中華料理 松葉 東京・椎名町







昨夜の雨も引きらずに、爽やかな青空仰ぐ3月上旬の休日火曜日だった。休日ながら池袋某所に所用で出掛け、それも午前中には済んだ。

出掛け間際に幾つかの訪問候補店の資料を持って出たが、そんな中からこちらが比較的近かった事もあって今回訪れる事にした。その昔、手塚治虫氏を始めとする有名漫画家が同じアパートに住んだ、その名を聞けば誰もが知っているトキワ荘。

その目と鼻に先にあった中華店がこちらだが、トキワ荘は老朽化により昭和57年に解体されている。

藤子不二雄A氏等の漫画に登場しているこちらで、あのラーメン好きの小池さんが食べたラーメンこそこちらのラーメンらしい。ちなみに小池さんのモデルは、トキワ荘住人でもあった鈴木伸一氏だそう。

レインボー戦隊ロビンの原案も手掛けたアニメーション作家の方で、現在は杉並アニメーションミュージアムの館長でもあるらしい。小池さんはオバケのQ太郎で初登場して以来、パーマンやドラえもんなど多くの藤子作品に登場している。

そんなわけで池袋での所用後、池袋駅西武池袋線ホームの改札を入って行った。郁文館学園時代マラソン大会が多摩湖を一周するコースだった関係で、当時はこの電車に乗るだけで憂鬱になったのも今ではもういい思い出だ。

各駅停車の電車に一駅だけ乗って、最寄駅の椎名町で下車。路地をかい潜るようにして歩いてゆき、迷いそうになったので一度目白通りに出た。するとそこはトキワ荘通りと銘を打った二又商店会の商店街で、昭和のよき時代の白黒フォトが道端にあったりしていた。

そんな通りをしばし歩いて、二又の道を右手に進んで行けば、今日もこちらが営業していたその店頭だった。壁や引き戸にこちらが登場している漫画がページ毎引き伸ばして貼られており、ここならではの店頭の光景と言えた。

さりげなく入店して行けば、女性店主らしき方が一人で営業しているこちらであった。都内の大ターミナル池袋の周辺にある商店街の一角ながら、一駅奥まればそこは平日もあって郊外とそう変わらない処だった。

小池さんが食べたラーメンと言う事で、ここまでやって来た事を告げると、にこやかに歓迎してくれた女性店主だった。厨房の前には雷紋が入った短冊状の用紙一枚一枚にメニューが書き込まれていた。

そんな中に「トキワ荘ラーメンライス」と言うこちららしいメニューが判り易く貼り出されており、思わずそれにしようかと思ったが、自分的には「男おいどん」になってしまうと思い直して、こうした場合のセオリー通りにラーメンと炒飯でお願いする事にした。

店内にはトキワ荘にゆかりがありそうな漫画家の方々の色紙が、何枚も大事そうに壁に貼らずに立て掛けられていた。女性店主に創業した年をお聞きして見ると、昭和30年には開業していたこちらだと教えてくれた。程なく到着。

最近のラーメンのスープの表面には大抵ラードや香味油が垂らされているが、こちらは予想通りの昭和3〜40年代系の仕様で、それらの油類が殆ど入らないのが大量に立ちのぼる湯気で判った。

撮影しているとその湯気の所為でラーメンが見え隠れしてしまい、その撮影がおぼつかなくなるもの。こんな時どうやって写すかと一考を案じ、ケーキのロウソクよろしくフーフーしながら口で風を送って蒸気を飛ばし上手く撮影出来た。

さてそれではと行かせて貰えば、三丁目の夕日の路地には、「ジャングル大帝」に「おそ松くん」や「もーれつア太郎」「パーマン」など、往年の漫画キャラクターが心に現れる程の懐かしい美味しさ。心を洗われるような清々しささえ覚えるもの。

四歳の頃の我が家は狭い路地の奥まった場所にあったサザエさんのような平屋の建物で、表通りはバス通りになっていてその路地入口左手に当時中華料理店が営業していたものだった。

子供の頃そこでラーメンを食べて見たかったが色々あって入院した関係で確か一度食べてそれきりだった。そんな食べられなかった当時のラーメンを、今ここで口に出来た気がした不思議な感動があったのはなぜか。

ワカメがレトロ系のラーメンには欠かせないものだが、さりげなく入るチャーシューは実に良かった。中細ちぢれの麺のコシの良さが絶妙だったし、甘味が強い傾向が多い昨今の中そうする事なく塩の切れ味もまた素晴らしかった。

そしてチャーハンがまたかなりの美味しさ。小型のスプーンが付いて来て、紅ショウガがまた良かった。玉子は2個使っている感じで、そのフワフワ感が全体を通してたまらないものだった。

そう言えば青梅某店へ訪れた際、その直ぐ近くの赤塚不二夫会館にも立ち寄ったものだが、そこで目を見張って眺めてしまったのが館内に陳列されていたトキワ荘であった。気がつけば完食。

たまに藤子不二雄A氏が訪れるそう。なお面白い事に店内には、鈴木伸一氏が書かれたラーメン好きの小池さんの絵が飾ってある。これを実際の目で見に、お出掛けになっては如何だろうか。

天国の二代目だったご主人が、いついつまでも見守ってくれる事だろう。挨拶してとても良かった事を告げ外に出て、トキワ荘があった場所に行って見ると出版会社の敷地になっていた。ひとつの時代がここから生まれたと言えるのかも知れない。いや、かなり美味しかった。

(左フォト) ラーメン/炒飯/店頭入口の漫画/店頭外観 (2011.03.08)


 中華料理 松葉

 住所:東京都豊島区南長崎3-4-11  TEL03-3591-8394

 定休日:無休  営業時間:11:00〜15:00/16:00〜21:00

 アクセス:西武鉄道池袋線椎名町駅南口下車。山手通りを右手に進んで行き目白通りを右折。
       200m先の右斜めの道を入って100m程歩いた左側にあり。



  2011.03.08 赤塚不二夫会館にあったトキワ荘。   2011.03.08 小池さんのモデルになった方の小池さんの絵が在った。



喜劇らーめん食べ歩きTOP