らーめん 佐とう 東京・渋谷
※三軒茶屋に移転





昨夜の通り雨では真夏の気温を下げるには厳しいだろうが、それでもそろそろ暑さも峠を越した感もあった7月下旬週明けの月曜日だった。

そんな今日も仕事が終わって外に出れば、滴が空からぽつりぽつりと来ていた午後9時過ぎの夜の渋谷界隈であった。

少し前に訪問したこちらだが、前回は気まぐれで塩ラーメンを口にしたものの、やはりウリは豚骨醤油のようで、そちらの方で今度は行ってみたくなって訪れる事にした今夜であった。

そんなわけで雨が強まる気配もない天候のなか店頭へ到着した。券売機で豚骨醤油らしいらーめんに、肉めしのサイドメニューのボタンも連打した。チケットを手渡すとカウンター席の奥に促されて、コップが置かれていた場所に腰を降ろした。

実は千葉県船橋市で営業していた経緯のあるラーメン店ではないか?と言う情報があり、ちょうど店主がおられたのでそこら辺の事をお聞きして見た私であった。

するとそんな事は無いそうで、以前は横浜の某家系ラーメン店で修行しておられた身だったそう。どうやら違っていたようだった。程なく到着。

おお、大判の四角い海苔が2枚ほど突き刺さっていて、大きめのチャーシューが麺の上に横たわり、ほうれん草が添えられ鶏油の香りが迸るそんな家系ラーメンがやって来た。

それではと行かせて貰えば、コク味豊かな味わいのある豚骨醤油の横浜ラーメンで、圧力をかけてげんこつの旨みを抽出しているそう。

炊き出しを終えて寸胴鍋の蓋を開けるとそんな重い筈の骨が浮いているそうで、しばらくするとやがて下へ沈んで行くらしい。

こだわり高い醤油を吟味して和風食材をたっぷり利用し、うま味調味料の使用を極力抑えているそう。たしかにその分インパクトは少ないものの、ふくよかな味わいが心さえも豊かな面持ちにさせてくれた美味しさだった。

肉めしもニンニクの風味が映って解された豚肉で、味噌も染み込ませていて茎わかめが食感を愉しくさせ癖になりそうな良さであった。サービス惣菜としてカウンタトップにタクワンが置いてあり、これがまた美味しく周辺のサラリーマンの方々にも両方とも好評なのだそう。

風情のいい中太の麺は、平塚にある麻生と言う製麺所に特注したものを使っているそう。もうそれは美味しい家系ラーメンで、気がつけば完食だった。

体調を崩し易い時期だが、そんな時こそ暖かいラーメンが体にいいらしい。いや、こちらもイケていたラーメンであった。


(左フォト) らーめん/肉めし (2010.07.26)





やや気温が下がって静かに雨が降り出していた午前中だったが正午前にはその雨も上がって、ここしばらくは晴天が続く天気予報に梅雨入りはまだ先だった、6月水無月前半の水曜日だった。

今日も仕事が終わって外に出れば、午後9時過ぎの穏やかな夜の渋谷の街角が広がっていた。

そうした今夜は、こちらもまた周辺店に訪問した際に見つけたラーメン店で、少し前から気になっていたので入店する事にした。

そんなわけでまた明治通り右手の歩道を恵比寿方面へ進んで、400m程歩いた場所にあったこちらの店頭に到着した。

ムジャキフーズさんのトラスト方式を利用して開業した、店名通りの佐藤店主が手掛ける、昨年の9月にオープンしたラーメン店だそう。

今風な和の面持ちが、人を和ませる店頭だ。数人の先客がいる店内へ入って行くと、直ぐ左側に券売機があり、その前へおもむろに立った。

濃厚豚骨醤油がウリのこちらだが、ふと見れば塩らーめんのボタンがあり、それもいいかもと、それの中盛りを選んで味玉のボタンも連打した私だった。

先客が入り口周辺に何故か固まっていたので、空いていた奥まで行ってからカウンター席に腰を下ろして、チケットをそのトップにおいた。

麺・味・油の好みを調整出来るインフォに、とりあえずと言う感じで、麺柔らか目だけをお願いした。程なく到着。おお、キャベツの緑や紅ショウガの赤が、ラーメンのビジュアルを栄えさせる感じがいい。

特注の圧力型の寸胴を利用しているそうで、そんな所為の油感なのかじんわり目の風情が在るもので、塩気も立っておらずその分良かった。

柔らかくして貰った中太縮れ麺も、麺本来の小麦粉感がその食感を更に豊かにしていた。気が付けば完食。いや、これは良かった。


(左フォト) 塩らーめん中盛+味玉/店頭外観 (2010.06.09)


 らーめん 佐とう

 住所:東京都渋谷区渋谷3-15-2 TEL03-3797-6981 定休日:無休 営業時間:11:00〜22:00

 アクセス:JR渋谷駅東口下車。駅前陸橋を上がって明治通り恵比寿方面右手の歩道に降りて
       400mほど歩いて行った右側にあり。



喜劇らーめん食べ歩きTOP