つけ麺屋 やすべえ 東京・渋谷



雨で始まった5月中旬の水曜日で、そんな今日も仕事が終わって外に出れば、午後9時過ぎの夜の渋谷は一時的に雨が止んでいて、かなりの湿度を感じる都会の街角だった。

そんな今夜はこちら方面へ歩いて行くと、いつもは5〜6人以上店内で待っているのに、天候の所為か店内はほぼ満員ながら待ち人がゼロの状況に今回思わず入店する事に決めた。

早速中に入って券売機の前に立ち、次回行こうと思っていた醤油らーめんの大盛を選んで、味玉のボタンも連打した。すると奥の方のカウンター席に促されて、チケットをカウンタトップに置いてから腰を下ろした。

ほぼ満員が続いて後続客が入店して来るものの、その度に先客が食べ終わって帰って行き、人が入れ代わる絶妙なタイミングにその様子を眺めて一人感心する私だった。程なく到着。

麺量330グラムだからある程度大きいドンブリだろうと予測したが、それを遥かに超えたサイズにびっくりしたものの、そこは顔へ出さずに何時ものようにケータイカメラでラーメンを撮影しながら気を落ち着かせた。

卓上に置いてある微塵切りの玉ねぎを多めに入れさせて貰いそれではと行かせて貰えば、なるほど普段の盛況さがよく判るラーメンの美味しさで、もちっと来る中太麺も風情豊かで良かった。結構な麺量ながら、そこは気が付けは完食だった。いや、今日もまた、美味しラーメンであった。

(左フォト) 醤油らーめん大盛+味玉 (2010.05.19)





夕方頃から雨が降り出したようで午後九時過ぎ外へ出ると、濡れたアスファルトに車のヘッドライトとテールライトが乱反射していた、雨夜の渋谷の街が広がっていた火曜日だった。

今夜は埼京線・山手線・湘南新宿ラインと、渋谷を通るJR各線が目白駅周辺で発生した架線事故の影響で運転の見通しが立っていないらしい。渋谷駅改札前はそれにより大変な混雑で人が溢れかえっていた。そんな人ごみを横目に見つつ、本日はこちらへ入店する事にした。

また渋谷駅前陸橋を上がり、今回は右手寄りの通路の階段を降りて店頭に到着した。よく外にまで行列が出来ているのを見掛けるが、こんな時間もあってか中に5人が待つ程度であった。そんな後ろに着いてまもなく券売機の前で、辛味つけ麺の中盛に味玉のボタンを連打した私だった。

そんなこんなで単身客の私は前のサラリーマン二人客の前に案内を受けて腰を降ろした。思えばやすべえ系と囁かれるお店は何店か訪問したがこちらは今回が初めて。カウンター周りを見れば、なるほど過去の訪問店がこちら系とされるのが納得出来た刻みタマネギと魚粉の色合いであった。程なく到着。

おお、何ともしっとりした太い麺の風合いがたまらない感じで、野菜の旨み・肉のコク・魚の出汁が融合した味わいが良いとされるつけ汁の中にラー油らしき辛味油が浮いたもので、和風の素焼き感がある器が一つの象徴にも取れるよう。

さてと口にして行けば、絶妙な酸味感が実にフルーティさを演出しており、どことなく東池袋している雰囲気を受けそうな所だが、なんとなく勢得@千歳船橋で感じた魚出汁にも似たイメージがオーバーラップしつつも、唯一無二感で締め括る圧倒感があると気が付かされるもの。

並盛り・中盛り・大盛りの価格が同じこちらで、現在、高田馬場・水道橋・赤坂・新宿・下北沢・池袋に、昨年5月練馬駅前にオープンした練馬店が加わってこちらを入れて全八店舗体制で、都内に多くのファンを持つこちらだけに今後も支店が増えて行きそう。

スープ割りも小茶碗に風情良く注がれたスープが来て、それを器に注いで愉しめば、しみじみとした味わいが優しくも、深みを心地良さに変えて醸していた。気が付けば完食。いやいや、やはり良かった。

(左フォト) 辛味つけ麺中盛+味玉/店頭外観 (2010.03.23)


 つけ麺屋 やすべえ 渋谷店                 ※公式サイトはこちら

 つけめん麺量:並盛り220g/中盛り330g/大盛り440g/特盛り550g(+100円)

 住所:東京都渋谷区渋谷3-18-7   TEL03-3400-3011

 定休日:無休   営業時間:11:00〜翌2:00 ※麺、スープ売切れ次第、終了。

 アクセス:JR渋谷駅東口下車。駅前陸橋を上がって明治通り恵比寿方面右手の歩道に降りて
       少し歩いて行った右側にあり。



喜劇らーめん食べ歩きTOP