御茶ノ水駅で御茶ノ水橋口からすぐ。

都内一のコクと濃度と案内されるラーメン。

様々な無料トッピングが卓上に置いてあった。

コーヒーで言うとブラックと言うインパクトある表現。

最初の麺がなくなる頃お願いする無料の替玉。

御茶ノ水駅から横断歩道を渡る方が2号店。