博多ラーメン よねちゃん
東京・御徒町 ※閉店



暑い陽射しが容赦なく街角に注いで、南風が気温を朝から押し上げていた八月葉月上旬の月曜日。今日も仕事が終わって外に出れば、湿度が高く生ぬるい夜風が頬を撫でるそんな午後七時過ぎだった。

JR御徒町駅南口周辺に昨年の7月13日にオープンしたこちらで、良き時代の博多ラーメンを提供することを知り、たちどころに気になるところとなって仕事帰り立ち寄ることにした。

そんなわけでまた一駅電車に乗って御徒町で降り、南口からほど近いその店頭へやって来た。

さっそく入店すると右手に券売機があり、特に決めてなかったが素朴そうな茹で玉子がさりげなく添えられたビジュアルにその玉子ラーメンのボタンを選んだ。

振り返ると入口寄りのカウンター席に促されて、チケットを手渡しながらその席に腰を降ろした。

五年ほど前まで博多中洲の歓楽街の中で営業していた幸楽軒なる人気店の常連さんだった方が、その味を踏襲させて幸楽軒インスパイア系と言えるラーメンを提供しているこちらだそう。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、なるほどほのぼのとしながらも、豊かな風味が艶やかに突き上げて来た。

立ち上がりのよい高出力エンジンを搭載したバイクの加速感にも似た、満足感が実にスカッとしながらもふんわりと来る味わいがたまらないもの。

ありそうでなかった、今まで経験して来たレトロ系博多ラーメンでは物足りなかったものをしっかりと表出させて、出会えて良かったと思わせるもので実に良かった。

ゲンコツを弱火ではないだろうがコトコトと二日間かけて炊き出した店仕立てのスープだそうで、麺は幸楽軒と同じ福岡・真鍋食品から毎日取り寄せているものだそう。

麺が瞬く間に消えて、思わず替え玉を麺カタメでお願いして、さらに堪能させて貰った。チャーシューが、またなかなかだった。気がつけば完食。

いや、かなりさりげなく絶大に素晴らしかった、良き風情を良き風合いの中で味わえて、なかなか絶え間無く素晴らしかった。

(左フォト) 夜の店頭/玉子ラーメン (2014.08.04)


 博多ラーメン よねちゃん

 住所:東京都台東区上野3-23-3 Jロードビル1階  TEL03-3836-1539  ※公式サイトはこちら

 定休日:無休  営業時間:平日11:00〜23:00(22:45LO)◆土日祝11:00〜21:00(20:45LO)

 アクセス:JR 山手線御徒町駅南口下車。中央通り側に出て秋葉原方面へ進み二つ目の右路地を
       曲がって120mほど歩いた右側にあり。

.

2013年7月13日にオープンした博多ラーメン店。

博多・中洲の味、よねちゃんの案内板。

ちょっと一杯の酒の肴も充実していた。

博多ちゃんぽん、素ラーメン、セットメニュー等々。

紅生姜、辛子高菜が手軽に取れる位置にあった。

替え玉には刻んだ青ネギが添えられて来た。