くまもと桂花ラーメン 東京・新宿三丁目







日本一高い霊峰富士が、様々な眺めを魅せるように、そして桜の花が咲き乱れヒグラシの鳴き声がこだまして紅葉が山を彩りやがて雪が降り積もる、そんな季節によって変化する四季のように、日本人はそうした色々な表情を見せるものに対して今まで傾倒されて来た。

それは真夏の水平線に見る蜃気楼であろうが、冬の猛吹雪の先に見る幻影だったとしても、満たされない己をぶつけるが如くに多くの者がそんな道を歩んで来た。

百年目と言う節目を迎えたラーメンもまた多くの五味と多くの風貌をあらわし、時代の風雲児のように見られた店主の方々の手により多くの美味しラーメンが生まれて来た。

そして多くの人たちが「たかがされど」と言いながらも魅了されて来た料理の一つになっていると思う。

私もそんな一人のラーメンフリークとして、ネットの中でラーメン店とラーメンを紹介して、そんなラーメンに傾倒されて来た。そんなラーメン店が、今回で今度こそ、ちょうど千軒目となりました。

これもひとえにこれを読まれる、皆様のお陰で誠に有難うございました。今後も健康に留意しながらも、頑張って行きたいと思います。

節目の良い千軒目で一度勘違いがあっただけに、余計にそれなら何処にするかと言うのが出て来たものであった。そして選んだのがこちらのラーメン店で、しかもこちらの支店へ行く事にした。

二十代の頃に渋谷センター街の支店に何度か入ったラーメン店だが、どうせなら新宿のこちらにして見るかと言う気になった。

何故なら昭和30年に熊本で創業したラーメン店だが、昭和43年に新宿のこちらの支店が関東・東京に初進出した支店だからだった。

そんなわけで正午近い時間に初めてこちらの店頭に立ったのだが、よく見ると随分前に一度来た某店の隣りで、ここがその東京初進出の末広店だったのかとなった。

新宿地区には他にも支店があった事もあり、そんな思いが先に立った次第であった。ちなみに東京新宿東口駅前店と新宿ふあんてん新店とこちらの3店舗がある。

中へ入ると直ぐ右手に券売機があり、予定通りに太肉麺(ターローメン)を選び、ライスのボタンも連打した。空いていた一番奥のカウンター席に腰掛けながら、チケットをお店の方に手渡したが、大盛にしたくなり同時に百円も渡してそれでお願いした。

それにしてもここは初めてだが、桂花には二十年ぶり近くの入店となった。同じ支店だったら、目がうるんでいたかも知れない。

その当時は知る由もなかったが、熊本で創業した時には無かった太肉麺(ターローメン)は、こちらが東京へ進出した際に、こちらの支店で初めて提供されたもので、それ以来各店のメニューに並ぶ人気ラーメンとなっているものらしい。

屋号の桂花は、キンモクセイのことだそう。支店によって曜日を変えて700円のラーメンを、500円にするワンコインセールは、ずっと展開しているらしい。

熊本市内に4店舗と、その周辺にもう1店舗。四国・高知市内にも現在支店が出来ている模様。

そして関東地方には新宿地区の3店舗に以前行った事がある渋谷センター街店の他、池袋にも東京池袋サンシャイン60通り店と池袋立教通り店の2店舗に、横浜と立川にも夫々1店舗が営業しているよう。

以前千葉県内の柏市内で1店舗営業していた事があったが、時期尚早と行かずにいて、そろそろ行こうと思った頃に閉店してしまった事があった。程なく到着。

いやいや、本当に久々だ。生キャベツもちゃんと変わらずに入っている事に、感動さえ覚えてしまいそうだ。それではと徐に箸を携えて行かせて貰えばそれはもう、美味い美味い美味い美味い美味い美味い美味い美味い。

豚骨を二日間炊く白湯には鶏ガラも利用されているそうで、うま味調味料は最小限に留めて赤穂の天塩で味付けしているらしい。

だからと言うわけではなく、舌が覚えた記憶からなのか定かではないが、実に美味しく感じ取れた末広店のターローメンであった。

独特な食感を持つ中太麺は、添加物を入れず冷蔵搬送しているそうで、小麦粉にもこだわっているらしく、そんなストレート形状の麺ゆえに大変歯切れのいい風情があった。

ニンニク焦がし油の事を一般的にマー油と呼んでいるが、魔法の油から魔の油になってマー油となったそうで、そうしたネーミングの経緯がこちらの公式サイトで紹介されていた。

そしてこんなに美味しかったかと思う程に角肉が大変に美味しく、ご飯の良いオカズになりつつも、そんなごはんを最後にはスープへ投入して口にしても良かった。

政治も政党が変われば変化するように、ラーメン店も革新的な店舗が次々と生まれて来たが、貴方にとっての桂花へ訪れて、そのラーメンで良き時代を振り返ってもまたいいかも知れない。

気が付けば完食。いやいやいや、青春の思い出と言う名の調味料もあり、懐かしかったし美味しかったレポート千軒目のラーメンであった。

(左フォト) 太肉麺(ターローメン)大盛/拡大画像/カウンタ上/店頭外観 (2010.01.05)


 くまもと桂花ラーメン 東京新宿 末広店  ※公式サイトはこちら

 住所:東京都新宿区新宿3-7-2   TEL03-3354-4591

 定休日:無休   営業時間:10:30〜23:30(LO) ※日曜〜22:30(LO)

 アクセス:都営地下鉄新宿線新宿三丁目駅下車。C3出口を出たら左手へ進み、直ぐある十字路
       を右折して程ない左側。



喜劇らーめん食べ歩きTOP