らーめん山頭火 渋谷店 東京・渋谷



夏の彩りが描かれ始めた無地のキャンバスを見るような時季の、そんな今日も好天の6月半ば土曜日であった。仕事が終わって外に出れば、そこは風光る午後8時過ぎの渋谷の街角だった。

何度となく耳にする有名店のこちらだけに、渋谷にもその支店があるのであればやはり行かねばとなるもので、やや遠いだけに土曜日なら帰宅アクセスに比較的余裕がある曜日として訪問する事にした。

そんなわけで、またまた明治通りを恵比寿方面へひたすら歩いて行く。そう言えばそんな明治通りは工事の真っ最中で、中央分離帯がやけに広いなと思ったら先日触れた東急東横線の地下鉄連絡線のそれで、そうかこの下を走るのかだった。

それも並木橋交差点に近付いて行くと工事が終わっており、綺麗になったアスファルトの上を自家用車が走り去って行った。そんな車を見送った後で、こちらの店頭が見えて来て、上野界隈でも見た店名ロゴの前にやって来た。

中へ入って行くとお店の方の挨拶に迎えられ数人だけが座る先客の合い間に腰掛けると、冷たそうな滴の付着した冷水が入ったコップが目の前に置かれた。

店頭でつけ麺のインフォがあったので、その気になって大盛麺量が300グラム程度だと言う事を確認してから、その大盛麺量でお願いした私だった。

本来ならラーメンと言うべき所だが、さっぱり系で行きたくなった次第だった。閉店してしまった上野店とは、どこかまた違った雰囲気の店内。程なく到着。

おお、ビジュアル的にもいい感じで、これはなかなかあっさりしていそうで、ニーズを理解している所からして流石だった。

それではと行かせて貰えば、低加水気味の中太麺がまるで日本蕎麦のもりそばを思わせ、そのつけ汁は鰹が香って来て、酸味に刻まれた爽やかな紫蘇の葉が入りつつ、チャーシューが多めに味玉が一個ボンと入っていてボリューミーで計算されたシフトがいい感じだった。

ここ最近は国内に40店舗近くを有するこちらだそうで、海外にも多くの支店を持つようだった。こちらの支店は原宿など数店を経営するFC店だそうで、直営店はこの周辺だと、五反田店がそうらしい。

加水が低い分麺量がこれまた良かったが、さっぱり感があっただけ気が付けば完食であった。スープ割りもそこに終始していた。いや、さっぱりを楽しみたかったのでちょうど良かった。

(左フォト) つけ麺大盛 (2010.06.11)


 らーめん山頭火 (さんとうか) 渋谷店  ※公式サイトはこちら

 住所:東京都渋谷区渋谷3-13-7 TEL03-3797-3500 定休日:無休 営業時間:11:00〜24:00

 アクセス:JR渋谷駅東口下車。駅前陸橋を上がって明治通り恵比寿方面左手の歩道に降りて
       370mほど歩いて行った左側にあり。



喜劇らーめん食べ歩きTOP