どうとんぼり 神座 東京・渋谷



また仕事帰りの午後九時過ぎ、いつものように渋谷の雑踏を避けながらセンター街へ進んで行き、今夜はこちらへ入店することにした月曜日の夜だった。

以前から気になっていて何度か行こうと思いつつも、まだ都内支店の何処にも入っていなかったこちらで、白菜が多めに入るラーメンらしく、そんなラーメンと言えば奈良のラーメンがイメージされた。

昭和61年に初めて開業したこちらの道頓堀店は、今の支店では考えられない僅か九席しかなかったそうで、今やその大阪に合計11店、本部がある奈良に4店、そして東京には新宿とここ渋谷と池袋に2店があるそう。

店頭に到着すると、ラーメン店にしては広い店内が、夜もあって外からよく見えた。券売機が外にあり見ていると、あれよあれよと先客がそこでチケットを買って中へ消えて行った。

やはりかなりの人気を誇っていたこちらであった。私も券売機に近づき、煮卵ラーメンを選んだ。券売機には沢山のボタンがあり、そこには様々なメニューが表記されている。何か手頃なサブメニューがないかと見れば、おにぎりの文字を見つけてそのボタンをワンテンポ遅れて連打した。

そして明るい店内へ入って行くと左手のカウンター席に促され、この辺でいいのかなと言う仕草を中腰で表現してから深く腰を降ろした。渋谷センター街をしばらく奥に進んだそのメインストリート沿いの一階で、これ以上ない場所にあり後続客も半端なかった。程なく到着。

おお、なるほど白菜がかなり入ったラーメンで、伊賀上野で食したラーメンに風情が近いものだった。やはり奈良地方に多い、白菜を多用したラーメンのよう。薄豚バラ肉がコクに厚みを加えていた。

それではと口にして行けば、やや甘みが前に出た醤油味で、大量の白菜から来る風味が、どこかみんなでつつく鍋のスープとそれこそオーバーラップしていた。

並盛りのラーメンでも白菜が多めに入っていた事もあり、まずまずの量のラーメンであった。おにぎりも美味しいお米で炊かれたもので、これまた大変良かった。気がつけば完食である。そう言えば伊賀上野でも同じ煮卵ラーメンを食べていて奇遇だった。いや、美味しそんな煮卵ラーメンだった。

(左フォト) 煮卵ラーメン/店頭外観 (2010.04.05)


 ラーメンレストラン どうとんぼり 神座 (かむくら) 渋谷店  ※公式サイトはこちら

 住所:東京都渋谷区宇田川町29-4  TEL03-6415-3790

 定休日:無休  営業時間:10:00〜翌7:00

 アクセス:JR山手線渋谷駅ハチ公口下車。渋谷駅前スクランブル交差点前から渋谷センター街
       に入り、4つ目の右路地の手前角地にあり。



喜劇らーめん食べ歩きTOP