北海道 恵比寿 東京・立川



先日までの厚い雨雲も消えて青い青空が彼方まで続いて、亜熱帯のような厳しい夏が輝きを増していた7月初日の金曜日。

そんな今日も仕事が終わって外に出れば、予定通りの残業を済ませて地元の路線バスに乗れば料金が倍になる深夜バス必至のいつもより遅い時間だった。

そんな事もあって今夜は麺休日とも考えていたが、ふとラーメンスクエアに入るかとなって、たまたまこちらの券売機のボタンを何気なしに覗いて驚いた。

以前オープンまもない頃に訪れて焦がし味噌なるメニューを堪能したが、その時はボタン押せないものの焦がし醤油もあったりして焦がし系ラーメンを前面に押し出しつつ、昔ながらの醤油と言うノスタルジックなメニューもあったものだった。

ところが今回来て見れば焦がし味噌も焦がし醤油も券売機のボタンから姿を消しており、その変わりに北海道味噌と北海道ノスタルジック醤油のラーメンに豚骨魚介味噌つけ麺も表記されていた。

焦がし系で始めた時点で、そうした定着しないメニュー展開を予測するべきだったか。提供メニューを全てを変えるとはとにかくおそるべしだった。

ともあれつけ麺気分だったのでその豚骨魚介味噌つけ麺のボタンを選んで、大盛無料対応の文字を券売機に見つけて店内に入ってその旨をお願いしてチケットを手渡した。なかなか盛況な店内で、流行っていたこちらだった。程なく到着。チケットには並盛りと明記されていたので、ある程度は既に覚悟はしていたがやはり並盛りでやって来た。大盛分は後から持って来てくれるそう。

それではと行かせて貰えば、どことも符合しない路線がある意味個性を打ち消したものとなって何だったが、甘味などに工夫はされていていい感じの味わい路線の豚骨魚介味噌つけ麺だった。

細ちぢれになっている分あっさり風味の汁で、そんなカネジンさんらしき麺はプリプリしている風情がなかなかと言えた。気がつけば完食。いや、良かった。


(左フォト) 豚骨魚介味噌つけ麺大盛(汁・麺) (2011.07.01)


 北海道 恵比寿    ※ラーメンスクエア公式サイトはこちら

 住所:東京都立川市柴崎町3-6-29アレアレア2ラーメンスクエア内

 TEL042-528-0820  定休日:年中無休  営業時間:11:00〜24:00(LO23:30)

 アクセス:JR立川駅南口下車。南口空中階段正面アレアレアの左奥にあるアレアレア2の三階
       「ラーメンスクエア」内にあり。



また朝からラーメンで始まった1日で、そんな今日も仕事が終わって外に出れば、春らしい暖かな気温に包まれた午後8時頃だった。朝方のラーメンを思い返していると、ふと未食ながらビジュアルインフォメーションを見ていて、こちらの昔ながらの醤油らーめんが似ている事に気がついた。価格も同じ600円で醤油の深み具合といい、太く縮れている麺といい、やっぱり似ているなあとなった。そんなわけでそのラーメンでの訪問も考えていただけに訪れる事にした今夜だった。

たまたまなのか比較的空いていたラーメンスクエア内で、そんな館内の様子を眺めながらこちらの券売機の前に立った。先日と同じように、焦がし醤油のボタンは押せないようになっていた。一時的な措置なのかと思ったが、そういう意味合いでもなさそうだった。そんな事も確認しながら、予定通りに昔ながらの醤油を味玉入りのボタンで選んだ。あらためてビジュアルインフォメーションを見て、そこは似ていると言う気持ちが揺るぎないものとなった。

店内へ入ると館内入口に見取り図が無く、見渡す視界からやや外れるこちらの場所もあってか空いている店内だった。目の前のカウンター席に腰を降ろしながら、冷水を持って来られたお店の方に、チケットを見える位置にさりげなく置いた。程なく到着。やはり似ていて、喜多方ラーメンをイメージしたものなのだろう。

