ラーメン おおむら 東京・吉祥寺南口





-------------------------------------------------------------





-------------------------------------------------------------





青空から爽やかな陽射しが燦々と注いで、朝方の通勤電車からは久しぶり富士山が見えていたが、昼過ぎに悲しくも名優だった高倉健さんの死去が伝えられた。心よりご冥福をお祈り申し上げます。

そして夜になってから安倍首相より、消費税10%の先送りと衆議院を解散することが表明された十一月霜月中旬の火曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、穏やかでやや涼しい夜風がそよいで、それでも何処か冬めくそんな午後七時過ぎだった。

以前に勘九郎へ連れて行って下さった社内の方と久しぶりまたラーメンと言うことになって、ふとこちらがとっさに思いつきお誘いしてその店頭へやって来た。

すると店内は今夜も相変わらず盛況なこちらで、他店に流れるしかないかと諦めかけた。

するとお店の方が我々に気づいて、先客のご協力で席をずれて頂きカウンターに二席が空いて、そこに座れることが出来た。

私は例によってこちらの定番メニューと言える、ラーメン半チャーハンセットをオーダーすることにした。

しばらくするとさらに二人連れの後続客が来店して来て、また違う方々が協力してくれて席が空いてを繰り返すそんな店内だった。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、まさしくこれ以上はないのではないかと思うくらい、何ともホッとさせてくれる感覚が実にたまらないそんな昔ながらのあっさりとした中華そば。

もう毎日食べても飽きない感じで、嫌味もしつこさもくどさもことごとく無い、それは優しい味わいの醤油味のスープで、それでいて物足りないと言うことがないのがいい。

麺も中細ちぢれながら主張して来ない、そうした仕様の麺の風情がまた良かった。その柔らかさもまた絶妙で素敵だった。

チャーハンもまた同じで飯量が多いとは言えないものの、満足度が高く好きな風合いと言えた。

それだけに気がつけば完食だった。一にも二にも「過ぎたるはなお及ばざるが如し」と語って来そうなラーメン半チャーハンセットだった。

いや、かなりとんでもなく、何処までも果てなくとても良かった。

(左フォト) ラーメン/セット半チャーハン (2014.11.18)


 ラーメン おおむら

 住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町1-3-1吉祥寺駅前井口ビル1階  TEL0422-44-8518

 定休日:無休  営業時間:11:30〜23:00から24:00の間 ※土日曜は更に営業する場合あり。

 アクセス:JR中央線吉祥寺駅公園口下車。外に出たら前方のビル1階にあり。


青く澄んだ空から燦々と陽射しが注いで、久しぶり富士の白い峰が遥かに見渡せた、冷え込んで震えそうなほど寒い三月弥生上旬の週末土曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、冷え込みが和らいで穏やかな気温の午後八時過ぎだった。

今夜は残業に思った場所へ行けず、ともあれこちらにもまた訪れて見たかっただけにそれならばとなって立ち寄ることにした。

以前は立川勤務時代に途中下車して訪れたものだ。

そして現在は勤務地が吉祥寺なだけに電車に乗ることなくその店頭に立てば、不思議とその店との距離感そのものが変わっていたことに気づかされた。

それはある意味親近感にも似た距離感となっていて、扉を開けて中へ入ると一度訪れているだけに心安らぐ空間となっていた。

入口のガラス戸右手に以前はなかった黄色いビジュアルインフォが貼り付けられて、そこには「昔ながらの」と言う言葉が躍っていた。

先客が半分ほどの席を埋めていて、奥とを繋ぐ通り道のような場所のカウンター席辺りしか空いていなかったのでそこに腰掛けた。

メニューに気を巡らす余裕もなかったので、一足早く入店した先客が口にしたオーダーを真似するようにラーメン半チャーハンと言ってお願いした。

色々とネットで調べて見ると、やはり吉祥寺駅公園口前の老舗中華店らしく、かなり前からこの地で営業している様子だった。その定番メニューは、ラーメン・半チャーハンと言う。

後続客が続かず先客が数人精算を済ませて帰って行き、お店の方の緊張の糸がある程度緩んだ雰囲気が店内に流れていた。

これ幸いとさりげなく開業してどれほどかお聞きして見ると、もう四十数年であることを教えてくれた。

すると昭和46年前後辺りの創業年と言ったところだろう。すると女性の方が吉祥寺では古株である方だと言葉を付け加えてくれた。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、以前の方と作り手が違うようで、チャーハンはやや硬めの仕上がり感があるものでまた違った味わいだった。

ラーメンもまた以前と何処か違っていたが、こういうあっさり加減も悪くないなという印象が持てた。飽きの来ない、あっさり醤油と言う感じだ。

今夜の半チャーハンは、焼き飯的な要素があってまた素敵だった。気がつけば完食。いや、今夜もまたなかなか実に良かった。

(左フォト) ラーメン/セット半チャーハン (2014.03.08)


見上げれば青空には綿アメのような雲が浮いているものの、梅雨らしいと言えばいいのか陽射しは何処かまだ淡いままの6月上旬週末の土曜日。

そんな今日も仕事が終わって外に出れば、湿度が高く半袖のワイシャツで丁度良かった今夜だった。

会社帰りのラーメン食べ歩きで頻繁に吉祥寺で途中下車する事が多くなったが、駅出口の公園口のこれ以上ないくらいの駅前も駅前のこちらで、そんな場所だけに気になっていた。

そんなわけでこちらに訪れる事にした今宵であった。店内に入れば横に連なるカウンター席が広がっており、少しだけ右寄りに流れてから腰を降ろした。

左手の壁にはメニューが貼られており、そこから多分そうなるだろうと思っていた、ラーメン半チャーハンセットをオーダーした。

ラーメンと半チャーハンがほぼ同時に提供出来るよう調整している事が伺えるお店の方の仕草。

半チャーハンと言えども作り置きせずその度に鍋を振っている姿を見て、既にラーメンが如何に美味しいかが理解出来た。

そうした姿を確認する事が出来るラーメン店は、いつもながらそれだけでワクワクしてしまうのは何故だろう。程なく到着。

やはりほぼ同時にやって来た、ラーメンと半チャーハンだった。それではとラーメンから行かせて貰えば、あっさりした薄口醤油のスープは実にじんわりと来るもの。

少し柔らかめに仕上がっている中細ストレートがまた何処かで出会った感じのいい風合いだった。チャーシューがまた美味しかったし、メンマにも味があった。

そんな風にしてラーメンも良かったが、チャーハンがまた実に味わい深い美味しさで、レンゲで口に運ぶ速さがその旨さから次第に加速して行った。

何気なく出口を見れば、駅前だけに店先には多くの人々が自宅へ急ぐようにして歩いていた。団体さんが入って来たので移動して食べ進めた。

気がつけば完食。いや、実になかなか美味かった。

(左フォト) ラーメン/セット半チャーハン (2011.06.04)


2011.06 公園口駅前雑居ビルの1階にあり。

2014.03 入口左手に貼られたメニューボード。

2014.03 創業四十数年のこちらだそう。