味噌麺処 花道 東京・野方

なでしこジャパンがFIFA女子ワールドカップで決勝進出を果たし、今日も都内は熱中症が懸念される程に陽射しが強く、見上げた夏の青空がまぶしかった7月中旬の休日木曜日。

しばらく前に池袋の花田を訪れてこちらが修業先として気になっていたが、それより以前から既に訪問したい一店となっていた。それだけにこの後に訪問するお店へ行こうとした際直ぐにこちらが浮かんだ。




本来ならそちらへ行った後に訪問しようと思うものだが、こちらの営業開始時間が午前10時30分に対して向こうは正午開店だけに先行訪問となった。

それにしても午前10時30分営業開始は早い。そんなわけで既に数度下車した事がある野方へまたやって来た。以前に一度店頭を見た事があるだけに迷う事なく到着した。

激辛で名を馳せる中本と立川にも支店がある井の庄でも修業がある店主のお店らしい。店内へ入ると正午までまだ時間があるものの、既に先客が三人おられ如何にこちらが流行っているか判った。

奥へ進もうとすると券売機に促されてその存在を知らされ振り向くと、小型の券売機が左手に設けられていたこちらであった。

あらかじめミニラーメンの存在に気が付いていて、女性や小食の方向けに用意されているそうで、連食派にはうってつけであり、最近では周辺に話題の人気店があるだけにその連食需要もありそう。

そのボタンを選んで出て来たチケットを待ち構えていたお店の方に手渡すと、味噌味と辛味噌味が選べるそうで野菜増しとニンニクの確認もあった。味噌味でニンニクもお願いしたが、ミニラーメンだけに野菜増しは考えていなかったものの、そこは出来るのであれば野菜増しも続けてお願いした。

まず野菜を北京ナベで炒めているところなど、花田@池袋とそう違いは無かった。到着間際になってから、花田で食べて良かったのでこちらに来た事を告げると歓迎してくれた。程なく到着。

ニンニクもついて来るがニラ等も見られて、ラーメン二郎の野菜増しとはまた違った趣きとなっていたビジュアルのラーメンであった。それではと行かせて貰えば、意外と花田とは違った趣向を感じるものであり、どちらかと言えばその味噌スープは立川で何度か訪問しているだけに、瀞みに至るまで井の庄に近い風情を感じさせた。

花田さんと違うとは言え、そこは井の庄テイストが豊かな情緒を広げており、実にとんでもなく美味しいものと言えた。現代的な風合いを強めている感じの為なのか、味噌が弱めなイメージのこちらだったが、しゃきしゃきしたモヤシ共々そこはなかなか良かった。

花田の時にも触れたが味噌と言えば札幌味噌だが、やはり今までのそんな味噌ラーメンとは違う味わいがあるものだった。ミニラーメンとは言え充分な量ながら、連食には支障の無い範囲で、ともあれ気がつけば完食だった。いや、なるほどかなり美味しい味噌ラーメンであった。

(左フォト) ミニラーメン(味噌)/メニュー/店頭外観 (2011.07.14)


 味噌麺処 花道 (はなみち)           ※公式サイトはこちら

 住所:東京都中野区野方6-23-12  TEL03-6902-2619  定休日:無休

 営業時間:10:30~15:30/18:00~23:00 ※土日祝日中休みなし ※スープがなくなり次第終了

 アクセス:西武新宿線野方駅北口下車。階段を降りた前方にある北原通りを300m程進んで行った
       左側にあり。



喜劇らーめん食べ歩きTOP