博多風龍 秋葉原2号店 東京・秋葉原





朝方不意に雨が降り出しアスファルトがみるみる内にくすみ民家の庭先でなっていた柿も濡れていて、続く北寄りの風がまた気温を落とさせていた十一月霜月前半の日曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、一日降り続いていた雨が小康状態となって、傘がいらないもののわずかな雨が滴り落ちていたそんな午後七時過ぎだった。

以前のレポートでも触れたように、ご存知のように「2玉まで替玉無料」の博多風龍のこちらだ。

秋葉原中央通り沿いやや末広町寄りに2009年8月7日その秋葉原店がオープンして開業まもない頃訪れたものだ。

そして秋葉原勤務が始まって間もない頃、こちらの秋葉原昭和通り店を訪ねて、その後別ブランド店となるつけ麺風龍にも足を運んだものだ。

そう言えば秋葉原2号店がまだだったとなって、今夜は2012年9月21日にオープンしたそんなこちらへ仕事帰り立ち寄ることにした。

余談となるが四年前に訪れた渋谷のひゃっけんだな店は、今夏残念ながら諸般の事情により閉店してしまったようだ。

と言うわけで秋葉原UDXのクリスマスイルミネーションが傍で輝いている中その店頭にやって来た。

見上げるとカレー店の看板も掲げられていて、二階で営業している東京スタミナカレー365は、昨年3月4日にオープンしたこちらの姉妹店らしい。

さっそく入店して行くと券売機が待ち受けていて、そこで入口ドアにも案内されていた黒マー油とんこつラーメンを選んだ。

そこはこの際だからサイドメニューも行ってしまうかとなるもので、博多風明太子ご飯の提供メニューのボタンを連打した。

チケットを掴んで振り返るとお店の方が待ち受けていて、それを手渡すと程ないカウンター席に促されてそこへ腰を下ろした。

日曜日もあってか盛況なフロアのこちらだった。替玉を希望する先客の声が、何処からともなく響いて来た店内であった。

博多とんこつラーメン店だけに、程なく到着。それではと行かせて貰えば、そこは相変わらず素敵な風情がたまらないもの。

黒マー油は、玉ねぎとニンニクをラードで絶妙に焦がすことで独特の風味と旨味を引き出したものだそうなるほどと言えるものだった。

マイルドな風合いがしつこくさせておらず、替玉を二玉入れる豚骨スープであることを、よく考慮したものとなっていた。

最初の麺が消えて行く頃厨房に替玉をお願いしようと、「カタメ!」と一言だけ告げて替玉を希望。麺の固さだけ言えば替玉という言葉は必要はない。

さらりと一玉めがなくなり、もう一度だけ「カタメ!」の言葉を連発して二玉めも堪能。

そんな替玉二玉を、紅生姜や煎り胡麻等を入れ足して愉しみ、博多明太子ご飯も辛子高菜を添えて美味しく頂くことが出来た。

それだけに、気がつけば完食。いや、かなりなかなかで、とても実に良かった。

(左フォト) 店頭/黒マー油とんこつラーメン/博多風明太子ご飯 (2014.11.09)


 博多風龍 秋葉原2号店

 住所:東京都千代田区外神田4-3-11  TEL03-3253-3888  ※公式サイトはこちら

 定休日:無休  営業時間:11:00~翌3:00 ※日曜~20:00(但し祭日前日の場合を除く)

 アクセス:JR山手線・秋葉原駅電気街口下車。秋葉原UDX裏手中ほどのアキバ田代通り沿いに
       あり。



すぐ傍には秋葉原UDXのクリスマスイルミが輝いている。

好評発売中の黒マー油とんこつラーメン。

券売機で迷ったら、大きいボタンを選べばそこはお得。

やわからばりかたまで、どれか一言いえば替玉が来る。

気軽に愉しめる無料替玉一玉め。

こちらであれば、替玉二玉めも無料となる。