東池袋大勝軒 東京・吉祥寺南口



春分間近を思わせる春らしい陽射しが青い空から注いでいた、北風がそよげば季節が戻り南風がそよげば気温は春色にときめく、そんな三寒四温を繰り返す三月弥生半ばの日曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、今夜も夜風が心地良いそんな午後八時過ぎだった。

こちらもまた立川勤務時代に一度訪れており今回勤務先の周辺となって、なんとなく東池袋系が恋しくなりそれならばと仕事帰り立ち寄ることにした。

そんなわけで、勤務先から近道を利用して、その店頭へやって来た。入口ドアの右手の外に券売機があるこちらだ。ふと見ると入口にあった電光看板が変わっていた。

ラーメン気分だったのでそれで行くかと、久しぶりこちらの券売機ボタンを見ると以前と違って麺量が記載されていた。女性客を意識してだろうか、以前のように少なめがあり麺量240gとなっていた。

以前の中盛りがなかなかだっただけに、今回は並320gと記されていたらーめんの並盛を選択。ちなみによく見ると中盛だった480gは、らーめんだけ大盛りの表記になっていた。

そしてトッピング追加ボタンも購入して入店して行き、右手の空いたカウンター席に促されて腰掛けた。

そして朝方スマホでネット検索している内に見つけた、ホットペッパーのクーポン画面を徐に見せて味玉を希望。さらに追加トッピング券は、野菜増しでお願いすることにした。

後続客が続いて、俄かに活気づく店内。傍にはあつ盛りやスープ割りができることが案内されていた。程なく到着。野菜増しは別皿に盛られてやって来た。

それではと行かせて貰えば、しとやかな魚介感や煮干し感がまた独特にも感じ取れる風合いが素敵なもの。コシカタメの麺もまた、独特な世界感を作っていた。

後半になってから野菜を麺の上に乗せて愉しんだ。カナダ産のナチュラルポークらしい七色豚のチャーシューも美味しく、気がつけば完食。いや、こちらもまたなかなか良かった。

(左フォト) らーめん並+味玉/別皿野菜増し (2014.03.16)


 東池袋大勝軒 吉祥寺

 住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町2-4-7 TEL0422-47-7789

 定休日:無休  営業時間:11:00〜21:00

 アクセス:JR中央線吉祥寺駅公園口下車。外に出たら左手に進んで行き京王線ガードを潜って
       大通りの横断歩道を渡る。目の前の吉祥寺末広協栄商店会通りを入って行き、3つ目
       の左路地を曲がって100m程歩いた左側にあり。



入口傍に電光看板あり。

麺量も記載されていて判り易くなっていた。

あつ盛りできます!!スープ割りできます!!インフォ。




今日も昨夜からの雨を引きずって、朝から降り頻る雨滴にも夏の香りがして来た、午後からはそんな雨も上がる予報も出ていた6月半ば週末の土曜日。

仕事が終わって外に出れば、所々で若干の霧雨も降っていたものの吉祥寺は降っていなかった梅雨時らしい今宵だった。

そんな今日は何だかまた東池袋系大勝軒で行きたくなった夜で、以前からこちらの存在に気づいていて、それならばとなって会社帰りまた吉祥寺で途中下車。

場所は吉祥寺駅からそう遠くない、末広協栄商店会通りの途中の左路地を入ったところだった。道路沿いには大勝軒の文字が幾つもあって、間違えて行き過ぎる心配もなかった。

見ると券売機が階段を少し降りた左手にあった。そこまで行って目の前に立つ。麺量表記も無かったので特に何も考えずラーメン中盛りとチャーシュー2枚とあったそれぞれのボタンを連打。

さて入り口は何処かと思えば、券売機の直ぐ左手が木製の引き戸で、それに気がつくまで10秒程を要した。中に入ると先客1人に厨房も1人かと思えば、後から1人増えて2人のお店の方だった。

店先からお店の方の背中まで東池袋とあり、やけに東池袋の文字が多いなと思っていると、後続客が来られてここが東池袋系の大勝軒か確認してから外の券売機でチケットを買っていた。

その様子をカウンター席に腰かけながら見ていて、思わず出来過ぎな状況と感じながらも、そこはなるほどと唸るしかなかった。

そう言えば多摩周辺は、永福町系・丸長系・東池袋系三つの大勝軒がひしめく地帯と言えた。さらに後続客が続く店内。

2003年4月にオープンしたこちらのようだが、さりげなく系列店をお聞きして見ると相模原と綱島と町田にある大勝軒と同じ系列だと教えてくれた。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、麺からスープに至るまで確かに東池袋らしさが感じられるものの、今まで出会った東池袋系とは違うシフトが感じられた。これがそこは東池袋系もあってなかなかの量で、食べても食べてもなくならない麺量だった。

チャーシューが実に美味しいこちらで、麺も自家製的な感じで良かった。製麺機が見当たらなかったので自家製かまず確認するとやはりそうだそうで、製麺機を探すフリをすると壁の向こう側の部屋にある事を教えてくれた。

そんな麺量なるもその良さから気がつけば完食。麺量が凄かったのでまた確認させて貰うと、さりげなく並盛りが麺量320gで中盛りで麺量480gだと教えて頂いた。

今思えば券売機に麺すくなめ見たいなボタンがあり、なるほどそういうことのよう。おそるべし、吉祥寺大勝軒だった。いや、なかなか美味しかった。

(左フォト) ラーメン(中)+チャーシュー2枚/店頭外観 (2011.06.11)