ぎょうざ会館 磐梯山 東京・両国





微塵の雲も無い青い空から陽射しが降り注いで、秋らしい北寄りの風が増えた枯れ葉をまとめるように袋小路へ押しやっていた、そんな九月も数日となって来た月曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、夜風が今夜もちょうど良い風を送るそんな午後七時過ぎだった。

過日ずっと気になっていた浅草橋駅傍のぎょうざ会館をついに訪れると、なんと長年営業していたそちらがその日を以て閉店する最終日であることが入口に貼り出されていて驚いた。

そんなこともあるんだと思いながら、その日はまもなく閉店して行く浅草橋店の店内で、美味しいラーメンと餃子を堪能させて貰った。

両国に本店があることをその機会に知るところとなって、今夜はそんなこちらの方を今回仕事帰りに訪ねることにした。

そんなわけで久しぶり両国駅東口に降り立ち、直ぐ傍にある路地の横綱横丁を入って行くと、なんとも言えない風情のある建物でこちらが営業していた。

さっそく入店して行くとこちらもまた昭和の香りがする、そんな居酒屋のような雰囲気がする店内が広がっていた。

中ほどのカウンター席に腰掛け厨房の奥に貼られたメニューから、あらかじめ呑まないことをお伝えしながらアブラメンと餃子を一枚お願いした。

まだ居酒屋が流行り出す時間帯とも言えない所為か、厨房のある1階には先客が居ないものの広そうな2階があるこちらのようで、宴会の真っ最中らしくそこから賑やかな声が下に聞こえて来た。

オーダーした女将さんに話し掛けると、色々なお話しをお聞きすることが出来た。

昭和44年から営業していた浅草橋店で、両国の本店は昭和37年に創業したことをお聞きしたものだが、実際は昭和39年だそうで東京オリンピックがその年に開催されたことを教えてくれた。

また宇都宮に本店がある餃子会館とこちらは、まったく縁もゆかりも無い間柄だそう。

ちなみに都内浅草には、そちらの関連店があるようだ。なお浅草橋店の店長さんは、たまたまのかおられなかった。

厨房で鍋を振る店主が福島のご出身で、地元の有名な山の名前である磐梯山を店名として名付けたのだそう。

なお、傍の壁面には、やはりこちらでも男性は一時間で百個食べればタダ、女性も五十個食べればタダらしくその案内が貼られていた。

そして浅草店と同じようにその周囲に挑戦者の勝利や阿鼻叫喚の言葉が色紙に記されていた。今月は3人がチャレンジして、内1人は外人で別の1人が見事成功したそうだ。程なく到着。

先に餃子が来たので口にすれば、やはりこちらもまたなかなかの美味しさだった。

そしてアブラメンも来てそれではと行かせて貰えば、歴史を感じる武蔵野油そばにも近い素敵な風情が感じられて、それにしてもその持ち味が実にたまらないものと言えた。

玉子が入った感じのプリプリした麺に、醤油ダレと油が少なめにドンブリに沈んでいて、そこにしっかり炒めた野菜と小気味良い酸味感がいいキムチが多めに入っていた。

それらをしっかり掻き混ぜて口にしたが、やはりこれはかなり絶大に素晴らしかった。

お聞きすると、キムチはやはり自家製だそう。それだけに、気がつけば完食。いや、かなりとんでもなく絶大に果てなくとっても良かった。

(左フォト) 店舗建物/アブラメン/ぎょうざ一枚5コ (2014.09.29)


 ぎょうざ会館 磐梯山 両国本店

 住所:東京都墨田区両国3-24-2  TEL03-3634-0456  定休日:土曜・祝日

 営業時間:平日11:30~13:30/17:00~23:30◆日曜11:30~13:30/16:00~22:30

 アクセス:JR総武線両国駅東口下車。出口前の横綱横丁を入って程ない次の十字路の左奥にあり。



最寄り駅はJR総武線両国駅で東口から出る。

東口目の前の横綱横丁に入って次の十字路にあり。

店先では餃子の店頭販売売り場があった。

二階に広そうな客席フロアがあるようだ。

浅草橋店と同じ、パパ五皿ママ三皿ボク二皿。

男性百個食べればタダ、女性も五十個食べればタダ