麺や樽座 東京・国分寺 ※閉店





計画停電を知らせる広報車が地元の駅前で区域が細分化された事とその時間帯を告げていた、青空からの陽射しが気持ち心地よかった3月も最終週となったその月曜日。

そんな今日も仕事が終わって外に出てケータイのニュースを見れば、都内の桜が開花した事を知らせていた午後8時過ぎだった。

最近知ったこちらのラーメン店では海老風味の味噌ラーメンがウリらしく、そんな味噌ラーメンの風情が気になる処となって会社帰りに訪れる事にした今夜だった。

そんなわけでまた国分寺駅で途中下車して北口に出て、今回は駅からいつもより少し歩いたこちらの店頭へやって来た。店内へ入ると直ぐ右手に券売機があった。

そこで件の海老風味の味噌ラーメンを予定通り選んで、350円と言う絶妙な金額の炙りチャーシュー丼があったので、そのボタンも連打した私だった。

お店の方が待ち受けていたので、チケットを手渡すとその方は素早く厨房へ身を運んで行った。店内は比較的広い方だった。

その少し前に券売機に「熊ラーメン」と表記されていたボタンがあったので、それについてお聞きすると黒いマー油が入った熊本ラーメンである事を教えてくれた。

中程まで進んでからハーフコートを脱いで、壁のハンガーに掛けてからその傍のカウンター席に腰掛けると、お店の方がさりげなく冷水を持って来て下さった。

3〜4人の先客が居る店内で、そこそこ流行っている雰囲気が見て取れた。ランチタイムには大盛等のサービスがある事が案内されていた。

2003年5月に八王子市明神町で創業したこちらで、その後2007年6月に小宮町、2009年2月に子安町にそれぞれ支店がオーブンしている。

そして本店だった明神町のお店が、昨年の3月末日を以て移転と言う事で閉店している。ちょうど今から一年前の出来事だったようだ。

2店舗体制と一時期なっていたが、その後この国分寺店が昨年7月にオープンしたものの、本店として機能しているのは小宮店らしい。程なく到着。

赤いラー油のようなものが多めに浮く赤味噌の比率が高そうな、そんな美味しそうなビジュアルの味噌ラーメンがやって来た。

それではと行かせて貰えば、なるほど海老の風情極まるモヤシも入った何処か札幌味噌的な面も感じるもので、海老の香ばしい香りが迸る香味油がしっかりと利いた風合いが美味しいものだった。

深海に生息する小型の桜エビをたっぷり利用したものだそうで、その赤い海老油がしっかり垂らされていた分、濃厚な味噌ダレに負けないで主張しており実に良かった。

鈴木製麺謹製らしい中太ちぢれの麺は、適度なコシで硬さも程よいもの。厚みのあるチャーシューも、脂感にいい感じがあった。

炙りチャーシュー丼は、美味しい分厚いチャーシューにマヨネーズがあしらわれたもので、濃いタレが掛けられてもいて実に美味しいサブメニューと言えた。

それはもう気がつけば完食だった。いや、とても美味し、味噌らーめんとサブメニューだった。

(左フォト) 海老風味味噌ら〜めん/炙りチャーシュー丼/店頭外観 (2011.03.28)


 麺や樽座(たるざ) 国分寺店

 住所:東京都国分寺市本多1-5-3第一佐藤ビル1階  TEL042-326-1325

 定休日:水曜日  営業時間:11:30〜24:00

 アクセス:JR中央線国分寺駅北口下車。正面の道路を右手に進んで行き、程ないマクドナルドが
       ある十字路を左折して300m程歩いた右側にあり。



喜劇らーめん食べ歩きTOP