麺や そめいよしの 東京・神田





青空にバランス良く白雲が点在して、真夏の陽射しが容赦なく街角に注いでいた、夏色煌めくそんな八月葉月半ばの休日火曜日だった。

ネットで神田駅周辺のラーメン店を探している内に見つけたこちらで、駅からやや歩くこともあって、休日を利用して訪れることにした。

そんなわけでJR神田駅西口に降り立ち、前方の西口商店街を歩いてこちらへ向かって行った。駅を中心にこの周辺にも沢山のラーメン店が営業している界隈だ。

その商店街を抜けて出口前の大通りの横断歩道を渡り、さらに20mほど直進すると、こちらが風情も良く佇んでいた。

さっそく入店すると券売機が直ぐ目立つ場所に置いてあり、そこでほぼ予定通りに味玉塩ら〜めんを選んだ。

サイドメニューもこの際だから行くかとなって、本日の日替わりご飯であるホタテ釜飯が気になりながらも、炙りチャーシューご飯のボタンを連打した。

振り向くと中ほどのカウンター席が空いていたので、そこに腰掛けながら目の前のお店の方にチケットを手渡した。

店頭には豊華食品特選小麦粉使用と刻まれた木板が掛けられ、券売機には国産小麦そめいよしのが利用されている旨が記されていた。

麺創房さくら@西荻窪出身の方が独立して、2013年3月18日にオープンさせた、まだ比較的新しいラーメン店のこちらだそう。

麺創房さくらと言えば、吉祥寺勤務時代に行こうと思い訪問リストに加えていたが、店頭に立ったことはあるものの入店が果たせなかったラーメン店だ。

振り向くと壁面には、桜吹雪を模した絵が描かれていた。店名の「そめいよしの」の花言葉には、独立と働く女性と言う意味があるそう。

周辺オフィスで働く女性が、一人でも気軽に入り易いお店作りを模索しているらしい。

立派な公式サイトもあるこちらだが、最近は更新が出来ない状況となっているらしい。今年の4月から、食後のガリサービスを中止しているそう。

ふと見ると神社のお札が飾られているところに、アサヒビールが発行したアサヒ樽生クオリティセミナーの修了証が置かれていた。

ビールにも管理や提供のテクニックが必要なだけに、こうしたものがあるとビールも飲みたい方には安心して愉しめる気持ちになるだろう。

20食提供の夏期限定らしい冷し中華が用意されていたり、なるほどビールのおつまみメニューが結構色々とラインナップしていた。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、なるほどなかなかの持ち味が素敵な美味しい塩ラーメンと言えた。

厳選鶏ガラと10種類の野菜や鰹節に羅臼昆布や煮干しも利用して、濁らせないよう注意しながら弱火で10時間じっくりと煮出した化学調味料不使用の優しくこくのあるスープらしい。

茨城県産ローズポークらしいチャーシューも実に美味しく、それに微塵切りの玉葱がたっぷりと入った炙りチャーシューご飯もなかなかかとても良かった。

それだけに、気がつけば完食。いや、かなりなかなかの美味しさで、実にとっても良かった。

(左フォト) 店頭と周辺/味玉塩ら〜めん/炙りチャーシューご飯 (2014.08.19)


 麺や そめいよしの

 住所:東京都千代田区内神田1-18-2 miwaビルディング1階  ※公式サイトはこちら

 TEL03-5577-6466  定休日:日曜・祝日  営業時間:平日11:00〜23:00◆土曜11:00〜21:00

 アクセス:JR山手線神田駅西口下車。外に出て前方の西口商店街をずっと歩いて行き、大通りの
       横断歩道をさらに直進して20mほど歩いた右側にあり。



最寄り駅はJR神田駅だ。

西口商店街を通り抜けて行くと判り易い。

麺創房さくら出身店主が2013年3月18日にオープンさせた。

こだわりや店名由来が判りやすく案内されていた。

壁面には桜が咲き乱れていた。

神社のお札と共にアサヒ樽生クオリティセミナー修了証。