麺屋 侍 東京・立川

※アレアレア2ラーメンスクエア内時代。




今年の猛暑との気温差もあってか、立冬を迎えた今日の肌寒さが、なんとなくいつもより身に沁みた気がした11月前半の日曜日だった。体感温度とは、そもそもそんなものだと思う。そんな今日も仕事が終わって外に出れば、そんな寒さが募る午後8時過ぎであった。

ラーメンスクエアでまだ未訪問のお店があり、もちろん気になっていて、今夜はそうした一軒のこちらへ入店する事にした。第3回ラーメントライアウト春出店部門優勝、2009年10月第2回ラーメンバトル優勝などの実力があるこちららしい。

例によってエスカレーターを上がってフロアへ入り、右手奥に在ったこちらの券売機の前に立った。ひと昔前の博多ラーメン店であれば、豚骨ラーメン一色に染まるのが通常だったりするものだが、こちらは違っていて様々なラーメンのバリエーションに富んでいて、直ぐその全容が掴めない程であった。

そんなボタン群に圧倒されながらも、ともあれ選んで押したボタンは、一番人気のような付記があった、最上段左端の特製極味なる一番メインと言えそうなラーメンだった。そのチケットを手にして店内に入れば、入り口近くのカウンター席に促されてそこに腰を降ろした私だった。

なかなか盛況な店内のこちらながら、直ぐに接客案内係の方が来られた。麺の固さの確認に普通とお願いしてオーダーが通ると、傍にドリンクバーならぬサービス惣菜バーらしきスペースが在るこちらで、お店の方はその利用を勧めてから立ち去って行った。

博多ラーメン店と言えば、紅生姜や辛子高菜に胡麻や茹でモヤシなど多くのサービス惣菜が見受けられるが、時にはそれらが品切れだったり、たまには古すぎたりして、肝心の利用がおぼつかないケースがしばしば有ったりする。

しかしこうしてひとまとめにしておけばラーメン店側も管理し易く、そんなバリエーションも広げられ、圧巻な量にもなって手も伸ばしやすい感じに出来ようと言うもの。さっそく席を立ってそこへ行き、マカロニサラダがあったので、それを小皿に盛って戻った。

八王子市内にこちらの支店が10月22日にオープンしたばかりらしく、そんなインフォメーションが成されていた。程なく到着。いわゆる具沢山の特製ラーメンで、白濁した豚骨スープには多めの背脂が浮いて、九州直送らしいしなやかそうな極細麺が穏やかに泳いでいた。

それではと行かせて貰えば背脂がコッテリ感を演出しながらも、特製らしいタレの芳醇な旨味に冴え渡る瑞々しさがあって、味玉やチャーシューなどもいい風情だった。替え玉の対応もすばやく、満足のいく接客と美味しさであった。気がつけば完食。いや、なかなか良かった。

(左フォト) 特製極味/店頭外観 (2010.11.07)


 九州極味 麺屋 侍 - samurai -

 住所:東京都立川市柴崎町2-2-5 あすなろTビル1階

 TEL042-521-0521  定休日:年中無休  営業時間:11:00〜翌4:00(LO3:30)

 アクセス:JR立川駅南口下車。徒歩2分。



喜劇らーめん食べ歩きTOP