サッポロラーメン 天竜 東京・浅草橋



過去の出来事さえ投影してしまいそうなほど青く澄んだ空が広がる、そんな初冬の十二月師走上旬の休日木曜日だった。

二年前に一度訪れたこちらだが、しばらく前に長期休業に入ってしまった情報を知って心配していた。そう思っていると、少し前から再開したようで良かった。本日はそう遠くない周辺の何処かにしようと思っていたが、そう言えばそれならばとなってまたこちらへ出掛けることにした。

昭和41年頃に池袋で創業したこちらだ。夜営業が一時再開したこともあったようだが、休業明けからまた昼営業のみで再開したらしい。

そんなわけでJR浅草橋駅西口を降り立ち、改札を左手に出て前方の道路を少し左手に進めば、白地にラーメンの赤い文字が刻まれた暖簾が風情も良く店先で軽く揺れていた。さっそく入店すると常連さんばかりであろう、そんな先客で盛況な店内が広がっていた。

カウンター席へ腰掛けようとするとテーブル席へ逆に促されて、搬出口の場所なのだろうなるほどとそこへ腰を降ろした。厨房上の壁面に貼られたメニューから、こちらの定番メニューと言える味噌ラーメンとチャーシュー1枚でお願いした。

程なく後続客が続いたがやはり常連さんらしく、味噌1枚と告げてオーダーしていた。ここではチャーシューは枚数だけを告げれば済むようだ。

体調はもう大丈夫なのかお聞きして見ると、以前にも休業されたことがあったそうで、胸辺りを指して手術のため休業されていたことを教えてくれた。

店名の天竜は浜松の天竜地区を指すのか、はたまた天竜川全般を指すのか、今度来たときに確認して見ようと思っていたが、駒ヶ根のご出身だそうで後者の店名由来のようだった。程なく到着。

それにしても度肝を抜く、どでかいチャーシューと言えそう。厚みは概ね一cmぐらいだろうか。そして実に美味しい。気のせいか前回来たときよりもひと回り大きく感じた。

ほどよい濃度の味噌スープがまた良く、挽き肉にモヤシの具材のボリュームが素敵で、中太気味の麺もやはり素晴らしかった。気がつけば完食。いや、かなり絶大に果てなくとんでもなくとっても良かった。

(左フォト) 味噌ラーメン+チャーシュー1枚/献立表 (2013.12.04)


 サッポロラーメン 天竜 (てんりゅう)

 住所:東京都台東区浅草橋1-23-3  定休日:日曜・祝日  営業時間:10:45〜15:00

 アクセス:JR総武線浅草橋駅西口改札下車。西口改札を左手に出て前の道路を左側に少し歩いた
       右手にあり。






夏の煌めきが青葉を輝かせて、残暑らしい以前ほど勢いがなくなって来た陽射しが街角を照らしていた8月下旬火曜日の午前遅い時間だった。

昨日とあるマイミクさんのブログを見ていると、そんな中から大変に気になるラーメン店を見つけた。なんとJR浅草橋駅西口のそばと言うから驚きだ。

以前はしょっちゅう行き来していただけに、何時も素通りしていたラーメン店だった。来々軒が駅西口前にあってそこも未訪だが、その所為もあってなのかこちらのイメージがまったく湧かなかった。

そんなわけでそれならば行ってみようとなって、総武線電車に乗って浅草橋駅西口に降り立った。

さて歩くかと思えば既にこちらの前で、あまりにも来々軒の直ぐ近くだっただけにそうだったのかとなった。店頭を見てすぐ思い出したのが、サッポロラーメンのロゴもあって国立のすた丼の店だった。

中へ入って行くと開店まもない時間もあって、先客がテーブル席に一人腰掛けているだけ。女将さんに右手奥のテーブル席へ促されてそこへ腰を降ろした。

ネットの評判の良さを見て訪問した事を告げると、気持ち良く歓迎してくれた店主ご夫婦だった。そんなブログを参考にして醤油ラーメンに追加トッピングとしてチャーシュー1枚をお願いした。

昭和41年頃に池袋の方で創業したこちらだそう。池袋と言っても池袋駅前周辺ではなく川越街道界隈の住宅街の中にあったそう。ただ2年足らずで直ぐこの地に引っ越して来たのだそう。程なく到着。

今なら札幌ラーメンと言うと焼いたラードが入るのが本筋だが、昭和40・50年代に都内でそれを謳う殆どのお店はそんな事もない味噌ラーメンだった。

こちらもまたそのイメージを微塵も崩さない都内札幌ラーメン店と言えた。それもあって大量の湯気が立ち上がり、そのラーメン撮影は困難を極めた。

それではと行かせて貰えば、なるほど素敵なコクが実に味わい深い美味しさを示すもの。挽き肉を大量に使っていて、それも大きいのだろう。

柔らか目の中太麺が昭和中期らしさを語っていて、どでかいチャーシューが当時以降の流行を物語っているように感じられた。

並盛ながらとてもボリューミーで、オーダーする時に半ライスを注文するか少し悩んだが、頼まなくても適度に丁度いい程だった。以前は夜営業もやっていたようだが、現在では昼の営業のみのようだ。

中華店で夏と言えば冷やし中華だが、こちらも在り来りでないそうした冷やし中華を提供している様子。気がつけば完食。

いや、かなりとても良かった、そんなチャーシュー1枚入り醤油ラーメンだった。

(左フォト) 醤油ラーメン+チャーシュー1枚/店頭外観 (2011.08.30)