麺処 花田 東京・上野

※東京都台東区上野6-8-8時代。







-------------------------------------------------------------




やや霞んだ青空から爽やかなそよ風がなびいて、その割りには強い陽射しが肌を突き刺していた夏薫る八月葉月半ばの木曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、おぼろげな月夜に生暖かい夜風が街を駆け抜けていたそんな午後七時過ぎだった。

地元路線バス会社は休日ダイヤ、JR東日本は平日ダイヤ、国際興業バスは土曜ダイヤとなって、もう何がなんだか考える気もしなくなるそんな旧盆通勤事情の今日この頃。

ともあれそんな今夜もラーメンと言うことで、上野界隈でさっくり食して帰るかと、既訪店の中からこちらを選んで訪れることにした。

そんなわけでまた不忍口から外へ出て、上野マルイ脇上野御徒町中央通りとあるアーチを潜り、久しぶりその店頭へやって来た。

と言ってもまだ一年半ぶり程度のこちらだ。池袋の店で少しだがハマって、それだけに一昨年の九月にオープンしていた上野にもやや出遅れたが訪れたもの。

前回来た時に神田店がオープンするとお聞きしていて、なるほど営業しているようだがその後は立ち消えしたのか様子を見てからだろうか。ふと見ると道路側に向けて、看板が据え付けられていた。

さっそく中へ入ると盛況な店内が待っていた。先客数人が、券売機の前でチケットを購入していた。それをやり過ごしてからその前に立つ。

つけめんにするか?とも考えたが、結局味噌らーめんの方を選んで、何かトッピングを足すかとチャーシュー1枚100円のボタンを連打した。

右寄りのカウンター席の方へ進んでチケットをお店の方に手渡すと、例によって野菜大盛りとにんにく増しの確認があり、今回は野菜大盛りの方だけをお願いした。

後続客が続いて、いつの間にか満員御礼のフロアとなっていた。そこにカップル客がさらに入店して来て、店内に待ち列ができるほどとなった。

ちょうど座った場所は麺を茹で上げるズンドウの前で、立ちのぼる湯気の先に何段かに重ねられた三河屋製麺の麺箱が見えた。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、相変わらずの風情豊かな面持ちが実に素敵な花田の味噌らーめん。

いつもより大きく感じられたチャーシューが、もう一枚追加しているだけに、もうまるでチャーシュー麺かと思うほど。

白髪ネギが適度に炒められた野菜の上に添えられ、そのそそるビジュアルにこのトロンと来る味噌スープで、そこにやや太めの中太麺がまたたまらないもの。

後半になってから目の前にあった、一味唐辛子とハンドルですり潰して入れる粒胡椒をそれぞれ入れてその違いを楽しませて頂いた。

気がつけば完食。いや、もうやっぱり実に、素晴らしくとても良かった。

(左フォト) 味噌+チャーシュー1枚/外観遠景/案内と麺箱 (2013.08.15)


 麺処 花田 (はなだ) 上野店   ※公式サイトはこちら

 麺量:ラーメン並盛り160g・大盛り240g/つけ麺並盛り250g・大盛り375g

 住所:東京都台東区上野6-8-6 上野メガネセンタービル1階  TEL03-3836-0440  定休日:無休

 営業時間:平日・土曜11:00〜23:00 ※日曜〜22:00

 アクセス:JR山手線御徒町駅北口下車。上野方面右手ガード下駅前通りを歩き、三つ目の右路地
       を曲がりまもない十字路を左折してしばらく歩いた右側にあり。またはJR山手線上野駅
       不忍口で下車して上野マルイ右脇の上野御徒町中央通りを200mほど歩いた左側にあり。
       秋葉原周辺拉麺MAPはこちら


やや白みながらも青い空は何処までも青く広がり、街に春間近の陽射しを注がせていた3月も半ばとなって来た月曜日。今日も仕事が終わって外に出れば、若干だけ冷え込んでいた午後8時過ぎだった。

実は少し前から昼食を少なめに摂るようにしていて、その所為だからなのか味噌ラーメンが最近マイブームになってしまった。

そう言えば一時期味噌らーめんが美味しかった池袋の花田さんへ数度訪れたものだが、昨年の9月からその上野店がオープンしていて実はずっと気になっていた。

そんなわけで今日こそと、会社帰りに訪れることにした。御徒町駅上野寄り側の改札を出て、線路沿い右手下の道の一つ右寄りの道路をしばらく進んで行くとこちらが右手にあった。

白亜の壁がまぶしいビル1階の左寄りのスペースの店舗で、その店頭に木製の白い立て看板が置いてありそれにも何処か味があった。独特な色合いの黄色い暖簾が池袋店と同じだった。

さっそく入店するとかなり流行っており、盛況なフロアーのこちらだった。3人のグループ客をやり過ごしてから券売機の前に立ち、味噌ラーメンに味卵のボタンを連打。

振り返るとお店の方に左寄りの空いていたカウンター席へ促されて、壁のハンガーにハーフコートを掛けてから腰を下ろした。チケットを手渡すと、池袋店と同じように野菜増しニンニク増し無料の案内があって、もちろんその無料増しでお願いした。

野菜大盛り無料、にんにく増し無料、平日ランチタイムごはん無料。池袋では立札に記載されていたインフォだが、こちらではスチールの箸立てにさりげなく表示されていた。

なお営業時間が以前より延長されたらしく、その案内が成されていた。そこに定休日がなかったので無休になったのかお聞きしてみた。

すると無休になった旨を教えてくれたが、4月下旬に神田店、5月下旬に目白店のオープンが控えているこちらだそうで、それにより人が減った場合は無休は微妙となる状況らしい。

昨年の夏には花田店主が修業された味噌麺処花道にも訪れたが、その店主は現在池袋店にはおられず東日本大震災の関係で気仙沼方面におられるらしくきっと大変なのだろう。

辛あつもりと言う新メニューが、ポスターを使ってビジュアル付きで案内されていた。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、池袋とほぼ同じ素敵な味わい。今までありそうでなかったベジポタ背脂味噌豚骨と言うカテゴリーと言えばよいのか。やはりあとを引くものがあった。

ゲンコツ・鶏ガラ・モミジを合わせて炊いた後に豚足・背脂を入れたスープにして、細かく刻んだ玉ネギ・人参・長ネギ・ジャガイモ・だし昆布を加えたもの。

その野菜を潰しながら6時間以上さらに煮込んで、1日冷まして提供時にこだわりの味噌ダレを加えたものだそう。

気がつけば完食。いや、野菜の風情もよろしく、味卵もいい感じで、なかなかの美味しさだった。

(左フォト) 味噌+味卵/店頭外観 (2012.03.12)