秘伝 大島ラーメン 東京・渋谷



夜半にまとまった雨が降ったのか、自宅周辺は水たまりが出来ていてその雨もとうに止んでいて、そこに映る景色は夏の気配しか感じられなかった7月上旬の日曜日だった。

そして、今日も仕事が終わって外に出れば、午後8時過ぎの夜の渋谷の街角が広がっていた。

先日勤務先周辺の某店へ訪問した際、偶然こちらを見つけてそのうちに行こうと思っていたが、特に何処とも決めずに歩いていたら、ちょうど目に入ってそれも悪くないなと入店する事にした今夜であった。

湯島に本店があるこちらで、二年前に訪問した際、こちらについて色々と触れたものだった。その店頭の場所は直ぐに判ったが、さて入口はどこだろうとビルの中に入って行けば、奥に入口のドアがあったこちらであった。

その中に進めば、赤提灯ぶら下がるアルコールを楽しむには持って来いの店内で、先客の団体さん等もそちら目的の入店客で、盛り上がって祝盃を上げている最中であった。

入口辺りのカウンター席に促されてそこに腰掛け、ファミレス調のメニューを広げてそこから大島ラーメンの醤油味と、焼き餃子らしい大島餃子5個をそれぞれオーダーした。

直ぐ居酒屋の突き出しのようなモヤシのサービス惣菜がやって来る。笑い声が奥から聞こえて来た。程なく到着。そのビジュアルは、ほぼ湯島本店に近い雰囲気のものだったが、何処となく風情は違うように感じられたがこちらの風合いもいいものがあった。

具が多めに乗る支那そば風の醤油ラーメンで、口にして行けば比較的スパイシーな持ち味があった。スープには、豚骨・鶏ガラ・アジ干し・鰹節・野菜に秘伝の油を加えたものだそう。麺は上質な小麦粉に、新鮮なたまごをたっぷり加えた玉子麺らしく、豊かなコシがいい感じだった。

焼き餃子は羽根がたっぷり付いたもので、あらかじめ大根おろしにカラシが添えられた小皿が来ていた。そこに醤油を垂らして掻き混ぜたタレで餃子を楽しむのがこちらのスタイルだそう。

実際に頬張って食して行ったが、これがこの季節にぴったりと言えて、さっぱりした感じがとても楽しめた焼き餃子であった。

店頭にラーメンの文字と同じくらい餃子の文字が躍っていて、思わず餃子もオーダーして見たが結構美味しい餃子で良かった。

(左フォト) 大島ラーメン醤油/大島餃子5個 (2010.07.04)


 秘伝 大島ラーメン 渋谷店  ※公式サイトはこちら

 住所:東京都渋谷区道玄坂1-7-10   TEL03-3780-5758

 定休日:無休  営業時間:11:00〜5:00※金曜〜6:00/日曜祝日11:30〜21:00

 アクセス:JR渋谷駅西口下車。ロータリー奥の東急プラザ右手の通りを入って行き、五差路を
       さらに直進して程ない左側にあり。



  2010.07.04 渋谷駅前ながら、人通りの少ない店舗周辺。   2010.07.04 餃子の文字が目立つ店頭。



喜劇らーめん食べ歩きTOP