らーめん荻鷹 東京・西荻窪 ※閉店



桜の季節を終えた街に比較的強い南風が駆け抜け、新緑を揺らしては気温を押し上げていた4月下旬の水曜日。そんな今日も仕事が終わって外に出れば、やや湿度の高い今夜で、周辺では雨も降っている所もあるようだった。

時に最近は駅から直ぐ近くの場所でもこだわりラーメン店が数多く営業しており、そんなさなかにこちらの新店オープンに何かしらを感じて会社帰りに立ち寄って見る事にした。そんなわけでまた久々に西荻窪駅で途中下車。駅から直ぐの場所で南口前の道を左手に進んで、バス通りを右折。

すると間もない場所の右側にオープンして数日のこちらがあった。開店祝いの花はよく目にする警備会社さんと、外食産業さんの企業名が掲げられていた。入店すれば厨房には店主さんらしき方とその補佐の方がおられて、客スペースには万全を期して3人の接客係の方がおられた。

そのお1人が券売機のそばに居てその方に説明して貰いながら、チャーシュー2枚に味玉に海老ワンタンが2つ入る塩ラーメンと言う荻鷹ラーメンを選んで、大盛ボタンとライスボタンを連打した私だった。

チケットをお店の方に手渡すと好きな席へどうぞとの事で、カウンター席の右奥が空いていたのでそこに腰を降ろした。木製の麺箱が見えたが社名が見えなかったので、さりげなくどちらの製麺所かお聞きして見ると平塚にある製麺所とだけ教えてくれた。

29歳になられる店主は三鷹で生まれ育って現在は西荻窪に在住している事から、三鷹の鷹と西荻窪の荻を取って店名にされたらしい。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、圧力式のズンドウを利用して豚骨鶏ガラを炊いてそこに魚介も合わせた仕様だそうで、実にクセのない透明のスープ。そこに溶かしバターを浮かべた感じで、やや個性を感じた加水率の低い中細の麺と言ったパターンのラーメンだった。

入店時に見た外食産業さんの社名平塚にあると言う製麺所、そして雑味の少ないクセのない味わいのスープとなかなかこだわりのある麺。そんな処から導きだされる系統と言えばムジャフーズ系であり、その公式サイトを開けば4/22に「西荻窪にトラストベーシック契約店舗オープン」と案内されており間違いないようだった。

ムジャキフーズさんと言えばここ最近ではつけめん宏ちゃん、少し前には北海道らーめん味源、しばらく前では九州らーめん もとまるにも訪問しており、足繁く女性が通う人気ラーメン店も少なくない。気がつけば完食。いや、なかなか良かった。

(左フォト) 荻鷹ラーメン大盛/店頭外観 (2011.04.27) 


 らーめん 荻鷹 (おぎたか)

 住所:東京都杉並区西荻南3-9-8 TEL03-5941-5281  定休日:無休 営業時間:11:00〜24:00

 アクセス:JR中央線西荻窪駅南口下車。南口前の道を左手に進んで、バス通りを右折して程ない
       右側にあり。



喜劇らーめん食べ歩きTOP