らーめん 神鐵 東京・吉祥寺北口


特神鐵が当店人気ナンバーワンと言うことらしい。

麺のサンプルが置いてあった。

相変わらず白めしは、タダのようだった。







-------------------------------------------------------------




夜半まで降り続いた雨もすっかり止んで、水平線さえ見えそうなほどに爽やかな青空が仰げた、冬めく十二月師走も下旬となって来た日曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、冷え込みも穏やかに感じたそんな午後七時過ぎだった。

吉祥寺が勤務先ならばまたこちらに行って見るかとなって、仕事帰りペニーレイン通りを歩いてオープン翌日以来のその店頭へやって来た。

直ぐ隣りで営業していたこちらと同時に5月12日オープンしたつけめん結心が、残念ながら少し前の10月29日をもって閉店してしまったようだ。

現在その場所で沖縄料理とソーキそばがウリらしい、たいよう食堂なる店舗が営業していた。

ネットでそちらを調べて見ると先月初めからオープンしたようで、西荻窪や中野にも同じ店名の店舗が展開している様子だった。

さっそく入店して行き券売機の前に立つ。店頭の案内で決めた、特製系にしてはお得な880円と言う特神鐵を選択。そしてまたしても金銀銅の飯ものサイドメニューのボタンを連打した。

カウンター席左寄りに促されて腰掛けつつ、チケットを手渡す際に飯ものはタルタル玉子の銅めしを希望することにした。麺が選べるこちらで太麺をお願いした。

何気なく振り返ると券売機の上にその麺が皿に乗って置いてあり、何かと思って手に取ると細麺と太麺のサンプルだった。思わず撮影してから元に戻した。

おそらく以前はその太さが判るよう、目立つ位置に置いて見せていたものだろう。また白めしも相変わらずサービスしているようで、券売機にそのことが相変わらず謳われてあった。

ちなみに餃子はデフォルト仕様以外に二種類提供していたようだが、そちらの提供は終了したことが案内されていた。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、素敵な持ち味があり、なかなか美味しくて実に良かった。濃度はやや抑え気味にしていて、誰にでも飽きが来ないようなシフトにしたところだろうか。

タルタル玉子のご飯も良い感じで、気がつけば完食だった。角煮チャーシューまで入った特神鐵で、やはりお得と言うしかなかった。

それにしてもお隣りのつけめん店は、結構入っていた筈なだけにその閉店は残念だったが、諸般の事情により沖縄料理店のお店にしたそう。いや、なかなかとても実に素敵で良かった。

(左フォト) 店頭外観/特神鐵/銅めし (2014.12.21)


 らーめん 神鐵

 住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-15  ※企業公式サイトはこちら

 定休日:無休  営業時間:11:00〜翌4:00

 アクセス:JR吉祥寺駅北口下車。サンロード商店街を入り100mほど先にあるイセヤウエスト手前
       の左路地を左折。そのペニーレイン通りをさらに100mほど歩いて行った左側にあり。


朝方はもうすぐ入る梅雨時を連想させる霧雨が暗い雲から滴り落ちて、思わず子供の頃家の周辺の山林の中で嗅いだ新緑の蒸した香りの記憶が甦ったそんな五月皐月半ばの火曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、午後からは晴れたらしく穏やかな乾いた夜風が街を駆けていた午後七時過ぎだった。

先日触れたように訪れた某店の前で2店のラーメン店の同時内装工事が進行していて、思わずそのまもなくオープンするラーメン店の存在に気がついたものだった。

その角地側でオープンした一店がこちらで、そのインフォメーションに店名の鐵の文字が横浜西口地下街で営業する鐵釜を連想させるものだった。

それだけにこれはもうおそらく、ムジャキフーズ系列店のラーメン店以外考えられないと確信するしかなかった。

昨日隣りのもう一店舗と共に、無事に同時オープンしたようだ。もう一店は自由が丘にあるつけ麺結心の2号店らしい。

そんなわけでペニーレイン通りを歩いて、ロフトの傍で営業しているこちらの店頭へやって来た。

もう一店舗とどちらに入るか正直言って悩んだが、つけ麺気分では無かったのでこちらへ入店することにした。

店先にはオーシャンズホールディングスなる企業からの開店祝いの花が飾られていた。

ネットで調べて見ると店舗の設計施工を手掛ける企業のようで、こちらもそんな作品に一つとなるところだろうか。

オープン前の店頭に貼られた案内には、「スープは濃厚とんこつ醤油味、麺は太麺200グラム、香り鶏油にやわらかチャーシュー、白飯タダが神鐵、味の濃さ麺のかたさ油の量調整します」と記されていた。

それだけでなく、「まろやか濃厚豚骨スープ、選べる細麺太麺」ともなっていた。

近年家系ラーメン店でライス無料をウリにする店舗が増加傾向にあり、それに対抗するべくして今回こちらをオープンさせたような店舗と言えそう。

さっそく入店すると目の前に券売機があり、そこでラーメンは味玉神鐵を選択。

そしてご飯ものサイドメニューも行くかとなって金めし・銀めし・銅めしと記されたボタンをとりあえず何とかなるだろうと連打。

振り向くとカウンター席に促されて、左寄りの空いていた席に腰を下ろしながら、お店の方にチケットを手渡した。なるほど券売機にも、ライスサービスの明示がなされていた

まず聞かれたのが、サイドメニューの金めし・銀めし・銅めしどれにするかだった。

よく理解出来ない内にボタンを押したことを白状すると、明太子のせ・豚肉のせ・タルタル玉子のせとなることを教えてくれた。

それを豚肉のせで希望。すると今度は太麺と細麺が選べるそうで、そこは太麺を希望。その後今度は家系ラーメン店のように好みを聞かれ、そちらは麺カタメだけをお願いした。

オープン二日目だけに大盛況な店内のこちらで、後続客も続いて賑やかさが増して行った。

お店の方にさりげなく、無休かどうかと営業時間を確認。お聞きすると、やはりムジャキフーズさんが展開するラーメン店だった。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、麺は中太麺でスープは何処か家系風の豚骨醤油ラーメン。油は鶏油を投入したものだろう。

ご飯に乗る豚肉は豚角肉の甘露煮で、これもまずまず。チャーシューもいい風合いで、味玉も素敵で、気がつけば完食。いや、もうなかなかとても良かった。

(左フォト) 味玉神鐵/銀めし (2014.05.13)


内装工事中に貼られていたインフォメーション。

オープン翌日のこちらの店頭。

店舗の設計施工を手掛ける企業から開店祝いの花。

まろやか濃厚豚骨スープ、選べる細麺太麺。

さりげなく、白飯タダの案内があった。

好みが選べて、餃子は激ヤバな美味しさらしい。