みんみんラーメン 東京・八王子





鈍い色の雲が空を覆うものの、仄かな陽射しが東の空から注いでいた、そんな十月半ば休日の金曜日だった。前回の休日に西八王子駅周辺の八王子系を提供するラーメン店へ訪問して更に八王子ラーメンが気になる処となって来た。

そんな時に八王子ラーメンについて何かとネットで調べると、昭和57年創業の老舗人気ラーメン店のこちらが何度となく様々なサイトで紹介されて気になる処となっていた。

鉄道の駅から遠く土地勘も無い場所だけに半ば諦めていたが、そんな八王子ラーメンを詳しく紹介するサイト等によりアクセス方法が判って出掛ける事にした本日であった。

例によって中央線快速電車に乗車し、今回は八王子駅で下車した。北口に出てこちらへ向かうバス乗り場が7番と言う事で一旦地下通路に降りてエスカレーターで再度上がり、やって来た路線バスに乗車して一路名店みんみんを目指した。

バスは秋川街道を進んで行き、15分程乗って一本松停留所に到着。見知らぬ街道沿いの風景を眺めるばかりだった。

バス通りをしばらく歩くと、まもなくこちらが風情よく佇んでいるのが見えた。やや脱色したカラシ色の大きい暖簾が、秋風で軽く揺れていた。店頭は駐車場になっていて、何台も車が停まっていた

文字が掠れた店頭看板が、その歴史の長さを刻んでいるようだった。右側しか開かない引き戸を開けて中に入れば、目の前には5人程が座れるカウンター席があり、奥には20人近くは座れそうな座敷が左手の奥まで続いていた。

空いていた厨房前の左端のカウンター席へ促されて、腰掛けながらメニューを見てラーメンの並盛りをお願いした。店内を何気なく見渡せば、どちらかと言えば田舎の狭いドライブンと言った雰囲気のこちらだった。

お品書きとあるメニューの一行目には並盛370円とある「かけ中華」の文字があり、そのメニューに地域に密着した良き大衆ラーメン店の姿を見た。

しばらくするとサンダルで来られたような常連さんが空いた席を見つけて、腰掛けるなり「バラチャーシューメン大盛りにライス!」と告げてから挨拶を交わしていた。程なく到着。

規律よく並んだ麺が透けた清湯醤油スープを通して、よく見えるビジュアルは実に華麗。

刻みネギはバラけておらず大きく刻まれたものと、かなり微塵切りにしたものを併せたもので、なるほどこちらだけのこだわりがあるものだった。

四角い海苔のサイズに、ハムのようなチャーシューが、また独特に感じられた。こちらはメンマは太くなく細くなく一般的なサイズだった。

それではと口にして行けば、しみじみと来る味わいは昭和後期なものを有している風合いがあり、麺は何処か現代的に映った実直な良さを彷彿としていた素晴らしさがあった。

麺量は並盛りでも多めながら、それは旨さゆえに気がつけば完食だった。調味料が並ぶ一角に魚粉が入った容器があったが、今回はそうしたものを入れる余裕が無い内に食べ終えてしまった。

こちらはJR八王子駅南口にある「タンタン」の女将さんの息子さんが始めたラーメン店だそうで、その店の味と具がベースになっているそう。

いや、かなり良かった。そして次のラーメン店へ。

(左フォト) ラーメン並/お品書き/店舗外観 (2010.10.15)


 八王子 みんみんラーメン

 住所:東京都八王子市楢原町437-1 TEL042-624-2774

 定休日:月曜日  営業時間:11:00〜16:00/17:00〜20:15

 アクセス:JR中央線八王子駅北口下車。地下通路へ降りて7番バス乗り場から発車するバスに
       乗車して一本松停留所で降車する。バス通りを150m程直進した左側にあり。



喜劇らーめん食べ歩きTOP