麺処 ZERO 東京・立川 ※閉店



週の終わりには新年を迎えるそんな12月下旬週明け月曜日。そんな今日も仕事が終わって外に出れば、やや年の瀬の寒さを感じる午後8時過ぎの街角だった。時に立川駅北口側伊勢丹の裏手にも人気ラーメン店があるとして以前から気になっていたが、今夜こそ行って見ようと店頭に立った私だった。

大喜@湯島が第一位に選ばれた年末のテレビ番組について昨日触れたが、その番組は翌年の2002年の大晦日も放送され、その時は別のラーメン店が第一位に選ばれたものだった。そのラーメン店こそ高田馬場にある「俺の空」で、かなりの人たちがお茶の間で「今年は俺の空か」と唸ったに違いない。そんな名店で修行した店主が、2004年7月にオープンさせたこちらだそう。

さて中へ入ると、券売機があって特に決めないでそこへ立つと、ZEROめしなる美味しそうなサブメニューのビジュアルを見つけた。それとラーメンがセットになったボタンがあったので思わずそれを選んだ。

醤油か塩が選べるようで、そこはセオリー通りに醤油の方をお願いした。すると麺が細麺か太麺が選べるそうで、そこは本能に任せて太麺でお願いするしかなかった。先客が一人の店内だったが、まもなく帰って行かれ客は私だけとなった。

背中では警察24時間らしきドキュメンタリー番組が流れていて、警察が張り込んでいる中で容疑者が駅のプラットホームの非常ボタンを押しそうでなかなか押さない展開だった。今度こそ押すかとみんなで振り返れば、これがなかなか押さない容疑者。駅の非常ボタンを過去に押した迷惑な愉快犯のよう。

まもなくすればナレーションの声のトーンが上がって、今度こそとまたみんながテレビ画面に目を向ければ、車掌が押す発車チャイムのボタンに容疑者が手を掛けただけであった。ともあれ妙な連帯感が生まれそうで、生まれない店内だった。程なく到着。

醤油ラーメンは修行店とは全く違うスタイルのもので、ZEROめしは魚粉も入ってご飯のボリュウムも良くて大変に嬉しいものと言えた。ご飯の上に半栽半熟味玉やトロトロの味付け肉に茹でキャベツがあしらわれていた。

入口に鈴木製麺と刻まれた麺箱があったので、そちらの麺らしいその太麺がまたいい感じだった。それにしてもラーメンにもそのトロトロの肉が入ってこれが実に美味かった。気がつけば完食。容疑者は結局逃走した処で身柄を確保。過去の犯行を自供したようだった。いや、ラーメン共々良かった。

(左フォト) 醤油ラーメン/店舗入口 (2010.12.27)


 麺処 ZERO

 住所:東京都立川市曙町2-5-17S&T伊藤ビルB1F  TEL042-527-1705

 定休日:無休  営業時間:11:30〜22:00 ※土日祝日〜21:00

 アクセス:JR中央線立川駅北口下車。駅前伊勢丹の裏手辺りの大通り沿いのビル地下にあり。



喜劇らーめん食べ歩きTOP