東京タンメン トナリ 東京・上野





朝から今日はかなりの猛暑が予測されていて、思わずどこまで暑くなるのか心配になりながらも仕事に出掛けた八月葉月前半の週末土曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、なるほどまだ30度を下回っていないことが如実に判ったそんな夜の午後七時過ぎだった。

少し歩くだけで汗が噴き出して来て、当初予定した店は駅から離れているだけに、やはりやめにしようと思うほどの暑さだ。

そこでどうするかと思いついたのが、駅から歩かないと言うよりは上野駅構内のアトレで営業しているこちらであった。

そんなわけで電車が上野に到着して、こちらがアトレ上野内のどこに在るのか、判らないながらもとりあえずその場所を探した。

すると偶然見つけたアトレのインフォメーションで場所が判った。かなり前に訪れた一蘭とは、目と鼻の距離と言えるほど傍であった。

山下口を左手に出てまもない左側の場所で、上野公園側広小路寄りアトレ上野パークアベニューの通りの中にあった。

もう少し判り易く説けば不忍改札から出たら、まもない左手を下りて右に回り込んで進んだ山下口を出て左手のところ。

と言うことで店内に入ると右手に券売機があり、そこでタンメンとカラアゲがセットになったタンカラ880円のチケットを購入。

直ぐそばのカウンター席に腰掛け、チケットをカウンタトップに置いた。

隣接する舎鈴と共に2012年11月5日にオープンしたこちらで、営業はもちろんどちらも同じ株式会社松富士グループのラーメン店である。

直ぐ近くでは浅草開化楼と刻印が入った木製の麺箱が何段か積まれて、その上で座敷扇が首を振りながら店内の空気を撹拌していた。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、なかなかの持ち味がやはり素敵な、その名も東京タンメンと名付けられたそのタンメン。

もう4年も前にこちらの1号店が六厘舎大崎本店横でその兄弟店としてオープンして、その夏に東陽町へ移転してまもなくそこへ訪れたものだ。

その翌年には、丸の内店にも出掛けている。その後は昨年の4月17日に木場店、11月5日にこのアトレ上野店、大晦日12月31日に浅草橋店。

今年になって2月16日に大宮店、4月30日に高田馬場店、つい一昨日の8月8日には森下店がオープンしたばかりだ。

ちなみにトナリと言う店名は、名店・六厘舎の隣りで開業したことから名付けられた店名だ。カラアゲもやはり美味しく、気がつけば完食。

挨拶してこちらを出た後、周辺に本店があるあんみつみはしをその直ぐ傍で見つけ、思わず入店して氷クリームいちごを堪能。

それを口にして数分以上してから、やっと汗が止まった。いや、暑さでバテながらも、美味しく頂けたのが、その全てを物語っていた。

(左フォト) タンメン/カラアゲ/店頭周辺 (2013.08.10)


 東京タンメン トナリ アトレ上野店

 住所:東京都台東区上野上野7-1-1JR上野駅構内アトレ上野1階  

 TEL03-5826-5775  ※公式サイトはこちら

 定休日:年中無休  営業時間:11:00〜24:00(23:30LO)

 アクセス:JR上野駅構内アトレ上野1階の外で上野公園側広小路寄りパークアベニュー内にあり。

.

上野駅のアメ横寄りで営業しているこちらだ。

隣接する舎鈴と共に2012年11月にオープンしたこちら。

人気の濃厚タンつけもお奨め。

浅草開化楼の麺箱の上で、座敷扇が可動していた。

上野の人気甘味処「あんみつみはし」が直ぐそばに。

「あんみつみはし」の氷クリームいちごを堪能。