らーめん武道家 囗 ― くにがまえ ―
 東京・国分寺





昨夜遅くまで降った雨が青空から注ぐ陽射しに変わって、大きな水たまりには咲き乱れた春の花々が水面(みなも)に映っていた、ゴールデンウイーク続く5月上旬の水曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、また穏やかな春模様の今夜だった。今日は夕方休憩時に社内の方とラーメン談義に花が咲いて、それをきっかけにして夜は国分寺某店へ行って見るかとなった。

そんな事から会社帰り国分寺でまた途中下車して、北口を出てそのラーメン店へ向かった。すると偶然にも開店祝いの花で埋め尽くされた、こちらに気がつくところとなった。

ネットサーフィンでラーメン店情報をそれなりに収集しているだけに聞き覚えのある店名だった。家が付くだけに確か横浜家系で、この状況から察して本日オープンしたのだろう。

普段から新店へ初日に訪問はあまりしない私だが、このまま通り過ぎるのもフリークの血潮が許すわけがなく、今回はこれも何かの縁として入店する事に決めた。

店内へ入って行くと新店景気に湧く盛況な店内。直ぐ右手に券売機があった。その前に立つと背中から厨房にいる方全員の威勢のいいかけ声で、「チィーーース!!!」と言う言葉が迫って来た。

店頭にスーパーラーメン家と言う大きい立て札があったが伊達ではなかった。思わずこのままダッシュしてやっぱり今夜は本来の店かなと言う気持ちが脳裏をかすめてしまった。(笑)

しかしそこは思い直して半熟味玉らーめんの中盛りのボタンを選んで、奥に進んで空いていたカウンター席に腰を降ろしながら前にいるお店の方にチケットを手渡した。

やはり本日オープンしたばかりだそう。早稲田に本店がある横浜家系に近いラーメンらしい。券売機のボタンには食べ放題のライスのボタンがあって「ライス無限」の表記になっていた。

なんとその金額が50円と言う金額で驚きだった。カウンタトップにはキュウリの漬け物が沢山用意されていて、ご飯がいくらでも平らげるような配慮がなされて素晴らしかった。

厨房の奥には酒井製麺の木製の麺箱が見えたと言うか見せていた。後続客が来店するたびに例の迫力ある挨拶があっておそるべしだった。

家系らしく麺の固さ・味の濃さ・油の量を聞かれたので、そこは好みで行こうとヤワめ・普通・油多めでお願いした。程なく到着。

それではと行かせて貰えばこれが何ともレベルの高い横浜家系ラーメンで、なかなか味わい深く濃厚の度合いもいい感じだった。

鶏油(チーユ)でデフォルメされたような味わいの家系ラーメンをたまに見掛けるが、そんな事もなく却って鶏油は少なめ。また味玉も美味しかったが、中盛り麺量は通常の量よりは控えめに思えた。

こういうときはライスのチケットを買い、麺をすすりながらキュウリの漬け物とラーメンの具材をオカズにしてご飯を食らい、最後にラーメンスープにご飯を投入してフィニッシュすれば満足度も高そうだ。

2006年5月21日に武蔵家中野本店で修行した方が、早稲田界隈にオープンさせたラーメン店らしい。武蔵家の道をゆく店にしたい処から、武道家と命名したそうで「ぶどうか」と読ませるそう。

中野の2号店は二代目武道家、成城学園前の3号店は武道家 龍、4号店のこちらはらーめん武道家 口-くにがまえ-と微妙に店名を変化させているこちらだった。

気がつけば完食。いや、なかなか美味しかった。


(左フォト) 半熟味玉らーめん中盛/ラーメン拡大画像/店頭外観 (2011.05.04)


 らーめん武道家 (ぶどうか) 囗 ― くにがまえ ―

 住所:東京都国分寺市本町2-2-9第99東京ビル1階  TEL042-328-5344

 定休日:無休  営業時間:11:30〜15:00/17:00〜23:00

 アクセス:JR中央線国分寺駅北口下車。正面の道路を右手に進んで100m程歩いた右側にあり。



喜劇らーめん食べ歩きTOP