新東洋 東京・上野







そよ風が少し前よりは過ごしやすい季節を感じさせて、青空からの陽射しさえも幾分和らいでいるような、そんな世間はお盆休みの八月葉月半ばの水曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、それだけに夜はさらに穏やかで過ごし易いそんな午後七時過ぎだった。

実はつい先日の話しだが、ミクシィを通じて千葉ラーメンフリークのマイミクB氏からメールを頂いた。最近私が上野周辺に出没していることを挙げられて、それならば是非ともお奨めしたい中華店があるとのこと。

さっそくご紹介頂いたその店をネットで調べて見ると、なるほど即座に気になり御礼の言葉を返してその訪問を堅く誓った次第であった。

それが今回の台湾料理店で、アメヤ横丁で現存する一番最古の店舗のこちらだそう。

と言うわけでまた上野駅不忍改札を抜けて不忍口に降り立ち、正面の横断歩道を渡る。そしてアメヤ横丁を入って進んで行った。

ふと見上げると岩手・北三陸で海女を目指すストーリーで知られる、NHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」がこのアメヤ横丁もその舞台となっており、そのことを紹介する横断幕が張られていた。

「じぇじぇじぇじぇ、オラー、アメ横が大好きだー」と言うことらしい。奥へ進むと夜8時過ぎだけに、そんなアメヤ横丁のほとんどの店はシャッターが閉められ暗くなっていた。

戦後まもない頃に闇市としてスタートしたアメ横で、400mの道路におよそ400軒以上の店がひしめく上野の顔と言えそうだ。

その正式名称はアメ横商店街連合会だそう。昭和57年にアメ横センタービルが完成しているが、その昔そこには国鉄の変電所があったらしい。

しばらくそんな暗いながらも、人の通りは少ないアメ横を歩いて行く。すると二つ目の派手で大きな電照アーチの手前にあるジーンズショップアメリカ屋610の前に到着した。

この店の奥の通路に、こちらの入口があると言う。客のフリしてそのジーンズショップに入る。何度か入ったことのある店で、確か以前何かしらの買い物をした気がする。

ジーンズショップも、結構前からある店だ。そこを抜けると中ほどに通路があり、なるほどこちらの電照看板が据えられ、そこに上へ上がる階段の上には小さく台湾小菜・新東洋と表記されていた。

そこを上がって行くと台湾料理店らしい、エキゾチックな雰囲気に包まれたフロアが広がっていた。アメヤ横丁で一番古い店で、今年で57年経つらしくすると昭和31年頃に開業したところだろう。

上へ昇り切ると、盛況な店内が待っていた。広いフロアだが中央辺りに段差があって、しかもそれが4段と言う高さでその広さをやや狭くしていた。

段差下側窓寄りのテーブル席に促されて、すぐ傍に紹興酒がある場所に腰掛けた。メニューをしばし眺めている内に、ランチタイムとこの時間では提供する内容が違うことに気づかされた。

少し悩んだ後で、ローメンと手作り餃子をお願いした。すぐ横はガラス腰に階段が見えて、中国的な装飾が施された満艦飾な提灯や織物がその上部に飾られていた。

そう言えば階段上辺りには、芸能人のものだろうかサイン色紙が二つだけあった。そこでよく見ると、その一枚はダチョウ倶楽部の上島竜兵さんのものだった。程なく到着。

ローメンと言えば長野・伊那地方で伝わる麺料理だが、それ自体を口にしたことは無いが、こちらのものは中華麺の上に野菜が溶き卵が入った瀞み豊かな餡かけがたっぷりと掛けられたもの。

麺の下にはスープが入っておらず、白い麺を餡かけに馴染ませながら口にして行くもので、どちらかと言えば前半は五目餡かけ焼きそばに近いものがあった。

とは言えその餡かけは醤油スープ自体に瀞みをつけた感じで、何ともラーメンのような味わいとなっていてなかなか実に美味しいものと言えた。いや、かなり旨い。

しばらくしてから、手作り餃子がやって来た。卓上に醤油など餃子に付けるものが無かったので容器と共に来るのかと思っていたが、それは来ないで見るとその餃子に全てが振りかけられていた。

フォトだと判りにくいが、目の前で見れば判る何とも美しいそのスタイル。こちらも口にして行くとこれまた泣ける美味しさとはこのこと。プリプリした食感と肉餡の質感もかなり良かった。

熱々の餡かけ焼きそばに熱々の手作り餃子で、思わず冷たいスイーツを口にしたくなり、300円と比較的手頃だったこともあって杏仁豆腐を追加オーダー。

この時間帯の所為かシンプルで飾り気のないものがやって来たが、口にすればそのビジュアルと違ってかなりとても素敵で美味しかった。

気がつけば完食。いや、かなりとんでもなく実に果てなく、とっても実に美味しかったそんなローメンと手作り餃子と杏仁豆腐だった。

(左フォト) ローメン/手作り餃子/杏仁豆腐/中央通路にある入口 (2013.08.14)


 台湾小菜 新東洋 (シントウヨウ)

 住所:東京都台東区上野6-10-2アメヤ横丁内JR高架下2階  TEL03-3831-8822

 定休日:年中無休  営業時間:11:00〜16:00/17:30〜23:00

 アクセス:JR上野駅不忍改札不忍口下車。正面の横断歩道を渡って右寄りのアメヤ横丁を入って
       行き、二つ目の派手な電照アーチの手前にあるジーンズショップアメリカ屋610奥にある
       通路に2階へ上がる入口あり。店舗は位置的には丸安商店真上の場所。

.

NHKのテレビ小説で、脚光を浴びるアメ横商店街。

そのアメ横で一番古くから営業しているこちらだ。

店内に大きな段差があり二分されるフロア。

紹興酒についての薀蓄が大きなボードで紹介されていた。

フォトで判り易いメニューで、麺類のほか点心も豊富。

アメ横通り沿い丸安商店真上の場所にあるこちらだ。