とららん 東京・町田

※町田駅周辺らーめん食べ歩き2010中編

町田市の歴史は比較的変わっていて、廃藩置県が始まって明治26年までは、神奈川県であった街だった。その後周辺の市町村と合併を繰り返して行き、現在では人口約42万人にも及ぶ市となっている。さて某店を出た後周辺のカフェでまったり。それでも時間がまだあったので、原町田中央通り商店街をしばし散歩したりしていた。すると乾物屋が多い事に気が付いて、そんな店舗を幾つか巡って冷やかしたりした。



また久々ゲームセンターにも入ったのだが、なんとやって見たかったアーケードゲーム機の「頭文字D ARCADE STAGE5」が置いてあり、しばしそのゲームを堪能した町田市内であった。そんなこんなで時間が来たのでこちらの入り口にやって来た。

昨年10月5日に町田市内のイングリッシュパブ「トラファルガー」の2号店となるラーメン店だそうで、トラファルガーのラーメンだからトラランとした店名になったらしい。その試作会のお誘いを受けて今回町田までやって来たのであった。

入り口ではそんな方々が既に何人か集まっておられ、丁度入店する所だったので、主催者の方にご挨拶してその後に続いた。

二階にある店舗のいわゆる空中店舗で、階段を上がって行くとこちらの扉だけがある建物であった。中へ入って行くと赤と黒のツートンカラーでまとめた店内となっていた。

奥から座って行き周囲を見ると、たまに出席させて貰う程度だけに知らない方が大半で、知っている方は有名大御所だけであった。

おちょこにまず鶏白湯スープだけが来て、飲ませて貰うと鶏オンリーのヘルシーな美味みが薫る、上品な仕上げがいい感じの美味しいもので、変わった魚介感が感じられたので確認させて貰うとゲソを利用しているそう。

その後でその鶏白湯による味噌ラーメンか塩ラーメンかどちらもかを楽しめるようになっていたが、塩分をつい気にしてしまい塩ラーメンだけで愉しむ事にさせて貰う事にした。

まもなくその塩らーめんがやって来た。なるほどかなりビジュアル性もいい感じで、それは美味しそうなラーメンであった。

口にすれば、さつま若軍鶏の丸鶏と2種の鶏ガラとモミジを利用しているそうで、そんな食材が持つまったりした雰囲気を醸しており、絶妙なうま味感が楽しめて気が付けば完食であった。麺にかなりのいい個性が漲っていて、鶏白湯との相性も良かった。いや、こちらもまた美味し、さつま若軍鶏ラーメンだった。

(左フォト) 塩らぁめん/店頭外観 (2010.02.21)※後編はこちら


 とららん

 住所:東京都町田市原町田6-11-7

 定休日:不定休  営業時間:11:30〜14:30/18:00〜21:00

 アクセス:JR横浜線・小田急小田原線、町田駅下車。小田急線出口そば。



喜劇らーめん食べ歩きTOP