一陽来福 東京・八王子





今回八王子系の老舗人気ラーメン店2店へ、訪問する計画を立てて八王子までやって来た。そんな折り一軒目の名店みんみんラーメン周辺の路線バスの停留所を降りると、まず目に飛び込んで来たラーメン店が実はこちらだった。

店頭を見ると「つけめん支那そば」と冠があるこちらだった。何とも言えないオーラを感じて気になりだして、その一店目でラーメンを待っている間に某ケータイラーメンサイトでこちらを調べれば、多くの入店された方の書き込みを読んで更に大変気になる処となった。

しかしこの後もう一店予定しているだけに、大いに悩みに悩んだ。しかしふとこちらの裏手の方に回り込むと、風光明媚な景色が広がっており、思わず背伸びをしてしばらくその風景を眺めていた。そんな事があったからか、先日の八王子系二店で余裕があった事も手伝って入店を決断した私だった。

店頭には岩本のらーめんと刻まれた、岩本製麺の麺箱が積まれていた。中へ入って行くと、直ぐ左手に券売機を見つけてその前に立った。

ラーメンは、やはりこちらも八王子系らしかったが、書き込みの殆どはつけめんを絶賛する声で、見るとそのつけめんに小盛りのボタンを見つけてもう選択肢はそれしかなかった。

午後一時近かったが、それでも半分近い席が埋まっていて、その人気度の高さが伺えたこちらだった。厨房には40代位の店主夫婦と、女性従業員が二人おられた。

チケットを手渡すと女将さんらしきお姉さんに並盛りでなくていいか確認があったが、みんみんの方角を指さして今あちらで食べたばかりと告げると、なるほどと言う顔をしてオーダーを通してくれた。

後で調べるとそちらとこちらで連食する方が多いらしく、そんなラーメンのハシゴの有名人気スポットとなっているらしい。道理で私もそんなジレンマ(?)を感じたわけだった。

9年前に市内の中野山王で「麺福」なる店名だったが、こちらに来て店名改称して新たに「一陽来福」として始めたお店らしい。

さてあらためて周囲の先客が口にしているメニューを見れば、これが何と皆さんがオーダーしていたのはつけめんばかりであった。

細麺も選べるらしく常連さんの何人かはその細麺で口にしていた。通常は太麺だそうでその光景に思わず確認をしてしまった。程なく到着。

それは何とも優美に映るつけ汁と太い麺がやって来た。具沢山のつけ汁で、綺麗な風合いが良かった。麺は実にふっくら感のある太い麺。

国産小麦にこだわって三種の内麦をブレンドしているらしい。おそらく岩本製麺さんに特注しているのだろう。太麺だけで口にすれば瑞々しい表面に、小麦粉の実に優しい味わいが伴うものでなかなか。

それではと麺を汁に浸して行かせて貰えば、何処とも違うスタイルの味わいが実に新鮮で、とは言え抑えた魚介に奥行きのあるコクが甘みの在る酸味に寄り添って来て、それはまるで忘れていた感情が久々に沸き起こって来るようにその感動を感じるものだった。

少ない量ながらその満足度は、かなり高いもので、気がつけば麺が消えてしまった。スープ割りの味わいも、また良かった。

あまりの良さに先程は後精算だっただけに、うっかりついもう一度払おうとしてしまった。(おいおい)

いや、老舗有名店のそばに、人気こだわりつけめん店ありと言えた。かなり美味しつけめんだった。
なお店名は「一陽来復」を意味する事だろう。そんなわけで、次のラーメン店へ。

(左フォト) つけめん小(汁・麺)/店頭外観 (2010.10.15)


 つけめん支那そば 一陽来福 (いちようらいふく)

 住所:東京都八王子市楢原町472-1 TEL042-624-8686

 定休日:水曜日  営業時間:11:00〜20:00

 アクセス:JR中央線八王子駅北口下車。地下通路へ降りて7番バス乗り場から発車するバスに
       乗車して一本松停留所で降車する。バス通りを100m程直進した右側にあり。



喜劇らーめん食べ歩きTOP