支那そば 菜華 東京・中野



セミのコンチェルトの音色がより豊さを増して来た、厳しい暑さが続く8月半ば週末の土曜日。今日も仕事が終わって外に出れば、また穏やかな夏の夜だった。

中央線沿線ラーメン激戦区の一つである中野の未訪問店巡りにスイッチが入った今夜で、けっこう気になっていたこちらへ訪れる事にした。

そんなわけでまた中野で途中下車してふれあいロードに出て、先日立ち寄った某店が事前告知休業しているのを横目に更に歩いてこちらの店頭へやって来た。

入店すると直ぐに券売機があった。特に決めてなかったが無添加天然醸造とあった文字に絆され、しょうゆらーめんを選んだ。

ご飯ものサブメニューも行きたくなり探すと、なんと白米が切れてしまったそうで、そうした系統のボタンは悉く売り切れの表示が点灯していた。それならばと大盛に味玉のボタンを連打。

そのあとでつけめん中盛サービスの案内を見つけてそっちにすれば良かったかと一瞬思ったが、やはりラーメンにしようと思い直してそのまま出て来たチケット3枚を厨房の方に手渡した。

先客ゼロの店内だったが、まもなく後続単身客が二人続いて俄かに活気づくこちらだった。先述の既訪店のように醤油ラーメンと支那そばが両方あるこちらで、支那そばは薄味になって細麺で提供しているいるのだそう。程なく到着。

なんだか懐かしい魚介感が迸る香り。それではと行かせて貰えば、こっちは平打ち中太ちぢれ麺。独特感の強い麺に自家製麺かお聞きすると製麺所に作って貰っているそうで、つけめんは全粒粉による麺だけにもっとクセがあってお奨めだと教えて頂いた。

こんな時大抵は麺は何処の製麺所か教えてくれるものだが、こちらでは意図的なのか教えて貰えなかった。何処なのかこうなると気になるところだ。魚介感はありそうでない独特な面持ち。

思いを巡らせて見るとそのコシの持ち味に店舗戦略性もあって浮かんだのは大成食品さんで、さりげなくその企業名を出すとやはり間違いなかった。気がつけば完食。いや、かなりとっても良かった。

(左フォト) しょうゆらーめん大盛+味玉/店舗外観 (2011.08.13)


 支那そば 菜華 (さいか)

 住所:東京都中野区中野5-55-3  TEL03-3389-2561

 定休日:月曜日  営業時間:平日11:30〜14:30/18:00〜23:00 ※土日祝日中休みなし

 アクセス:JR中央線中野駅北口下車。サンモールの中を進んで行き、ブロードウェイ手前の道を
       右折。進んで行った突き当りを左折して50m程歩いた左側。



喜劇らーめん食べ歩きTOP