台湾料理 麗郷 東京・渋谷







今日もまた雨が降り出して一日中降り続いていた、5月下旬週明けの月曜日であった。

仕事が終わって例によって午後9時過ぎ外に出れば雨がしばらく前に上がったらしく、大勢の人が歩く渋谷駅の周辺ながら傘を指す人は見当たらず、アスファルトもさほど乾いていない感じだった。

時に渋谷109の裏手側には道玄坂小路と言う裏路地があり、若い頃意味もなく渋谷の街を歩いた際に、何度となくその路地に入っては、ただ通過したものだった。

中ほどには三叉路があって、一方から来ては左右どちらかに振れて歩いて行った。そんな三叉路の角に、赤レンガの壁で覆われた一軒の台湾料理店が在る。

それがこちらで、20代の頃結構な確率で店先を通り過ぎたが、高そうなレストランと言うイメージが先行していて、当時ついぞ入店する事は無かった。

まさか仕事先が渋谷となって、晩飯でそこへ入店しようとは、当時夢にも思わなかった私であった。そんなわけである意味憧れの存在だった、こちらへ今回入店することにした。

店先近くにやって来て店舗を見上げれば、雨が止んだ所為で店名を表した青いネオン管が軽いモヤを映していた。そして濡れたレンガも、また風情が良かった外観だった。

その位置から建物全体を見渡せば赤いレンガの建物ながら、丸い窓もあって旅客船のように見えて、さながら目の前は舳先のようだった。

そんな事に改めて感心しつつ中へ入って行くと、初めて入った店内はビヤホールのように広く、雰囲気も奥に吊るされているものもあって、まさしくそんな感じだった。

いつもの癖で指を一本立てると、奥の厨房前にあるカウンター席に手のひらで促されて、その中央左寄りの椅子を選んで腰掛けた。

ネットで知っていたので驚きはしなかったが、目の前に沢山の腸詰めが吊されていて壮観な眺めにしばし見渡してしまった。メニューリストを開いてそこからとり肉細切りそばをオーダー。程なく到着。

おお、薄い黄金色のスープから太平縮れ麺が顔を出しており、縦長に削がれた鶏肉が多めにその麺の上に乗って刻みネギが散らされたものであった。これはなかなか美味しそうなそばだった。

それではと行かせて貰えば、麺はカン水を利用していないタイプの麺ながら、弾力は低いもののむっちりと跳ね返して来る麺で、鶏の香りが立ち込めるスープにも豊かな相性を示していた。

見た目は似ているが、日本式ラーメンとは明らかに違う麺なものの、味わい深いスープは中国料理店で見る鶏そばと同じで、その分変な違和感もなく愉しむ事が出来た。

この量なら中華ちまきも行けそうと、そばを口にしている途中でそれを追加してお願いすると、炊き始めたばかりらしく時間が掛かるそうで、バーワンならあるとの事だった。

初めて聞く料理にナニソレ?だったが、どうやら点心のようで、好奇心も手伝ってそれをお願いした。もう一度メニューリストを開いて確認すると、ちまきと同じ価格で「肉員」と言う文字が書いてあった。

目の前のソーセージ状の腸詰めにしようとも思ったが、それをオーダーしてしまうとビールも欲しくなってしまうので今回は我慢した。

程なくして来たバーワンは、肉まんのような形状をしたやはり点心らしきもので、その肉厚の皮は透明掛かっていてまるで葛ともち米を合わせた感じに近い食感であった。

中にはまさしく肉まんのような肉と野菜の餡が多めに入っていて、しっかりしたタレがついて実に美味しい点心であった。

追加オーダーをお願いしたお姉さんが気を利かせてくれて後から持って来てくれた、辛み調味料と合わせて愉しめば水菜もあってこれまた風情が変わってとても良かった。

とり肉細切りそば、バーワン共々実に美味しく、それはそれは気が付けば完食であった。

精算時にこちらの歴史を確認させて貰うと、昭和30年に開業した渋谷店だそうで、当時は現在のヤマダ電機周辺寄りの場所でスタートしたそう。

その場所の事を当時は恋文横丁と称したそうで、そんな一角でこちらも営業していたらしい。一時名前が渋谷から消えてしまった恋文横丁だが、最近またその周辺にその名前が復活した模様。

ネットでもその名を懐かしく語るホームページもあって、そんな横丁自体知らなかったが何とも風流な名前に微笑ましく感じられるものだった。

ちなみに進駐軍だった米兵が、女性たちに頼まれて英文のラブレターを代筆した事に由来するものだそうで、そんな出来事が小説にもなっているらしい。

そんな恋文横丁から、昭和55年頃こちらへ引っ越して来たのだそう。ふと見るとレジキャッシャーがかなりの年代物で、昔からこちらで大事に使用して来たものだそう。

(左フォト) とり肉細切りそば/バーワン/厨房前の腸詰め/店舗外観 (2010.05.24)


 台湾料理 麗郷 (レイキョウ) 渋谷店

 住所:東京都渋谷区道玄坂2-25-18  TEL03-3461-4220

 定休日:無休  営業時間:12:00〜14:00/17:00〜24:00 ※土曜日曜祝日は通し営業

 アクセス:JR渋谷駅ハチ公口下車。東急・東京メトロ渋谷駅地下通路に降りて出口1から出たら
       右手に80m程進むと右側にある右路地の道玄坂小路を入り三差路の場所にあり。



喜劇らーめん食べ歩きTOP