ジョージ 東京・吉祥寺 ※閉店





昨日の表側の世界に回り込んだ感じで天候がガラリと変わって、青空から100%の陽射しが降り注いでいた、最長の人でも今日がゴールデンウィーク最終日の5月も半ば近くになって来た日曜日。

そんな今日も仕事が終わって外に出れば、穏やかな夜風の吹く今夜だった。ややいつもより遅くなってしまい訪問店の行き先を二転三転させた本日で、結局気になりつつも未訪のこちらへ入る事にした。

こちらの場所は昨年の4月に四川麻辣商人吉祥寺店としてオープンしたが、年を越す前の12月に突如として閉店してしまった。しかし一週間の内外装工事を敢行した後にこちらがオープンしたようだった。

その経営母体は広島県広島市に本社を置くダーウィンと言う企業で、今年の三月には原宿に業界初のホルモンハンバーグも提供する黒毛和牛ハンバーグ専門店「スターハンバーグ原宿」をオープンさせて話題を呼んでいるようだ。

そんなこちらのつけ麺の麺は極太麺に全卵麺の2タイプがあって、つけ汁は豚骨醤油にベジポタらしいナターシャと、帆立味らしいエリックと名付けられた味があるようだった。

ともあれ訪問時は急遽決めた為あまり下調べしないで入店した私だった。そんなわけで中へ入ると、券売機があったのでその前へ。

確かに券売機のボタンは沢山あったが、つけ麺は特に種類が分かれてなかった気がした。インフォボードも質素なものばかりで、提供メニューの変更があったのかも知れないが定かではない。

ちなみに油そばのボタンが直ぐ下あったのでそれにしようかとも思ったが、店名の冠がつけ麺だったのでそこは思い直してつけ麺を選ぶ事にした。

特に記載がなかったので並盛りの麺量を確認させて貰うと200gだそうで、大盛は300gらしく思わず100円を支払って大盛でお願いした。時に麺が選べる案内も無かった。

たまたま先客のいない店内で、座った周囲にも先述したインフォはやはり見当たらなかった。その代わりにボリュームたっぷりの冷やしむし鶏を、50食限定で150円にて提供している案内があった。

そのビジュアルインフォが美味しそうだったが、午後8時過ぎで限定50食であればもう終わりかと思えばまだあるそうで、冷静に考えればインフォを仕舞ってないだけにヤボな質問だった。

と言う事でそれもまたお願いする事にして、さらに150円をカウンター越しにお支払いした。標準のバンバンジーソースは売切れだそうで、食べるラー油がけかネギポン酢がけならあるようで前者にて注文。

どうやら店長さんらしく麻辣商人の事をお聞きすると、その時も店長をされていた方のようで、短期間で店名と提供メニューを変えて再出発した事を教えてくれた。

麻辣商人自体は、今でも広島に数店舗営業しているようで、汁なし担々麺が人気のお店らしい。程なく冷やしむし鶏と共につけ麺が到着した。

麺は博多から取り寄せしているらしい中太平打ち仕様のもので、汁は生醤油を利かせた無化調の汁らしく、そこに背脂っぽいものが浮かんでいた。

それではと汁に浸して行かせて貰えば、煮干しがたっぷりと感じられるもの。やや個性が前に出たもので、なんとなく尾道ラーメンをつけ麺にした感覚を覚えた。

冷やしむし鶏はまさしくボリューミーなもので、とっても安いと言えるものだった。ラー油は麻辣商人で利用している風な趣きがあるものでその辛さがまた良かった。

気がつけば完食。いや、なかなか良かった。


(左フォト) つけ麺大盛/冷やしむし鶏ラー油がけ/店頭外観 (2011.05.08)


 つけ麺 ジョージ

 住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町1-1-8けやきビル1階  TEL0422-76-8210

 定休日:無休  営業時間:11:00〜24:00

 アクセス:JR中央線吉祥寺駅公園口下車。外に出たら右手へずっと進んで行き、井の頭通りと
       合流した近辺の右側にあり。



喜劇らーめん食べ歩きTOP