麺処くるり
東京・高円寺らーめん横丁 ※閉店





春の彩りが凍えてしまいそうな冷え込みながら、陽射しが春らしくも輝いていた3月下旬の水曜日。そんな今日も仕事が終わって外に出れば、予測していなかったみぞれ降り頻る午後8時過ぎだった。

そんな今夜はふとこちらを訪れて見ようと言う気になり、また高円寺で途中下車してその改札を出て向かった。こちらがオープンした時は、市ヶ谷の本店を一時的に休業させていたものだった。

そんな「麺処くるり」であったがそこは程なく再開しただけでなく、現在では年が明けて間もない1月の下旬に高田馬場店をオープンさせている。

こちらは高円寺らーめん横丁の1店だが、横丁自体は改札を出て右に回り込んで荻窪方面をガード沿いに歩き、横断歩道を渡って左手にアーケード街が見えた頃左側に入口がある場所。

駅からとても近くだが、そんな繁華街の片隅に位置する事に、意外な程館内に入る場所は狭く初めて訪れる方は少し迷ってしまいそう。ともあれそんな横丁へ入って行き、こちらの店頭へやって来た。

券売機の前に立つとたまたまなのかいつもなのか、なんと味玉サービス券が傍に用意されいた。思わずそれを一枚頂いて、同値の並盛りと同じみそらぁめん大盛に、50円と廉価なライスのボタンも連打して店内へ入って行った。

時ならぬみぞれ模様の天候もあってか、比較的そこそこの先客だった。目の前のお店の方にチケットと味玉サービス券を手渡して、壁のフックにハーフコートを掛けようとすると、かごをお店の方が持って来てこれにどうぞと手渡してくれた。

そこに脱いだハーフコートを入れて、適当な位置のカウンター席に腰を降ろし、それをその足元に寄せた。ふと厨房を何気なく眺めていると、三河屋製麺の樹脂製の麺箱が置いてあった。程なく到着。

ラーメンに顔を近づけると胡麻の香りがふわりと迸って来て、箸を中に入れて極太の平打麺を上げると背脂の白い粒が幾つか寄り添って来た。

それではと行かせて貰えば、こちらもまたまたドロドロのスープでインパクトの強いビジュアルながら、やはり何ともさらりと来る風情がたまらない美味しさを誇示していた。

豚骨を強火で炊いて濃厚な味噌ダレを背脂で合わせたものだそうだが、そうした味噌ダレもそれ以外の食材それぞれの個性が強いのもあって、炒めたモヤシがないと味噌ラーメンであった事さえも霧に紛れてしまいそうな程だった。

チャーシューと味玉はスープによく沈めてからご飯に乗せて、レンゲでスープを少量だけその上に掛けて頂いたがこれまた良かった。

今まで味わって来た味噌ラーメンの何処とも違う風情で、そこはやはり唯一無二と言えて、ここでしか味わえないその魅力的な面持ちがなかなかだった。気がつけば完食。麺ごろり汁どろりな店くるりだった。いや、とっても良かった。

(左フォト) 味玉みそらぁめん大盛/高円寺らーめん横丁内 (2011.03.23)





ここ数年は老舗系・濃厚系・爆盛系・激辛系などが本流として考えられているが、そんな中でその濃厚系の人気店として知られているのが市ケ谷の「麺処くるり」だ。

残念な某店の閉店にともない、そんなこちらがその入れ替えで初の支店をオープンさせた。実はそんな事もあって、今回また高円寺行きを決めた次第であった。

そんなわけで湯島に本店があるお店を出た後、その直ぐ目の前にあるこちらへ入店する事にした。券売機でそこはやはりの、みそらぁめんを選んだ。

タイミングが良かったようで外列が一人しかおられず、その後ろに着いてさほどせずに店内に引き入れられ、奥にある空いていたカウンター席の左寄りに促されて腰を降ろした。

市ケ谷の本店は六席程度だが、こちらは二十席近くもあるフロアだった。現在はやむなくその本店を休業させ、こちらの営業を軌道に乗せている最中だそう。

そう言えば入り口にはスタッフを急募している張り紙があり、本日現在本店の営業再開の見通しは立っていないそう。ともあれ一時的な臨時休業ではあると思うが。程なく到着。

相変わらず風情のいい香りが際立ち、それではと口にして行けばこれがもう一杯完食したばかりなのに、その旨さゆえに箸が止まらない美味しさだった。5年前のレポで言い表したように、「店名はくるり、スープの見た目はどろり、味わいは意外とさらり」と変わらないイメージで良かった。

豚骨を強火で炊いたスープに濃い味噌ダレと背脂を融合させた独自の味わいは、この五年と言う時間を諸共させておらずそれはなかなか凄い事だと思う。一杯直後なるも、それは気がつけば完食だった。いや、なかなかの美味し味噌らぁめんだった。

外に出ると軽く雨が降り出していた周辺。今度の日曜日は参院選投票日で、終盤戦に各党とも予断を許さない週末近くであった。

(左フォト) みそらぁめん/店頭外観 (2010.07.09) 


 麺処 くるり 高円寺店  ※公式サイトはこちら

 らぁめん麺量:普通盛り200g 大盛り300g/つけそば麺量:普通盛り300g 大盛り400g ※各大盛無料

 住所:東京都杉並区高円寺南3-70-1高円寺ストリート2番街B1F

 定休日:無休   営業時間:11:00〜23:00

 アクセス:JR中央線高円寺駅南口下車。南口を出たら右手に数分進んで行った右手のガード下
       に入り口あり。徒歩およそ2分。



喜劇らーめん食べ歩きTOP