それではと行かせて貰えば、これまたじんわりと来る風情がたまらないもの。目をつぶれば、不思議と喜多方の街並みさえ見えて来そうだった。ニンニクが軽く感じられて味わいにも親近感がある所為か、蔵の町喜多方の静かな風景が息づいているようだった。そんな町並みの向こうには遥かな山々が臨めて、今ならちょうど桜が満開を迎えている頃だろう。気がつけば完食。いや、なかなか素晴らしかった。

(2011.05.01)


  2011.05.01 味玉昔ながらの醤油   2011.05.01 味玉昔ながらの醤油・拡大画像





二十四節気の穀雨が過ぎて、まさしくな春雨滴り落ちる4月下旬週末の土曜日。そんな今日も仕事が終わって外に出れば、時々やんでは降り続く春らしい雨が闇夜から注いでいた今夜だった。

ラーメンスクエアのもう一つの新店がこちらで、昨年行われた第6回ラーメントライアウトの優勝者である加藤渉氏のお店だそう。ラーメンスクエアのパンフには「日本人の心の琴線に触れる味」と在った。しかもその方は、札幌のラーメンコンプレックスである札幌ら〜めん共和国の歴代卒業店舗にも名を連ねる、旭川の人気ラーメン店「蔦亭」店主の息子さんらしい。

そんなわけでこちらもまた大変気になる処となって、立川駅の改札を入る前にまたラーメンスクエアへやって来た。桂花さんがあった場所に、もう一店と同時に今月5日から営業を開始したこちら。券売機の前に立つと焦がし醤油とあるボタンは押せないようになっていて、そのボタン部分にある張り紙にはトライアウトで優勝した作品である焦がし味噌を是非味わって欲しいので、焦がし醤油をしばらくお休みする旨が明記されていた。

そんな事もあって昔ながらの醤油が若干気になりながらも、そんなに悩むと言う程でもなくその焦がし味噌を選んで、北海道のおいしいごはんとあるライスのボタンも連打した私だった。店内へ入ると雨そぼ降る天候もあってか数人程度の先客しかいない静かなフロアで、特に席を促されなかったので目の前のカウンター席へ腰を降ろしながらチケットをお店の方へ手渡した。

店主のお名前が加藤で旭川に縁があるだけに製麺所は加藤ラーメン?と、ふとした思いが膨らんでさりげなく製麺所を確認させて貰った。すると静かな店内もあって、それを確認し合うお店の方同志の会話が、そのフロア内に響き渡ってお聞きした私はちょっと恥ずかしくなる始末だった。製麺所はカネジンさんだと教えて頂いた。なお旭川のアイヌ記念館となりにある蔦亭は、後で調べて見るとそちらは加藤ラーメンのようだった。

店内にはビートルズのナンバーがBGMで流れているらしい。ちなみに恵比寿店主の蔦亭を営むお父さんは元々名古屋ご出身の方らしく、そんな関係から名古屋市名東区にも支店があるようで、こちらの店主もそこで修業していた時期もあったよう。ただ某製麺所営業氏のブログによれば、夢はサッカーの選手だったのかブラジルに渡るほどだったようで、Jリーグ某メジャーチームの通訳に就いた時期もあった店主らしい。程なく到着。

焦がし系と言うと何年も前から都内では聞き及ぶ所だが、そうした手法のラーメンのビジュアルとはまた違った雰囲気を感じるもの。最近では五行が濃いインパクトで主張させたラーメンを提供しているが、それともやはり違うもの。札幌味噌の製法を応用したものらしい。それではと行かせて貰えば、インパクト重視でない分濃度の低い味噌スープに好感が持てるもの。また紅ショウガを刻んだものや、箸休めみたいなナルトの渦がある独特な練り物が入っていたりして趣向が凝っていた。

カネジンのやや縮れさせた中太麺は、なかなかの風合いを持たせつつも、相性を重視させた所があって実に良かった。四角に刻んだキャベツが見た目もよくさせていて、それゆえに食欲を湧かせた面にも店主の感性の良さを感じた。チャーシューも良く出来ていた。麺が無くなってからごはんのほうに味噌スープを掛けてオジヤのようにして愉しんだ。気がつけば完食。いや、なかなかこれは美味し焦がし味噌だった。

(左フォト) 焦がし味噌/券売機/店頭外観 (2011.04.23)


喜劇らーめん食べ歩きTOP