哲麺屋 東京・高円寺 ※閉店





通勤電車の中央快速線が飯田橋を過ぎる頃、さざめく水面に葉桜が映り込み春と言う名の舞台が安らぐ光景を造作していた四月卯月半ばの週末土曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、穏やかな気候で夜風が心地良い、そんな午後七時過ぎだった。

先月の10日から高円寺駅周辺にこちらがオープンしたことをつい先日知って、今夜辺り仕事帰りに立ち寄って見るかとなった。

福生市に本社を置く株式会社道とん堀は、お好み焼道とん堀と共に哲麺のFC展開もする企業らしく、今回そんなラーメン店哲麺と定食屋を掛け合わせた新業態店となるラーメン食堂哲麺屋だそう。

様々な定食類と共に、違うラーメンを二つ組み合わせたWラーメンがウリらしい。

なお2006年1月に哲麺の1号店を八王子にオープンさせ、以来多くの哲麺が誕生して来た。そんな哲麺だが、昨年からはそんなブランドを哲麺 縁として展開させているらしい。

そんなわけでまた高円寺で途中下車して、北口側に出て中通商店街を入り少し歩いた場所にあるその店頭へやって来た。一見すると某中華チェーン店と同じような雰囲気の店頭だった。

さっそく入店すると独特な席配置のこちらで、何処かに促されることもなかったので、右手のテーブル席が落ち着けそうだったのでそこへ腰掛けた。

幾つかのメニューをまとめて手にすると、麺類メニューとや定食メニューと共に、なるほどWラーメン専用のメニューリストが異彩を放って用意されていた。

最初は別のタイプのセットメニューにするかと躊躇したが、今までにもあまり見ない提供メニューだけに、この際だからオーダーして見るかとなった。

と言うことでその中で一番始めに紹介されていた、中華そば&豚骨醤油ラーメンのWラーメンをお願いすることにした。

すると豚骨醤油の方だけ麺の固さの確認があり、そこは直ぐ反応してカタメと言ってお願いした。その時に思ったことと言えば、豚骨醤油は後で食べれば丁度いい固さになるか、だった。

ちなみにWラーメンは塩ラーメンやタンメンに、豚骨味噌や豚骨醤油全部乗せと言う組み合わせのものまでラインナップされていた。なお替玉が50円で愉しめるようだ。

アルコール類も用意されているこちらだが、その一部の特定メニューをオーダーすると、サイコロ振って運だめしと言う企画が用意されていた。

ぞろ目が出たら1杯無料で、偶数目が出ても半額と言うサービスらしかった。また年中無休24時間営業のこちらで、と言うことは朝ラーメンしたくなったら気軽に愉しめるようだ。程なく到着。

半ラーメンが二つかと思ったが、それよりはやや多めのような内容量と言う感じのWラーメンだった。どちらもしっかりと具材が乗せられて二つとも素敵なビジュアルだ。

それではと先述したように中華そば側から行かせて貰えば、やはりなかなかボリューミーなWラーメン。

醤油ラーメンは黒胡椒を効かせた仕様で、豚骨醤油は三十一代目哲麺で口にした時と同じような白い豚骨スープにマー油を垂らしたスタイルのものだった。

結構な量なものの、食べ易い味わいのもので、気がつけば完食。こちらは直営店らしく、今後このブランドのFC店も増えて行くところだろうか。いや、なかなか素敵で良かった。

(左フォト) Wラーメン(中華そば&豚骨醤油ラーメン)/店頭/メニュー (2014.04.12)


 ラーメン食堂 哲麺屋 高円寺本店

 住所:東京都杉並区高円寺北3-1-14 SKビル1階  ※企業サイトはこちら

 TEL03-3336-7201  定休日:年中無休  営業時間:24時間営業

 アクセス:JR中央線高円寺駅北口下車。ロータリー左手前の高円寺中通商店街へ入り、40mほど
       進んで行った左側にあり。徒歩およそ3分。

.

ラーメン店哲麺と定食屋を掛け合わせた新業態店だそう。

サンプルショーケースが壮観のこちらだった。

Wラーメン、豊富な定食メニュー、替玉は50円。

中央にカウンター席があり、左右にテーブル席もあった。

サイコロ振って運だめしと言う企画が用意されていた。

2006年1月に哲麺の1号店を八王子にオープンさせた。