名代柳麺 末廣 東京・上野広小路 ※閉店







初夏を思わせる青空から春の陽射しが皐月に入っていた事を物語っていた、5月上旬世間はゴールデンウィークが続く月曜日だった。

少し前に茨城のご当地ラーメンである水戸スタミナを提供するお店がJR神田駅の直ぐ下にオープンした。しかし何故かそう経たずして閉店してしまった。その店舗には南越谷に本拠地を持つ二郎系ラーメンがウリの「へーちゃんラーメン」のグループ店舗である事が謳われていた。

JRが管理するテナントだけに、そちらとの契約で何かあったのだろうか。それならば南越谷へ行けば、また神田スタミナにありつけるかも知れない。

そう思ったのも束の間、なんと2年くらい前から営業している上野広小路のラーメン店で、その神田スタミナを提供しているとして気になっていた。

しかしその後また何か変化が生じてしまうケースも考えられたので様子見していた私だった。そんな折りへーちゃんグループの方とマイミク同志にならせて貰った事があって、ちょっとしたきっかけからこちらへ訪れる事にした本日だった。

そんなわけで秋葉原で山手線電車に乗り換えて御徒町で下車。中央通りが上野広小路で向きを変える辺りにあるこちらの店頭へやって来た。

末廣と言えば以前は都内に数多く営業していて、最近どちらかと言えば支店を整理閉店させ縮小営業気味のラーメンチェーン店がある。

へーちゃんグループであればそちらとは関係無さそうに思ったが、醤油ラーメンに塩ラーメンに味噌ラーメンとあらゆる味わいを提供するその営業形態が似ていて、そこらへんをはっきりさせたいとも考えてやって来た。

振り向けば中央通りがよく見える位置の場所だ。店内へ入って行くと盛況な店内で、それでも空いていた数少ないカウンター席に腰を降ろした。

店内に入ったらオーダーする前に、とあるキーワードの言葉をお店の方に告げるようマイミクさんとあらかじめ打ち合わせしていて、約束通りその言葉を投げ掛けると直ぐご理解頂けた。そのマイミクさんは、こちらにはおられないそう。

何はともあれオーダーと言う事であらかじめ決めていた、神田スタミナラーメン汁あり中盛に、水ぎょうざとライスも一緒にお願いした。

そして徐に店名の末廣は以前から有るラーメンチェーンの末廣と同じかお聞きすると、その同じ末廣だと返事が返って来た。それは想定内だった。へーちゃんグループがFC契約を結んだ店舗を利用して、水戸スタミナを提供しているのだろうとその時点で理解した。

そんなところを確認すると、これが予想と大きく違って大変驚いた。なんとこちらの店舗こそは、35年前と言うから昭和51年頃に岩本町の馬喰町寄りで創業した「本格らぁめん末廣」なのだそう。その後銀座に支店を出し、訪問した淡路町店の他にも、錦糸町や飯田橋にも直営店を出店させて来たそう。

しかし現在ではこちらと神田駅近くの2店舗だけが直営店なのだそう。練馬や千駄木や練馬にも同じ店名の末廣が営業しているものの、そちらは10年以上修行した方だけに許される暖簾分けの別経営店舗だそう。ちなみに10年修行しないで営業するお店もあるらしい。

なおこちら自体は、へーちゃんラーメンとは会社は違うそうで、すると業務提携のようなグループなのだろうか。思わずそうだったのか、だった。

JR神田駅下にあった神田スタミナラーメンも、こちらの経営による店舗で、諸般の事情によりこちらの店舗で神田スタミナを提供しているらしい。なお神田店でも現在はこの神田スタミナラーメンを提供しているそう。程なく到着。

おお、玉子などサービスして頂いて、これがまたなかなかの迫力ある汁なしのビジュアル。水ぎょうざは来て知ったが茹でモヤシが添えられて、自家製辛味ダレがしっかりと掛かっていた。

中盛りの盛り具合にたじろぎつつ、それではと行かせて貰えば、もうとんでもない美味しさ。つい先日は本家松五郎さんが都内に進出。

そちらでは水戸スタミナを茨城スタミナと呼んでいるが、そんなスタミナの味わいそのままに実に美味しいもの。水戸市内人気店のえるびすで修行してそのレシピそのままの水戸スタミナ。

ニンニク不使用で臭みのないレバーやカボチャ等の根菜類を揚げたものを、独自のあんかけで絡めた水戸スタミナだそう。確か太麺は浅草開化楼で、その風情もなかなかだった。そう言えばそちらの人気メニューである、ペペロンチーメンらしきメニューが、こちらオリジナルらしいがあった。

なお汁ありのスープだがあちらは魚介出汁が前面に出ていたが、こちらはゲンコツ等の豚素材だけで鶏は使用しないこだわりがあるそうで魚介も一歩下げたものだった。松五郎本家は三四郎@大甕のような修行した出身者が茨城県内に数店舗営業している関係がある所為か、水戸スタミナを茨城スタミナと表現しているがもちろんそのスタイルは全く同じ。

そして辛味ダレが掛かった水ぎょうざが、またかなり良かった。自家製のタレだそうで、その絶妙な辛さと味わい濃度は誰でも魅了される事だろう。水戸スタミナと言えば汁なしだが、汁ありのファンも実に多い。気がつけば二郎並みの内容量ながら、そこは残す事無く爆完。

神田スタミナ提供店は、本格らぁめん末廣旗艦店だった。 いや、とっても美味しかった。

(左フォト) 神田スタミナ汁あり中盛/水ぎょうざ/もはや伝統/店頭外観 (2011.05.02) 


 名代柳麺 末廣 黒門町店   ※公式サイトはこちら

 住所:東京都文京区湯島3-39-1武南ビル1階  TEL03-3831-7602  定休日:無休

 営業時間:平日11:30〜翌1:00/土曜祝日11:30〜17:00/日曜11:30〜19:00

 アクセス:東京メトロ銀座線上野広小路駅下車。A4出口から出て中央通りを秋葉原方面に進み、
       まもない右路地を入って少し歩いた右側にあり。秋葉原周辺拉麺MAPはこちら



喜劇らーめん食べ歩きTOP