日本橋よし町 東京・銀座







夏の湿気を掻き集めて出来たような大きい雲がやや暗い大空に浮遊して、いつ降り出してもおかしくないものの界隈に雨は降って来なかった8月下旬木曜日のそんな午前遅い時間だった。

しばらく前に閉店してしまった人形町大勝軒の店長さんが、昨年の10月からオープンした大勝軒の名前でないこちらの新店におられる事を知った。

当然の如くそこは気になっていたが、しばらく様子見していた次第だった。そんなわけでそろそろ行って見ようとなって出掛ける事にした本日であった。

場所はJR新橋駅から数寄屋橋方面へ少し歩いた、日航ホテルそばのビルの地下に在った。店先にはガス燈を模した照明器具があり、白く小さな暖簾には団扇2つと鳥が二羽描かれてその色使いがとても小粋に見えた。

そして階段を降りて行くと、途中の踊り場にはこちらの店名由来の案内板が掲げられていた。ネットでその存在は気づいていたが、まさかこんなところにあるとは思わなかった。

日本橋人形町は様々な変遷を経て現在に至っているが、その途中には元吉原があった日本橋芳町も人形町の地名となって行った。

そんな日本橋芳町に明治38年に創業した、人形町系大勝軒の総本山だった大勝軒総本店の事が冒頭に謳われていた。

その後でこちらの店長さんの事が紹介されていて、その大勝軒で27年間働いたとあるから昭和34年頃からそこにおられた事になる。

そして人形町大勝軒のレポートでも触れているように昭和62年6月人形町大勝軒が営業を初めて、そこで23年間営業して来たがワケあって今回銀座に来られたのだそう。

そんな由来に思いを馳せながら店内に入ると直ぐ厨房が見える場所があり、そこに見覚えのある店長さんがおられて思わずご挨拶する私だった。

そして後続客が来る気配も無かったので、世間話しに花が咲いてしまった。どうやら今回の大勝軒閉店と新店オープンは、オーナーが変わった事によるものなのだそう。

おそらく大勝軒の名前は使えたのだろうが、変なしがらみが尾を引くのも何だったので店名をこのようにしたところだろうか。

見渡した先客ゼロの店内は実に銀座らしく、白木を多用して優雅な佇まいを魅せていた。中ほどのテーブル席に腰を降ろしてから、立て掛けのメニューからヤキブタソバと付記されていたチャーシューメンをオーダーした。

ライスがサービスで付くそうで、それならばとお願いする事にした。ふと見るとこちらは自家製麺のようで、小型の製麺機がガラス越しにあった。

そこには時代を感じさせる神社のお祭りで使われるような手持ち提灯が飾られていて、なんと「よし町大勝軒」と刻まれており、おそらく店長さんが大事に持っていたものだろう。程なく到着。

チャーシューには昔風に食紅が側面に付いていて、良き時代が忍ばれるものと言えた。

それではと行かせて貰えば細ストレートの自家製麺からしてとんでもなく素晴らしいシフト。それは大手の製麺会社並みと言えた喉越しとコシの良さだった。

そのラーメンスープもメニューのインフォメーションもあってか人形町系古参の横山町大勝軒の味わいにも近く、銀座に来て販売単価がいい分それに見合った良き時代の美味しい味わいを表出させていた。

チャーシューも柔らかい割りには、それほど脂分が多いものでは無かった。

ラーメンどんぶりは有田焼の器だそう。なるほど繊細で華やかな絵付けらしく、耐久性の高さを要求される食器には打ってつけの陶磁器だ。

伊万里焼とも呼ばれており、気品にも満ちたどんぶりと言えた。そう言えばロックンロールワンのどんぶりも有田焼だった。

実は人形町大勝軒時代の厚紙に印刷されたメニュー表を大事に持っていた私で、今回持参して世間話しの時にそれを見せると大変に喜んでくれた事があった。

どうやら手持ち資料として店長さんが持っていなかったものらしく是非それをコピーしたいそうで、そこはもちろん貸して上げて食している最中にそれが戻って来た。ご飯も安いお米でなくザーサイも小皿に付いて来てとても良かった。

こうして考えれば人形町系の大勝軒は、総じてこうだと言うものが無かった。そんな中で横山町大勝軒の中華そばは、実に華麗な味わいでありこれぞ人形町系大勝軒の真骨頂と言ったところだった。

こちらの店長さんも横山町の名前を上げると、誰かから言われるのを待っていたかのように「大先輩ですから」と微笑んでくれた。

気がつけば完食。人形町大勝軒時代らしくラーメンの中にさやえんどうが入っていなかったのは少し残念だったが、その昔のよし町大勝軒の味を再現させた極上の美味しさが味わう事が出来たようでかなりとんでもなく良かった。

いや、元祖大勝軒である人形町系の素晴らしい叉焼麺であった。

(左フォト) 叉焼麺/店名由来板/店内/製麺機と提灯 (2011.08.25)


 日本橋よし町

 住所:東京都中央区銀座8-4-21保坂ビル地下1階  TEL03-3573-0557

 定休日:日曜・祝祭日  営業時間:11:30〜13:30/16:30〜20:00

 アクセス:JR山手線新橋駅有楽町寄り出口下車。外堀通りを数寄屋橋方面に向かい、日航ホテル
       手前の右路地を入って程ない右側のビルに入口あり。



  2011.08.25 ドンブリは有田焼を使用。   2011.08.25 気軽に入って気軽にブログなどで良さを伝えよう。



喜劇らーめん食べ歩きTOP