らーめん 山頭火 東京・中野 ※閉店



見上げた空は斑模様の曇り空だった、いよいよ地上アナログ放送最終日を迎えた、一時の涼しさもいつも通りの暑さとなって来た7月下旬のそんな日曜日。仕事が終わって外に出れば、また変わらない今夜だった。

立川へ通勤するようになって中野にも随分途中下車しているが、そんな折りサンモールを歩く機会も多く、そんな事もあってこちらも気になっていたので今回入店する事にした。

昨年は渋谷が勤務先だったので、その周辺にあった渋谷店を訪れた。以前秋葉原時代に今は閉店した上野店でラーメンを何度か食しもしたが、それ以前にもこうして食べ歩く前に数度食べた事もあった。

なんともクセになる味わいがあるラーメンと言えて、なんだかそんなこちらのラーメンを久々口にしたくなったのかも知れない。

そんなわけで中野サンモールを歩いて行き、中ほどの右手にあるこちらへやって来た。

入店すると直ぐ右側に券売機があり、そこで塩らーめんと柔らかとろ肉丼のそれぞれのボタンを久々に連打。少し奥まで進んで腰掛けながら、チケットをお店の方に手渡し麺柔らかめとお願いした。

先客が数人程度だったが、私が入った後に後続客が続いて俄かに活気づく店内。入口の券売機の前に菅野製麺所の麺箱がさりげなく置かれていた。程なく到着。

渋谷ではつけ麺を食べただけだったので、こちらのラーメンはかなり久々。それではと行かせて貰えばそれでもミルキーな感覚は変わりないスープに、加水低めの中細ちぢれが柔らかめにしてもその風情の良さは変わらずいい感じだった。

今まで口にして来た他の支店と比較すれば、若干甘味が強く感じられた中野店さんだった。チャーシューを持ち上げるとホロリと崩れるほど柔らかく、何はともあれ小梅の酸味がああ山頭火に来たなと思わせてくれた。

柔らかとろ肉丼も大きめのサイコロ状にカットされたとろ肉が多めに入って、とても美味しいサブメニューだった。気がつけば完食。そう言えば渋谷では風来居にも入店したがそこで塩らーめんを食しており、知らず知らずにそちらとも比較していた。ともあれ山頭火らしさがあって実に良かった。


(左フォト) 塩らーめん/柔らかとろ肉丼 (2011.07.24)


 らーめん 山頭火 中野店      ※公式サイトはこちら

 住所:東京都中野区中野5-59-6  TEL03-3319-3455  定休日:不定休

 営業時間:月〜木・祝日10:30〜翌2:00/金・土10:30〜翌3:00/日曜10:30〜24:00

 アクセス:JR中央線中野駅北口下車。サンモールを進んで行き、ブロードウェイ中程の右側にあり。



  2011.07.24 外を見ればサンモールの雑踏が目に入る。   2011.07.24 サンモール中程の右手にある中野店。



喜劇らーめん食べ歩きTOP