俺の一杯 麺や光 東京・国分寺





昨日はついに新幹線が青森から鹿児島まで繋がった記念すべき日だったが、国内観測史上最大の大地震が起きて相次ぐ事故連鎖の続報に戦々恐々の3月半ば週明けの日曜日。

そんな今日も仕事が終わって外に出れば、春近しの夜風がやや気温を上げていた天気だけは穏やかな午後8時過ぎだった。

各方面で大震災の義援金を募る活動が始まっているが、ラーメン店でも千葉拉麺通信山路氏などの有志の方々がそうした行動などを開始しているそう。

さて今夜は立川にもお店がある、こちらへ訪れてみる事にした。平成18年9月にまず立川店がオープンしたこちらで、平成21年4月に国分寺店がその2号店として営業を開始したらしい。

そんなわけで少し前から気になっていた事もあって、また国分寺で途中下車して今夜は南口側に降り立った。日曜日は駅から遠出できない曜日だけに、こちらへの訪問を思い立った事もあった。

駅南口から少し歩けばこちらで、夜の店頭は入り口の扉よりも清涼飲料水の自販機の方が遥かに目立っていた店先だった。

中へ入ると右手に券売機があった。そこで味噌がウリのようだったのでそれの味玉トッピングにして、やたら廉価な肉めしのボタンに思わずそれを連打した。

チケットをお店の方に手渡すと麺が平打ちと縮れ麺が選べるそうで、太い方と告げると平打ちの方になるそうでそれでお願いした。

そして奥へ進んでカウンター席を陣取ってから、ハーフコートを脱いで壁のハンガーに掛けた。やたらハンガーが用意されていたこちらであった。

カウンター席に腰掛けてからあらためて周囲を眺めれば、先客3名の静かな店内。

丁度目の前には麺箱が置かれていて、何気なく体を反らして製麺所を確認すれば三河屋製麺の文字。程なく到着。

三河屋製麺さんと判った時点で、店舗の雰囲気も相俟って現代的なトレンドを意識したラーメンだろうと理解出来たが、まさしくそんなビジュアル性の良い味噌がやって来た。

それではと行かせて貰えば、なるほど穂先メンマにモヤシ等を炒めて乗せた具材がまたいい風情を造作していた。チャーシューも味玉も比較的いい感じだった。

肉めしは挽き肉を甘辛のたれで煮詰めたものを、暖かいご飯の上に乗せたものでこれが結構美味しいものであった。

味噌らーめんはスープを飲んで行くと、何やらドンブリの底に文字が書いてあるのが見え、その文字の全容見たさにスープを完飲。

するとスープを完飲して励みになるような文字に、思わず完飲した事をお店の方に告げると、笑顔でお礼の言葉が帰って来た店内だった。

立川店のお店は一味源の立川店が以前あった所だったようで、多少なりとも関係している感じだろうか。気がつけば完食。いや、良かった。


(左フォト) 味玉光味噌/肉めし/店頭外観 (2011.03.13)




 俺の一杯 麺や光 国分寺店

 住所:東京都国分寺市南町3-18-2 TEL042-323-8961

 定休日: 無休  営業時間:11:00〜翌1:00※金曜のみ〜翌2:00

 アクセス:JR中央線国分寺駅南口下車。右斜めに延伸する通りを少し歩いた右側にあり。



喜劇らーめん食べ歩きTOP