麺爽 かしげ 東京・阿佐ヶ谷 ※閉店





アブラゼミの鳴き声が軽やかに聴こえて来るくらい、涼しい日々が続くそんな8月上旬の火曜日。今日も仕事が終わって外に出れば、そんな変わらない気候の今宵だった。

昨日からJR阿佐ヶ谷駅前にこちらがグランドオープンしたと知り、気になる処となり早速会社帰りに訪れる事にした。

そんなわけで阿佐ヶ谷駅で途中下車して、こちらが在る北口側に出た。その場所なら確か阿佐ヶ谷丸長の近くだなと思って来て見れば、なんと肩を並べ合う隣り同志。

店頭には開店まもない事もあって、左右に開店祝いの花があった。左手の贈り主はカネジン食品の名前が刻まれており、麺箱を探す手間はこれで必要無くなった。

そんな店先には小ぶりの白い暖簾が垂れ下がっており、それが実に粋な風情に映っていた。店内へ入ると券売機が待ち構えていて、予定通りそこで濃厚チェダーチーズつけ麺特盛を選んだ。

駅前の好立地の新店舗だけに、8人も入れば満員の店内に4人の先客。さらに私が後続客を呼んでしまったか数人が入って来た。

チケットを厨房の方に手渡して、後続客をやり過ごしてから入り口近くにある冷水器に行ってコップに汲んで戻った。厨房の方にさりげなく麺についてお聞きすると、やはり麺はカネジンさんだそう。

それをきっかけにして、今度は店名由来についてお聞きしてみた。すると深い意味合いを有するお話しを聞く事が出来た。

江戸しぐさの一つに数えられる傘かしげ。雨で人とすれ違う時に、お互いが違う位置に傘をかしげてすれ違うマナーとも言える行動でそこから来ている店名なのだそう。

最近電車に乗っていても平気で手に持つ傘をぶつけて来る人が多い昨今、こうした店名に出会うだけでも嬉しくなると言うもの。ちなみに並盛から特盛まで、同じ金額らしくこれも嬉しかった。程なく到着。

それはそれはむっちりした艶やかとも言えそうな色っぽい太麺が皿へ多めに入り、一方つけ汁は脂少なめの分カエシの色が濃い感じだった。

チェダーチーズソースは別皿で来れば嬉しいかな、と思っていたがその通りに来て良かった。

まずはチーズを掛けずに行かせて貰えば、やはり意図的なのか脂少なめのつけ汁ゆえにその味わいは醤油の辛みが前に来る豚骨魚介のつけ汁。

それだけに麺が太くても醤油からの酸味感や汁のとろみは計算済みと言った風合いか。

しばらくしてからチェダーチーズソースを入れて行けば、チーズが持つコクや酸味が実に楽しい満足感をもたらしてなかなかだった。

タピオカを練り込んでいるらしい太麺は、見た目通りの素晴らしさで何も言う事はなかった。

特盛麺量400gなるも、気がつけば麺が消えてしまった。スープ割りをお願いして受け取ると中におひたしに入るような三つ葉が入っていてこれがまた良かった。

大泉学園駅そばにある「麺屋 蕃茄(ばんか)」の別ブランド店らしい。中華そばやサイドメニューも気になるところ。いや、ツボを抑えた感のある、インパクトある濃厚豚骨魚介つけ麺であった。

(左フォト) 濃厚チェダーチーズつけ麺特盛(汁・麺)/店頭外観 (2011.08.02)


 麺爽 かしげ

 つけめん麺量:並盛200g/大盛300g/特盛400g

 住所:東京都杉並区阿佐谷北2-1-1  TEL03-3338-6478

 定休日:日曜日  営業時間:11:00〜15:00/17:00〜23:00

 アクセス:JR中央線阿佐ヶ谷駅北口下車。ガード沿いを左手に進んで行き、スターロードに入って
       まもない右側にあり。



喜劇らーめん食べ歩きTOP