パパパパパイン 東京・西荻窪





-------------------------------------------------------------



ぐずついた天候が続いて雨雲が陽射しを隠していた7月も最終コーナーを迎えた金曜日。今日も仕事が終わって外に出れば、アスファルトが濡れていた今夜であった。

先日こちらを訪れた時はオープンまもない頃で夜8時で閉店していたが、最近はネットによれば夜9時まで営業している様子。それであれば、仕事帰りでも立ち寄れる事が出来る。そんなわけで時折り霧雨程度の雨が降り頻る中をこちらへやって来た。

パイナップルを前面に出したラーメンを提供する、渡なべ系店舗で修行した店主が営業するこちらで、店頭もまさしくそんなイメージで統一しており、見上げるとパイナップルの提灯がぶら下がってさらなるイメージアップを図っている店頭であった。

店先の券売機で予定通り夏期限定と付記されていた冷やしパイナップルラーメンを選んで、サブメニューがあればと思ったが腹の足しになるものはまだ何一つ無かったので、やむなく大盛ボタンを連打した私だった。

てっきり店主がおられるかと中へ入れば、初めて見る従業員の方が居て、お聞きすると夜は一足早く先に上がってしまう店主だそう。

西荻窪駅から直ぐ近くの場所にあるこちらだが、途中左右に同じ焼き鳥店が立ち並ぶ道を抜けなければ辿り着かない状況に危惧してお客さんの状況お聞きすると、ラーメンの激戦区もあって思った程お客さんは来ないそう。

サブメニューが無い事を嘆くと、オープン時に提供は考えたそうだが、パイナップルをあしらう前提の中で思うようなメニューが出来ないらしい。

思いつきで鶏の唐揚げが流行っているのだからそれにスブタ餡とパイナップルを掛けたご飯ものでも用意すれば、あっさり系ラーメンの店のサブメニューにはぴったりでしょうと進言してみた。

またパイナップルに特化するのであれば、生クリームにパインを挟んだフルーツサンドイッチや、この時期に集客が見込まれるフルーツパフェやかき氷もいいかも知れないと素人的に思った。程なく到着。やはりパイナップルが中央に据えられたこちららしい限定だった。

それではと行かせて貰えばラーメンスープの中にパイナップルジュースが しっかり入った塩ラーメンで、冷えているだけにこれが絶妙な美味しさを醸していた。中細麺も適度な冷たさもあって心地よいコシだった。

冷やしラーメンには豚チャーシューならぬ鶏チャーシューが辛みダレに和えて入っていて、その所為でそこそこの辛み感が生じて来てパインの酸味や甘味にスープがぼやける事も無く美味しかった。

気がつけば完食。いや、、しばしジメジメした外の気配を忘れさせてくれた、なかなか良かった美味し夏期限定冷やしパイナップルラーメンであった。

(左フォト) 夏期限定冷やしパイナップルラーメン大盛/夜の店頭 (2011.07.29)


 パイナップルラーメン屋さん パパパパパイン   ※下記データ(2011.7.29)情報更新

 住所:東京都杉並区西荻窪3-12-1日伸西荻プラザ1F  TEL03-3247-2181

 定休日:不定休  営業時間:11:00〜21:00

 アクセス:JR中央線西荻窪駅南口下車。南口を右手側に進んで行った左側にあり。


立川が勤務先となって総武緩行線電車と中央快速線電車を乗り継いで通勤してもうしばらく経ったが、訪問するラーメン店も現在そんな沿線に集中している。

そんな中にあってJR西荻窪駅の直ぐ近くに6月26日オープンしたばかりの新店は、渡なべ@高田馬場出身の方が始めたラーメン店だそう。

なんとフルーツであるパイナップルを、そのラーメンやつけめんに利用していると言う、大きな特長があるこちららしい。

醤油味と塩味があるらしく、オプションで用意する味付け玉子にもしっかりパイナップルの風味をつけているそう。もう気にならないわけがなかった。

できれば会社帰りに立ち寄りたい処だが、午後八時には閉店するらしくそれだと間に合わず、それならばと本日の昼時2軒目に訪れる事にした。

そんなわけで八王子のラーメン店からの帰り道、西荻窪で途中下車してこちらへやって来た。話題の新店らしくランチタイムを過ぎた時間ながら盛況な店内だった。

店頭の券売機で予定通りパイナップル塩つけめんに、パイナップル風味らしい味付玉子のボタンも連打。出て来たチケットを厨房におられる店主に渡して少ない空いた席に腰を降ろした。

店主は渡なべから独立して今回ラーメン店を開業させたのだそうで、可以@神保町のような渡なべ直営店では無いこちらだそう。

箸立てやナプキン立てに調味料の容器は、全てパイナップルをあしらったデザインのもの。パイナップルで作ったワインもグラスで400円で楽しめるらしくカウンターに置いてあった。程なく到着。

暖かいラーメンとは違うつけめんだけに、フルーツであるパイナップルが具材として入っていても、それほどそんなに違和感もなく楽しめた。麺は風情からして三河屋製麺かなと思ってお聞きすれば、その通りだそうでそこは面目躍如なところであった。

渡なべで長い間修行していた店主だけに、パイナップルのアロハを着ていた姿を見た時はなんともだったが、口にして見れば実にしっかりした味わいを醸す美味しいつけ麺で良かった。

ここ数年多くのラーメン店がしのぎを削っており、特長を打ち出して心に残る戦略が必要となっており、こうした普段ラーメンに入らないパイナップルを入れて見るのも確かに面白いと思う。

特徴が無いそんなパッとしないお店が多い中、これだけパの文字がパパパパパと並べば、さぞかしパッとする事だろう。スープ割りは和ダシとパイナップルスープがあるそうでそこは和ダシで楽しんだが、これがまた美味しかった。気がつけば完食。いや、なかなか良かった。

(左フォト) パイナップル塩つけめん+味付玉子 (2011.07.04)

  2011.07.04 パイナップルの調度品が多い店内。   2011.07.04 フルーツであるパイナップルがラーメンに入るこちら。


喜劇らーめん食べ歩きTOP