順順餃子房 東京・台東





見上げる空はまた曇り空ながら雨の気配はなかった、下降気味な気温に秋遠からじな気配の八月葉月月末最終日の日曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、今夜も穏やかな夜風が涼やかに吹いていた、そんな午後七時過ぎだった。

こちらは秋葉原周辺で営業している中国料理順世福さんが、2010年10月にオープンさせた手作り餃子をウリにする人気中華料理店だ。

数日前にネット徘徊していると、こちらの美味しそうな餃子を見つけてしまった。まだ本店を訪れてレポートしていなかったが、そんなこちらへ仕事帰り訪ねて見ることにした。

昨日訪れる予定だったがどうやら行く道を勘違いしたようでその日はあきらめ、リベンジとばかりに今夜こそとその店頭へやって来た。

2013年4月8日には、馬喰町店もオープンしているこちらのようだ。定かではないが、今後もさまざまな展開を見せていくのだろうか。

入店しようとすると家族連れのグループ客が、ちょうど精算を済ませて出て来た。4~5歳の男の子が母親に、「この店美味しかったね!」と言いながら横を通り過ぎて行った。

世渡りがうまい子供なのか、はたまた嘘が言えない純真無垢なお子さんが本当の気持ちでそう言ったのか、そんなことを考えながら入店して行った。

すると直ぐに別のグループ客も精算している最中で、その横をすり抜けて奥寄り左手の空いたテーブル席に腰を下ろした。

それでもまだ盛況な店内で、なかなかの人気店と言えるこちらだった。フォトが多用されたメニューリストを開くと、餃子は焼き餃子だけでなく水餃子もあり、バリエーションがとても豊富になっていた。

そこから480円と記載された醤油ラーメンと共に、自家手作り・5個入り280円とある順順特製の焼き餃子も一緒にオーダーすることにした。

税別だとしてもなかなかの廉価な金額で、これで定評があるからこそ、こうした盛況なフロアなのだろうと考えた。

ビールなどのアルコールを注文しないと判ると、中ジョッキに氷を入れた冷水を持って来てくれて素晴らしい対応のこちらだった。それだけではないようだ。

その冷水を持って来てくれたお店の方に、近くで営業している本店の順世福は、開業してどれほど経つかお聞きして見ると、10年以上営業していることを教えてくれた。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、軽く濁った醤油スープに具材が多めに盛られたラーメンで、これがなるほどと思うくらい素敵な美味しさ。

遅れて来た焼き餃子も皮がもっちりしていて、肉餡が多めでこれまた実に素晴らしかった。それだけに、気がつけば完食だった。

公式サイトではこちらの支店名を秋葉原店としているが、実際に来てみると案内やチラシなどは台東1丁目店となっていた。

おそらく本店の中国料理順世福を秋葉原店と統一するため、こちらを台東1丁目店に最近したところだろう。

ランチタイム限定サービスで、ミニチャーハン・ミニマーボー丼・ミニマーボーチャーハンが麵類をオーダーすれば100円で愉しめるらしい。いや、かなりなかなかと言えて、とても実に美味しかった。

(左フォト) 夜の店頭/醤油ラーメン/順順特製焼餃子 (2014.08.31)


 中華料理 順順餃子房 (ジュンジュンギョウザボウ) 台東1丁目店

 住所:東京都台東区台東1-7-2 秋州ビル1階  ※公式サイトはこちら

 TEL03-5688-9888  定休日:無休  営業時間:11:00~23:00

 アクセス:JR秋葉原駅昭和通り口下車。昭和通りを横断歩道を渡ってから左手の上野方面へ進み
       昭和通り三つめの交差点がある場所の右路地を入る。80mほど先の左側にあり。徒歩約
       5分。



かなり秋葉原寄りだが住所は台東1丁目にあり。

料理8品飲み放題付きで税込2980円の宴会コースあり。

自家手作り焼き餃子こちらも美味し。

中国絵が雰囲気を高めていた。

ランチタイム限定サービスで、麵類オーダーすれば100円。

遠くには高層ビルが臨める台東1丁目界隈。