六厘舎 TOKYO 東京・ソラマチ



★お土産つけ麺製作&実食紹介編 ※東京スカイツリー訪問編(他店)はこちら

本日は嫁さんと共に先日オープンしたばかりの東京スカイツリーを訪れた。展望台のチケットは取れずとも3年半の歳月を掛けて完成した、東京スカイツリーを下から見上げて見たいとして出掛けた次第だった。

そして出来れば、こちらの店内でつけ麺を食したかった。1時間程度なら並んでもいいかなと思ったが、来て見ればもちろんそれはきっと無理だろうと予測していた通り案の定50人以上並んでいて予定通りお土産つけ麺を購入。2食入り特製チャーシュー&味付メンマセット税込2400円を選んだ。

かくて東京ソラマチでは人が多いこともあって、ジブリのキャラクターグッズを購入したり、祇園辻利で和風パフェを楽しんだりした程度で帰宅した。

そんなわけで夕飯は、そのお土産つけ麺を私自身が製作。まずはつけ汁に使う容器にあらかじめ熱湯を入れて温めておく。角煮状のチャーシューとメンマも、熱湯を入れた小鍋でやはり温めていた。

新タマネギと白ネギを夫々微塵切りにして中型の皿に盛っておく。つけ汁のタレを溶かす熱湯は電気ケトルのものを利用。そしてひと通りの準備が出来たら、よくパスタを茹でる小型ズンドウで麺を15分茹でた。茹であがったら冷水でヌメリをしっかり取りながら皿に取り分けて盛って行く。

温めておいたつけ汁の容器にタレを入れて100ml程度の熱湯を投入して箸でしっかり溶かす。そこに角煮チャーシューを食べ易い大きさに切ったものを入れ、メンマは小鉢にセット。出来上がりである。

それではと行かせて貰えば、自分で作り上げただけに美味しいもの。角煮チャーシューが実に美味しいもので良かった。メンマも然りだ。

微塵切りの玉ネギと白ネギは入れて正解だったが、若干だけ六厘舎の味わいから遠ざかってしまったのが玉にきず。角煮チャーシューも、別皿で愉しんだ方が良いかも知れない。

半生つけ麺と言うことで東京駅ラーメンストリートの六厘舎TOKYOで販売されているお土産つけ麺とは違っていた。ともあれ麺はこちらも結構楽しめるものだった。気がつけば完食。いや、良かった。

(左フォト) 店頭外観/入口の売店 (2012.05.28) 


 六厘舎 TOKYO (ろくりんしゃとうきょう) ソラマチ店  ※公式サイトはこちら

 住所:東京都墨田区押上1-1-2東京ソラマチ6Fイーストヤード17

 TEL03-5809-7368  定休日:無休  営業時間:11:30〜23:00

 アクセス:東武線とうきょうスカイツリー駅・京成線他押上駅下車。東京ソラマチ6階にあり。



  2012.05.28 麺を茹で始めたばかりの時。   2012.05.28 お土産つけ麺の完成品。



喜劇らーめん食べ歩きTOP