らーめん 大 東京・荻窪



青い表層から白く濁ったような霞みが大気と混じって青空を淡くさせて、陽射しはその分だけ勢いを失っていた三月弥生半ばの気分が新たになる月曜日。今日も仕事が終わって外に出れば、冷え込みも穏やかな午後八時近くだった。

ふと仕事帰りガッツリモードにスイッチが入り、久しぶり荻窪二郎へ行くかとなった。総武線電車に乗車して、荻窪で途中下車。先日訪れたばかりの某店の前を通り過ぎて行き、その店頭に立てば電光看板も店内も暗く、なんと臨時休業の荻窪二郎だった。

長期休業中なのだろうか「明日から営業します」と記されたメモ用紙が、入口のドアに走り書きのような字体で張り出されていた。以前にも確かこんな感じでフラれており、またしてもと言ったところだった。

さてどうするかとなった時に、荻窪駅からその荻窪二郎へ向かう途中にこちらが営業しており、これ以上の代替店は無かろうと入店することにした。

ラーメン二郎堀切店が独立して始めたラーメン店で、今や首都圏近郊にその勢力をかなり延ばしているであろうガッツリ二郎系と言えそう。ニンニク入れますか?のキャッチフレーズは、何を隠そう元堀切店が編み出したものだという。

FC店らしく元祖の文字は無かったが、ニンニク入れますか?の文字は店名とセットになって躍っていたこちらだった。店頭には丸山製麺の銘が刻まれた木板がぶら下がっていた。さっそく入店するとそこそこに盛況な店内で、左手に券売機があった。

油ラーメンというのがあり少し気になったが、やはり二郎系らしい醤油ラーメンの海に溺れたい今宵だったので、らーめんのボタンを選んで追加トッピングも行くかと味玉のボタンを連打した。中ほどまで進んでから、券売機から出て来たプレートをカウンタトップに置いて腰掛けた。

コールはやはり直前らしく、その旨が案内書きされていた。昨年の11月22日に、オープンした荻窪店だそう。以前の直営店である蕨店のレポートでも触れているように、この多摩周辺の同店はフランチャイズ契約店が多く、何処かの姉妹店だろうと察知していてお聞きしてみた。

下高井戸店と返って来れば直営店だが、2010年3月にオープンした三鷹店と同じ経営であることを教えてくれた。コールの段になり、脂増し以外の野菜多めニンニク味こいめを希望した。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、堀切系らしいラーメン二郎的な風情が実にたまらないもの。豚の風合いもそんな感じだったが、太麺は逆にカタメのシフトが印象的だった。気がつけば完食。らーめん大の中としては、西荻店の移転店舗となるこちらだそう。いや、かなり果てなく絶大に素敵だった。

(左フォト) らーめん+味玉 (2014.03.17)


 らーめん 大 荻窪店

 住所:東京都杉並区荻窪4-32-8パインマンション荻窪102  ※公式サイトはこちら

 TEL080-7936-3077  定休日:無休  営業時間:11:30〜翌1:30

 アクセス:JR中央線荻窪駅南口下車。線路沿いを中野方面へ進んだ左側、徒歩およそ4分。

.

フランチャイズ系らーめん大に元祖の文字無し。

入店してすぐ左手にある券売機。

無料トッピングに関する案内。